【552】神楽坂ぶらり

神楽坂(かぐらさか)と言えば、昔から有名な東京の花街。夜にぎわうところである。

ところが、最近は、そういうイメージとは別に、ちょっと粋でセンスのよい
町ということになっている。粋というからには、和風の店が多い。
c0128628_9244012.jpg

私が好きなおいしい和菓子屋がたくさんあるのも気に入っている理由のひとつ。
伝統的なものもたくさんあるのだけれども、なかなかコジーなレストランもある。
Cozyというのは、けっして贅沢ではないが、居心地のよいという意味だ。
若者が好きそうな店もあるが、大人が十分楽しめる上質な江戸情緒を感じさせる店もある。
おいしいパン屋もあるし、Caféもある。

週末はメインストリートが歩行者天国になっている。
坂上のほうに東京メトロ、東西線の駅があり、坂下のほうに都営大江戸線、牛込神楽坂駅がある。
坂がある風景は、下から見上げても、上から見下ろしてもおもしろい。
c0128628_9213945.jpg

坂の途中にある瀬戸物屋さん。
c0128628_9214469.jpg

昔風の箸置きを売っている。外国人が興味深げに見ている。
日仏学院があるからか、外人さんがよく歩いている。
c0128628_9222414.jpg

Blogでお伝えできないのは残念だが、辺りには焙じ茶のいい香りが漂っている。
c0128628_9223173.jpg

角に昔風の茶碗屋さんがあって、駄菓子屋も兼業している。
中央に置いてあるブリキ製の人形とピンポンをしている人形は、明らかに古いもので
色が剥げ落ちていて、少し壊れている。
c0128628_9231888.jpg

アンティークというのかヴィンテージというのか、古いものを大事に飾っているところに店主の心意気が感じられる。
c0128628_9235212.jpg

坂を下りて外堀通りを渡ると、すぐ左手がJR飯田橋駅だ。

[PR]
by tamayam2 | 2012-10-31 09:25 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by tabikiti at 2012-10-31 10:16
店先に
いろいろと、並べて頂いていると嬉しくなります。
新しい言葉『Cozy 』 覚えました~^^
Commented by school-t3 at 2012-10-31 13:28
Kが東京から持ち帰った橋置きはここのお店のかもしれない。
あとで聞いてみよう。
神楽坂探訪してみたくなりました。
Commented by nenemu8921 at 2012-10-31 16:43
おお、この頃被写体が広がって、tamayamさま、カメラ道に目覚めましたか?!
拝見するのが楽しみになりました。(^.^)(^.^)
アンティークなブリキの玩具、いいですね。
神楽坂は裏へ入ると意外と出版社が多いところです。
いつも研究会の会誌の校正をこの近くの出版社を借りて行っているので、
時々立ち寄るところですが、いつも時間ぎりぎりで、あれこれ横目で眺めながら走る道でもあります。
今度はゆっくり歩いてみたいと思いました (^_-)-☆
Commented by weloveai at 2012-10-31 17:20
東京だと言われなかったら地方の町かなと思えます。
中心部とは対照的な街並みです。
箸置きが無造作に置かれてますが、
セットもので箱に入ってたら。。結構な高級品です。
Commented by bella8 at 2012-10-31 20:55
tamayamさん、昨日は楽しかったですね。
最後一人ぼっちになって、急に寂しくなりましたよ。

東京駅新駅舎、撮る元気も残っていませんでしたが、
ニューカメラではなく、慣れ親しんだコンデジで気軽にパチリしてきました。
ニューカメラを使いこなせるようになるかしら・・・(×_×;)

神楽坂は独特の魅力がありますね。
どこか粋で洒脱、それでいながら気取ってないのね。
また、行ってみたい街の一つです。

Commented by tamayam2 at 2012-10-31 22:14
♡ tabikitiさん、
東京の中央に近いのに、なんとなく田舎っぽいところもあって
おもしろいです。めったに買わないけど、見て歩くのが好きなん
です・・・
Commented by tamayam2 at 2012-10-31 22:16
♡ school-t3 さん、
お宅にこの箸置きがあるのね。こういう古典的な箸置き・・・いい
ですね。ウチにもひょうたんのものがあり、先代が遺していった
もの。使っていますよ。
Commented by tamayam2 at 2012-10-31 22:20
♡ nenemu8921さん、
お主、鋭い観察ですね。写真道はこのごろあきらめ、街歩き
のほうに関心がでてきました。ですから、コンデジで撮っていますよ。
昨日は、バス旅行でBellaさんとご一緒でしたから、たんとおしゃべり
しました。耳がこそばゆかったでしょう?(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2012-10-31 22:26
♡ bella8 さん、お疲れなのに、東京駅でちゃんと撮影なさって・・・
本当にカメラウーマン根性が板についています。家族にバス旅行
の話をしても、あまり理解してもらえなかったのですが、お宅の
Blogを見せれば一目瞭然です。いろいろありがとうございました!
Commented by tamayam2 at 2012-10-31 22:41
♡ weloveai さん、
ほうじ茶の匂いが漂う通りなんて、本当に一昔前の東京の
姿です。懐かしい町の匂いなのですよ。そうですね。もしかしたら、
セットで売っていたものの半端モノかもしれませんね。私は、
外国人にプレゼントとして差し上げるとき、いつも偶数になるように
しますので、こういう半端モノがありがたいです。紅葉などちょっと
季節感のあるもので、やや大振りのものがいいですね。
Commented by credenza at 2012-11-01 03:12
お久しぶりです!神楽坂に引かれて出てきました(笑)
このあたり、歩いていけるギリギリの範囲のなのでよく出かけました。裏道にはいるとさらに東京の真ん中とは思えない光景ですね。
ちなみにブリキのおもちゃ、非売品なのかここ3年変わっていません(笑)
Commented by tamayam2 at 2012-11-01 09:18
♡ なつかしいcredenza さん、
神楽坂というと何となくcredenza さんのことを思い出しており
ました。私の目に留まったブリキのおもちゃ、ぜんまい巻の自動車・・・
こういう趣味もcredenza さんを思い起させるものでした。ふふふ
あなたはきっと夜の街のほうへお出かけかと思うのですが、私は、
昼の部をご紹介しました。もっと路地裏などを歩いてみたいです。
なんだか人懐かしい雰囲気のこの町・・・思いがけず旧友にばったり
会ったような気がしてうれしかったですよ。
Commented by ikutoissyo at 2012-11-02 23:51
神楽坂は亡き父と繋がります。
彼は若い頃レッドパージに遭い、上京して、この神楽坂で喫茶店を開いていた友人宅に居候をしていたらしいのです。
そこでクラシック音楽と出会い、外国物にかぶれお洒落になって故郷に帰ったようです。
私の神楽坂は、音楽の友社のホールと50番の中華まんと不二家のペコちゃん焼き・・・。
写真を拝見して、もっと深く知りたくなりました。
Commented by tamayam2 at 2012-11-03 09:30
♡ ikutoissyo さん、
そうですか、お父上がこのあたりに住んでおられたことがあるの
ですね。きっとこの坂を上ったり下りたりして青春時代の夢を追い
かけておられたのでしょう。音楽の友社ホールがありますね。
出版社もあります。若い人好みの食べ物屋さんもあるし。。。
理科大が近くにありますから、学生さんの姿も多いです。若者
文化も大人の文化も混在しているので面白いのでしょうか。ふふふ
<< 【553】紅葉には早かったけれども 【551】秋の生け花展で >>