【546】高ボッチにて

信州・箕輪町で、赤ソバの畑を見た翌日、塩尻ICから、前から行きたいと
思っていた高ボッチ高原へ足をのばした。高ボッチは、標高1665m、山頂まで
車で登れる。上は、一面のススキの高原で、眼下に諏訪湖が光って見えた。
c0128628_23432418.jpg

遠くに見えるのは、南アルプスの山々。

チョウがいるかと期待していたが、チョウには、ほとんど出会わず、そのかわり
アキアカネがたくさん飛んでいた。しかも、よく見ると2匹が連なって飛んでいるのだ。
飛翔中のトンボの撮影は、とても速すぎでできなかった。止まっているのはこんな感じ。
c0128628_2344295.jpg

冬になる前に子孫を残すという一大事業をすませなければならないのだろう。

もう少し先の鉢伏山(標高1929m)にも車で山頂近くまで行けるということが
わかったが、道が狭くなるので、次回に足を伸ばすことにする。
初夏から夏にかけて高原の花が見られそうだ。田中澄江の『新・花の百名山』
鉢伏山が登場している。
c0128628_2345070.jpg

向こうに見える山が鉢伏山。手前の木は、マユミ。この辺一帯ではマユミが多かった。
マユミ【真弓 ニシキギ科 Euonymus sieboldianus】
シーボルトの命名です。★!
ニシキギ科なので、葉も紅葉するのでしょう。
c0128628_2351575.jpg


c0128628_23461768.jpg

こちらは、ヒョウモンチョウ。右横の植物が初見のナギナタコウジュ
c0128628_23471662.jpg

ナギナタコウジュ【薙刀香薷 シソ科 Elasholtzia ciliata】

花が一方の側にしか付かないので、薙刀の刃に見立てたのでしょう。

[PR]
by tamayam2 | 2012-10-11 23:53 | たび | Comments(10)
Commented by echaloter at 2012-10-12 00:41
tamayamさん、こんにちは♪

日本の旅は、tamayamさんにすっかりお任せしています。^^*
tamayamさんのおかげで行きたい所にふわーっと飛んでいけるし、景色をはじめ、建物、植物、動物の様子もわかるし、赤ソバの味までわかっちゃった!!
赤ソバの畑は見事だったでしょうね。
やっぱり日本の景色、自然は素晴らしいな。
tamayamさんの写真からは、人々が山と自然と一緒に生きてるっていうことが伝わってきます。
一面のススキの高原、いい風が吹いていそう。
私もいつの間にか、植物の学名の中にシーボルトやmakino、japonicaを見つけると嬉しく思うようになりましたよ。^^*
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-10-12 08:27
素晴らしい行動力です。お天気もよくて・・・・
マユミの実がきれいな季節ですね。ちょうど私も掲載しました。

南ア手前の真ん中の稜線辺りに「守屋山」という諏訪大社の御神体の山が見えます。
14日、日曜に登ってきま~す。山仲間が毎年キノコパーティを開いてくれます。
お天気がよくて、このように展望があるといいのですが・・・・
Commented by tamayam2 at 2012-10-12 10:12
♡ echaloterさん、こんにちは!マレの秋の畑仕事の様子、
ほほえましく拝見しました。そちらは、雨が多いのですね。
一気に寒くなるのかしら。こちらは、まだまだ日差しが強く、
日傘をさしている人もいますよ。私の自然観察日記、楽しんで
いただけてありがとうございます。私もドイツにいたとき、日本の
あちこちの自然の風景をBlog仲間の記事で知って、うれしかった
です。あのころは、一日中室内で勤務をしていたので、外の空気を
感じるだけでほっとしました。週末に植物園や森に行って散歩する
のが習慣になって・・・だんだん植物好きになったんでした。Siebold
やMakino、japonica・・・私の趣味にお付き合いくださり、忝い気持ち
です(笑)Sieboldさんが日本に来て小うるさい長崎商館の仕事を
しながら、日本の植物相の豊かさに圧倒されて(仕事にからめて)
あちこち植物探索に出かけたりしたその熱き心が理解できるのです
よ。寒冷地のヨーロッパから来ると括目に値する豊かさだったでしょう。
Commented by tamayam2 at 2012-10-12 10:17
♡ kimiko_shibata1 さん、
前におっしゃっていた「守屋山」ですね。キノコPartyいいですね。
どんなキノコが見られるのでしょう。ぜひ、ぜひまたご報告くださいね。
私は、羊歯、鳥、キノコ・・・まだ学習中で、それも覚えがわるくって・・・
少しずつ勉強してまいります。お天気がいいといいですね。
日本には、登ってみたい低山もたくさんあり、老年になっても
(文明の利器を使って)楽しめそうなのでうれしいです。
Commented by nenemu8921 at 2012-10-12 18:45
こんばんわ。青空に赤い実がきれいですね。
陽射しはあたたかく、ひんやりした風が伝わってくるようです。
高ボッチって、上まで車で行けるの?
今頃は草紅葉がきれいかな?
草の実、木の実、毎年撮っても毎年嬉しくなりますね(^_-)-☆
↓アカソバ畑も壮観でしたね。いつか、撮りたい風景です。
Commented by maximiechan at 2012-10-12 19:39
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
蜻蛉はアキアカネで間違いないですね。
高ボッチには今年の夏初めて訪れました。
本命の蝶の撮影に夢中で景色はあまり見ていなかったような気がします。
しかも、だんだんと雲行きが怪しくなり、蝶の撮影を終えると同時に雷雨となったので、逃げるように下山しました。
風景や植物の写真だけでなく、都会のちょっとしたものも見事に写し取られていて感心します。
今後ともよろしくお願いします。リンクさせてもらいました。
Commented by kanmyougam at 2012-10-12 22:39
元気の飛び跳ねて見えます。
ごめんなさいいい言葉が見つかりません、行動力に驚きです。
一枚目の・・・高ボッチ高原からの景色すばらしいです。
雄大です・・・・一度絵にしてみたい。
Commented by tamayam2 at 2012-10-13 14:37
♡ nenemu8921さん、
高ボッチは前から行きたいと思っていた山です。車で山頂まで
行けるというのも魅力的でしょ?10月5日ごろは、草紅葉は見られ
ず、ススキばかりでした。6月~8月なら高原が花畑になるということ
です。塩尻から南下すると奈良井宿など木曽の古い町並みがあり、
ドライブに楽しいところです。
Commented by tamayam2 at 2012-10-13 14:48
♡ maximiechanさん、
植物、昆虫、街歩き・・・いろいろなことに手を出してこういうのを
アブハチとらず、というのでしょうね。お宅のBlogでは、主に
チョウの写真を拝見してう~むと唸っております。高ボッチは
アクセスしやすい山ですね。チョウの方は、チョウばかり目で
追っておられるのでしょう(笑)花の人は花ばかり・・・今後とも
どうぞよろしく!
Commented by tamayam2 at 2012-10-13 14:53
♡ kanmyougam さん、
>一度絵にしてみたい・・・kanmyougam さんらしいお言葉。
namiheiii先生なら、短歌になさる。山頂に登り、眼下にいい景色
を眺めるときは、本当に至福のときです。この一瞬よ、止まれ!
と言いたくなりますね。いい季節になりました。いろいろな雑事に
追われ、でも外にも行きたし・・・心が千々に乱れます。
<< 【547】トケイソウによせて 【545】さびれた温泉地で >>