【547】トケイソウによせて

路上Watchingと称して町を歩きながら、よそ様のお宅の垣根の植物を
観察して写真を撮っている私は、不審者と見られては困るので、慎重にしずしずと
歩いている。
c0128628_05448.jpg

先日、豊島区で見た高い塀から逃げ出したトマト・・・そのお宅なのだが、
塀の別の側からは、トケイソウの実が垂れ下がっていた。
過去ログ:【542】九月の末に
高いところに咲き終わった花がいくつか残っているようだが、花殻や実が道ばたに
落ちているものだから、Tamayamは好奇心を抑えきれず、また写真を撮ってしまった。
c0128628_064159.jpg

よく調べてみるとこの種類は、クダモノトケイソウと言って食べられる種類のようだ。
それなら、なおさら、もったいないことと吝嗇なTamayamは思う。

このお宅の主はご老体で、だれかの手助けがないと高いところの植物の世話も
ままならないのかもしれないと考えたりもした。
(なにしろ、蔓草というのは、どんどん上の方へ上っていってしまうからなぁ~)
c0128628_0733100.jpg

この種のトケイソウは、どこかで見たと思ったら、9月に出かけた函館の熱帯植物館だった。
副花冠と呼ばれる部分がちりぢりに縮れていて変わった形をしていた。
もともとは、中央アメリカや南米の暑い地方のもの。この植物園は、湯川温泉の
熱を利用して熱帯植物を育てているのだ。
c0128628_08887.jpg

上から見るとわからないが、横から見ると3本の雌蕊が時計の長針、短針、秒針の
ように見え、そこから時計の文字盤というイメージが生まれた。キリスト教国では
Passiflora、または、passion flowerと呼ばれる。情熱のpassionではなくて、
キリストの受難を表すpassionだ。
南米各地で宣教した宣教師は、中心の子房柱を十字架、
3本の雌蕊をキリストを磔(はりつけ)にした釘と見立てた。
副花冠は、キリストの頭の茨の冠というイメージで、福音を語り継いだらしい。

ふむふむ、それほどまでに、この花は、造形的に立体的で不思議な形をしている。
c0128628_0105742.jpg

閑話休題。
『文藝春秋』十月号の巻頭随筆に、渡辺 和子という方がエッセイを
書いていらっしゃる。この方は、カトリックの修道女なのだが、若いとき
修練院での修行中、百数十のお皿やコップをテーブルに並べる作業をしていたとき、
このような単純労働を機械的に、義務的に片づけていたら、修練長に叱られたという。

「あなたは、何を考えながら仕事をしているのですか?」
さらに、修練長が続けて言う。
「時間の使い方は、そのまま命の使い方なのですよ。同じ仕事をするなら、
やがて夕食の席につく一人ひとりのシスターのために祈りながら(皿を)並べて
いきなさい。」
c0128628_0114578.jpg

シスター渡辺は、当時を振り返ってこう言う。
「その席に座る一人ひとりのシスターに、『お幸せに』と祈ったからといって、その方が
幸せになったかどうかは、わからない。しかし、これは、自分の時間の使い方、私の人生
の問題なのだ。そう思って仕事をしていると、自分の顔から自然に仏頂面が消えていった。」
c0128628_0121484.jpg

私は、この方のことを全然知らなかったのだが、Webで調べると、85歳の
立派な経歴を持つ方で、今年4月に出版された著書『置かれた場所で咲きなさい』
(幻冬舎)は、9月末に21版を重ね、65万冊も売れているという。
それは、本離れの進んでいる現代においては、やはりすごいことなのだ。

本を読んでみると、何かむずかしいことを言っているのではないのだが、人生の深い真理について、
なるほどと考えさせられる。
c0128628_0124931.jpg

この方は、インドのマザー・テレサが来日したときに、アテンドや通訳をなさったようだ。
マザー・テレサは、炊き出しの食事を貧しい人に与えるシスターたちに、3つのことを実行するように
諭したという。

1.パンとスープを渡すとき、相手の目をみてほほえむこと。
2.相手の手に触れて、ぬくもりを伝えること。
3.短い言葉でいいから、言葉掛けをすること。


日々の仕事や作業に追われていると、重要なことが 抜けてしまうことがある。
作業の能率や結果ばかりに目をうばわれ・・・それが、何のために、
誰のためにやっているのかわからなくなってしまうのだ。

私も、この本を読んで以来、そうそう! とうなずきながら・・・ちょっとほほえんで
みたり、鏡を見て、自分の人相がすこしは改善されたか確かめたりしています。

この一年間に撮りためたトケイソウを載せてみました。園芸種も含めると500種以上にも上るそうです。
トケイソウ【時計草 トケイソウ科 Passiflora  caerulea】
[PR]
by tamayam2 | 2012-10-14 00:14 | 日々のできごと | Comments(21)
Commented by Keicoco at 2012-10-14 11:23 x
こんにちは。Passonが情熱と受難の両方の意味があるとは知りませんでした。花の形の美しさを写真と一緒にとても素敵に紹介なさっているので脱帽です。
渡辺和子さんは昔、東京女学館の中高の講演会にお出でになりそのお話を娘たちから聞かされて、立派な方という印象をずっと持っています。もうそのようなお年なのですね。
ところで、私も最近自分の顔を以前より意識して鏡で見ます。気持ちの上では抗っていますが、筋肉が地球の引力に負けるということもありそうなので、心を引き立て日々を送っています。
Commented by kanmyougam at 2012-10-14 13:58
トケイソウの仲間いろいろですね。
トケイソウの花の形がキリストの受刑の釘に例えられるあたり初めて知りました。
だいぶ前のことですが、トケイソウ・パッションフルーツを口にしました。
工房のある長島町がぼくの教職の初任地でしたがここは暖かいほうなので年間通じてトケイソウが育ちます。濃厚な味を知りました。
40キロ離れた自宅は山里にありここでトケイソウは冬を越せなかった記憶があります。
Commented by 寧夢 at 2012-10-14 17:48 x
食べ物! には興味はあれど、時計草はやっぱり苦手な花の一つ。
この本は最近家の事情で仕事を辞めなければならない後輩に
プレゼントした、大事な本ですが・・・、
全く内容と正反対の生活をしている自分には、耳が痛いことばかり。
だから血圧は下がらないのかも知れません。
Commented by school-t3 at 2012-10-14 21:14
パッションフルーツのパッションにそういう意味がこめられていたとは
驚きです。

『置かれた場所で咲きなさい』
読まなければいけませんね^^
Commented by nenemu8921 at 2012-10-14 22:33
こんばんわ。
好奇心、バンザイ!!
世界はあなたのためにある♪♪

パッションフルーツのシャーベットを銀座の千疋屋で食べた思い出があります。
いまもあの店はあるのかしら。。。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-10-15 07:21
パッションフルーツとトケイソウがつながりました!!ものすごいこと!
情熱のフルーツだと勝手に解釈しておりました。
専門は日本食文化とはいえ、粗雑なことでした。

トケイソウを初めて見たのが木曽路を歩いているときで
神の作りし造形は素晴らしくも・・・どこかなじめない花でした。
こうして拝読すると奥の深いものがありますね。

撮りためたものをこのような素晴らしくまとめられて・・・尊敬です。
人も花と同じ、与えられた場所で静かにきれいに咲きましょう。・・とどこかで教えていただいたことも思い出しました。
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 09:01
♡ Keicoco さん、
いつも子供たちの絵とともにご活躍の様子、拝見して
おります。次々に新しいアイディアを考えておられるので、老いる
ヒマはないなぁ~と思います。>筋肉が地球の引力に負けるという
こともありそうなので・・・ははは、それは、仕方がないことです。
せめて笑みを絶やさないように、やさしそうに見えるバァさんで
いたいと思って努力しています(*^。^*)
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 09:07
♡ kanmyougam さん、
パッションフルーツの濃厚な酸っぱい味を思い出します。
この植物は、やはり亜熱帯~熱帯のものと思われますので、
函館では栽培が難しいと思われました。果物は、ならないでしょう
が、花は咲いていました。この頃は、温泉の熱を上手に利用して
小規模な植物園ができています。北海道の人にとって、こんな
植物園があると楽しいだろうなぁと思って見ました。
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 09:16
♡ 寧夢さん、
確かに立派なことが書いてあって、耳の痛いことばかりですね。
シスターでもお仕事の重圧に耐えかねてうつ病になられた
とか、この年齢の方で力がある人には、仕事が集中したのでしょう
ね。マザー・テレサのこともよく知らないのですが、こういう無償の
働きが今日もどこかで本当に援助の必要な人に捧げられている
ものと思います。東北の人たちへの義捐金が正しく本当に困窮
している人のところへ届くようにと祈らずにはおれません。ほかの
用途に化けないように・・・
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 09:21
♡ school-t3 さん、
私はカトリックではないのですが、85歳の人生の先輩の一女性
の言葉がとても素直にうなずけました。やはり、私も年をとった
からだと思います。今日もきれいな秋晴れです。園芸日和ですね。
庭の片づけモノをしなくっちゃ!
Commented by namiheiii at 2012-10-15 09:21
良い話をありがとう。私は感謝と祈りを忘れていた!
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 09:26
♡ nenemu8921 さん、
私やあなたに共通の”好奇心”!理解してくれる友がいると
思えばありがたいことです。ほう、千疋屋のフルーツパーラー
で、そう、そう、そういう高級店のデザートの皿なんかにちょこっと
添えられているんですよね。酸っぱいのですが、爽やかな味です。
New Zealandでは気候が合うのかよく庭に植えてありました。
沢山実がなれば、ジュースなどもにしていたと思います。とても
酸っぱいのですが、栄養価がありそうでした。
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 09:33
♡ kimiko_shibata1 さん、
ほんとに造形的に、びっくりするような花ですが、どこか日本の
花になじまないような気取ったところがありますね。鳥とか昆虫
みたいに感じることもあります。植物は、一旦そこに生えてしまう
と場所を変えられませんね。種が落ちたところに咲くしかないわけ
です(笑)日本に来られたマザー・テレサに何人かの人がインドの
カルカッタに行って援助したいと申し出られたそうです。すると、
マザー・テレサが、「有難いお話ですが、どうかあなたの周りの
”カルカッタ”に同じ援助をしてください」と言われたとか。なるほどね。
自分の足元の”カルカッタ”ね、とうなずいたことです。
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 10:04
♡ namiheiii先生、
わたしも『文藝春秋』のエッセイを読んではっとし、同じことを
感じました。
Commented by weloveai at 2012-10-15 11:03
トケイソウをこのように観察したことありませんでしたが
説明くださってることが写真から形が読み取れました。
悟られた方の言葉は納得できます。
マザーテレサの3つの言葉は、介護する心がけとしてしっかり刻みます。

掲載に文字について教えていただけますか?
はっきりとした文字で読みやすいのですがどうしたらできるのでしょうか?
エキサイトの不具合で私からイイネボタンが押せないでおります。
素敵な掲載だと思って読んでおります。
Commented by tamayam2 at 2012-10-15 12:51
♡ weloveai さん、
①イイネボタン は、まずエキサイトプロフィールというものに
登録する必要があります。私のこの頁ですと、ファンになる の下
のエキサイトプロフィールがありますね。ご自分の頁の同じところを
開けて、登録してください。私の場合、IDもパスワードもエキサイト
ブロッグと同じだと記憶しています。手始めに自分の記事に(手前
味噌で恥ずかしいですが)イイネ!ボタンを押してみてください。
エキサイトBlogとprofileは別々の窓口になっているようです。
②私は、年とともに視力が落ちてきましたので、できるだけ濃い
文字がいいのです。記事を投稿画面に書いたら、全文を選んで
(すべてを選択して)投稿画面の上部の文字、左端のBを選びます。
すると、全文が太文字になります。文章中で、太文字にしたくても
もう、できませんから強調したいときには、右端の色を使っています。
全文を強調文字Bにすると、文頭に<B>が付き文尾に</B>が付く
ばずです。試してみてください。
Commented by ikutoissyo at 2012-10-16 20:28
数年前、近くの道路際の柵に蔓がぐるぐると絡まってトケイソウが鈴なり(?)に咲いていたことがあります。
不思議な造形に驚いて、通るたびに立ち止まって眺めたものです。
異様な形はどこかおどろおどろしくて、好きにはなれません。

渡辺和子さんのことは、最近TVで知りました。
温和なお顔に惹かれました。
仏頂面にならないように、笑顔を大切にしたいです。
Commented by tamayam2 at 2012-10-17 13:19
♡ ikutoissyo さん、
>異様な形はどこかおどろおどろしくて・・・日本古来からある
植物とはずいぶん違っていますね。秋の七草のさりげなさ、
繊細さ、地味な花々ですが、日本人には、しっくりきますね。
TVで放映されていたのですね。私は、ニュース以外あまり
TVを見ないので、大事な情報から取り残されてしまいます。
Commented at 2012-11-06 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2012-11-06 23:23
♡ cimarron さん、そうそう、大統領選挙ですよね。どんな結果
になるのか、興味深く見ています。こむらがえりは、どうして起きる
のでしょうか。私も時々経験します。トケイソウの何かの成分が効く
のでしょう。養生なさって。こういう自然の療法が時間はかかるけど
結果的には副作用がなくていいのだと思います。ドイツでも漢方
の処方をする医師が多く、抗生物質などめったに出してくれません。
アメリカでは国民皆保険ではないから、大変ですね。そのことも
選挙の争点になっていました。
Commented at 2012-11-08 04:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 【548】小学校で教えること 【546】高ボッチにて >>