【550】コリウス

秋がだんだん深まってきました。たくさんのBloggerの紅葉の写真を
見てうっとりしているTamayamです。
秋は何かと用があって・・・野山のほうへ行く時間がとれません。

先日来、とても気になっている園芸種の葉っぱがあり、調べてみましたら、
コリウスとのこと。いろいろな種類があって、どの色も例外なく鮮やかです。
コリウス【シソ科 Coleus blumei】アジア・アフリカの熱帯地方の原産。
六本木のMidtown脇の歩道で
c0128628_207019.jpg

c0128628_2072452.jpg

紅葉というのではなく、この植物の本来持つ鮮やかな色合いなのでしょう。
房に咲く紫の花は、やはりシソ科らしい小花です。
c0128628_2075017.jpg

c0128628_2081786.jpg

この夏、家の庭には、たくさんのシソがこぼれ種から生え、冷奴やそばなどの
薬味に大活躍しました。種の穂も漬物にして味わい尽くしましたが、だんだん木性の
性質が露わになって、引っこ抜くのも難儀するようになりました。
茎が材木のように硬くなって来ましたので、処分しました。

我が家のようなほったらかしの庭にシソがよく育つのなら、来年は、コリウス
を植えてみようかしら。秋になって、彩が少なくなった庭が華やぎそうです。
c0128628_209545.jpg
c0128628_2091972.jpg

こちらは、新潟県の園芸店で。
アレンジの仕方がみごとですね。

園芸種は数が多すぎるので、この分野には足を踏み入れないことにしている私も、
コリウスの魅力を再発見です。

by tamayam2 | 2012-10-28 20:10 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by echaloter at 2012-10-28 22:09
tamayamさん、こんにちは。

この植物、コリウスというんですね。よく見かけるけれど、名前を知らずにいました。少し寂しくなった秋の庭にちょうどいいですね。
こちらは、今日から冬時間です。寒さもやってきましたよ。
畑にそのままにしていたシソも、きっとくしゅんとなってることと思います。
あー、べったら漬け!tamayamさんは、私が好きなものまでよくご存知!樽ごと買いたくなっちゃうようないい写真です。^^*
Commented at 2012-10-28 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 寧夢 at 2012-10-29 06:10 x
おはようございます。
紫蘇はやっぱりこぼれ種からだと、変わっていくのですね。
だんだん風味が無くなっていくような感じがしていて。
勝手に毎年生えてくれるので重宝はしているのですが。
それにしても、最近は大葉と呼んでいて、
青紫蘇とは言わなくなってしまいましたね。
Commented by kanmyougam at 2012-10-29 07:57
おはようございます。コリウス賑やかですね。
彩が鮮やかでさらに斑入りも加わってさらにあでやかに・・・。
紫蘇のなかまですね。
紫蘇は数年はこぼれ種ではびこります。
ムラサキ紫蘇・青葉紫蘇(オオバ)も重宝しますね。

ツルの渡りがはじまって干拓地はツル保護の監視員なども
見かけるように成りましたし、感染症を警戒して獣医配置も進むとか。
Commented by nenemu8921 at 2012-10-29 09:30
コリウス、華やかですね。
都会のガーデンに似合いますね。
植物もごく普通にインターナショナルに楽しめる時代になりましたね。

Commented by tamayam2 at 2012-10-29 11:17
♡ echaloter さん、
あなた様のクロスステッチ、編み物の作品集、うっとりと眺めて
おりますよ。若いときおばあさんになったら、安楽椅子にこしかけて
刺繍や編み物をして暮らしたいと夢みておりました。それが、実際
におばさんになってみると、目はしょぼつくは、雑用は際限なく
押し寄せる派は・・・怖ろしい現実が待っておりましたよ。
海外にいたころは、付き合いがシンプルだったのか、ゆっくり
クラフトを作ったり、お菓子を焼いたりする時間がありましのに・・・
ふふふ
Commented by tamayam2 at 2012-10-29 11:24
♡ cimarron さん、
コリウスは、やや日陰で湿った所でも可ということで、それなら、
家の条件に合うと思いました。日がよく当たるところが好きな種類
もあるのですね。あなたは、海外におられてもシソ、梅干しなど・・・
日本食品を上手に生活に取り入れて生活しておられるのね。
その土地にあるものをうまく利用して日本風の味を追求するという
のもひとつの楽しみです。日本にいれば何でも手に入りますが、
日本産かは怪しく、いろいろなところからの輸入品も多いのです。
若者で農業た水産業に従事する人が少なくなって・・・日本の食は
ちょっと心配ですよ。
Commented by tamayam2 at 2012-10-29 11:30
♡ 寧夢さん、
そういえば、この頃は「大葉」と呼んでいますね。ウチでは、
庭のこぼれ種から生えたシソの葉で夏を過ごし、一度も「大葉」を
買わずに済みました。市販のものは柔らかくきれいですが、農薬
をたくさん使っていると聞いて。お近くの生田緑地に行かれたん
ですね。ウチからはちょっと遠いですが、折があれば行ってみたい
です。親子でお弁当を広げて・・・そういう風景は、できるウチに
やっとくもの。時は移りそんな秋の日が懐かしくなる日が来ます(笑)
Commented by tamayam2 at 2012-10-29 11:35
♡ kanmyougam さん、
kanmyougam さんの陶器のモチーフになっている、ムべ、
山フドウなどの季節が到来しました。都会では、見られない秋の
贈り物です。ツルの渡りの風景を一度見てみたいものと思って
いますが、そんなに厳重警戒では、近くには寄れませんね。
病気は国境を越えてやってくる可能性もあり、心配ですね。
鳥は見たし、病気は怖し・・・
Commented by tamayam2 at 2012-10-29 11:43
♡ nenemu8921 さん、
園芸植物は、深入りすると大変そうだから、と敬遠していたの
ですが、けっこうおもしろいです。そういう節操のない点がTamayam
の欠点ですが・・・。nenemu8921 作の野鳥カレンダーをめくる度に
野鳥の世界にもまだまだ未知の分野がいっぱいと思います。いくら
時間があっても足りないわね。(^_-)-☆
Commented at 2012-10-30 01:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2012-10-30 06:49
♡ cimarron さん、
まぁ!echaloterさんの編み物を見てはじめられたとか、いいですね。
作品が一つ一つ仕上がっていく喜びがありますね。あなたは私より
1歳お若いですよ(笑)私も最近膝を痛めて初めて整形外科に通い
ました。世の中にはたくさんの体の不自由な人がいることがわかり、
自重しなければと深く感じたことです。シニアの生活はいろいろです
が、語り合える友達があれば・・・こころ強いですね。
<< 【551】秋の生け花展で 【549】日本橋べったら市 >>