【544】三連休の前に

最近は、月曜日を祝日にして、土、日、月と三連休にしてしまうことが多い。
十月の第1週に信州に行こうと思っていたが、混雑を避けるため、急に思い立ち
連休前に出かけることにした。
c0128628_1544899.jpg

この赤い原は、何の畑だと思いますか?

Blog仲間のNickさんが、毎年ご紹介くださる長野県箕輪(みのわ)町の、
「赤ソバの里」の風景です。
高嶺ルビーというヒマラヤ原産のソバの種を観光用に植えているそうです。
c0128628_15173482.jpg

ネパールの人もソバを食べているのですね。
西洋でもbuckwheatは、パンやパンケーキの材料として健康志向の方に人気があります。

さて、「赤ソバの里」は、伊北ICを降りてから、案内の道しるべを頼りに農道の中に入って行きます。
しばらく行くと、町のボランティアの方が管理している駐車場に着きます。
そこから少し歩いた谷あいの一角が赤ソバ畑です。
c0128628_1572514.jpg

赤に近い濃いピンクから、比較的薄いピンクまで、ソバの花が一斉に風に揺れて
いる様は壮観です。アカタテハやキチョウも見ることができました。

町の人が経営するにわか造りのソバ屋さんで赤ソバのザルもいただきました。
歯ごたえあり、しっかりしまったソバのお味でした。
c0128628_158818.jpg

駐車場の入り口に小高い丘が築いてあり、ヘヴンリーブルーでしょうか、たくさんの
青いアサガオの花の塔ができていました。駐車料金も、入園料も無料で・・・申し訳け
ないようなサーヴィスを受け、箕輪町の心意気に感動しました。今年は、13日に
閉園するそうです。
c0128628_159113.jpg

新田次郎の小説に、『聖職の碑(いしぶみ)』というのがあり、大正2年(1913年)8月に
起きた山岳遭難事件がテーマになっています。
c0128628_15911.jpg


「中箕輪尋常小学校の修学旅行で赤羽校長に引率された37名の児童が
 伊那駒ヶ岳に登り、急な天候変化のために11名が遭難した事件」と
 本の解説に書いてあります。ちょうど100年前の事件です。

 伊那駒ヶ岳とは一般的には、木曾駒ヶ岳のこと、私がロープウェイで登った「千畳敷
 カール」のさらに上の方らしいです。3000m級の高地に小学生が徒歩で登ったとは、
 信じられないことです。

[PR]
by tamayam2 | 2012-10-06 15:11 | たび | Comments(16)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-10-06 15:24
見事なアカソバ畑ですね。私の見たアカソバより色が濃く見えます。
品種は同じ高嶺ルビー、ソバは西アジアなどでも食されています。
駒ヶ岳遭難事故は気の毒なことでした。
ちょうど100年になったのですか。
Commented by tamayam2 at 2012-10-06 16:19
♬ kimiko_shibata1 さん、
年とともにソバ愛好者になります。お宅のほうにも赤ソバ畑が
ありますか。話に聞いていましたが、一度、本物をみたくて・・・
新田次郎は好きな作家です。『八甲田山死の彷徨』映画、小説
で読みそれ以来。大正年(1913年)の事件ですから、100年
ですね。私の友人に赤羽さんという方がいて、伊那の出身です。
遭難事件の校長の名も赤羽先生。この辺には、この姓が多い
ようです。そんなこともあって忘れられない小説です。
Commented by nick-2 at 2012-10-06 21:01
先日の台風で倒れたようでしたが、だいぶ回復してましたか?
今頃が全体を見渡して一番赤く見える時期かもしれません。
アップでみるとすでに実になってるのもありますけど。

まぁ、とにかくいい年に来て良かったと思いますよ。
今年は、去年とは違った種類で、背丈は従来より低く、色はさらに濃い
品種を蒔いたそうなので、色も一段といいんですよ。
Commented by kanmyougam at 2012-10-06 21:12
鹿児島に赤羽王郎さんと言う戦前からの教育家がいらっしゃいました。長野の方ですが健在であられた頃お話しを聞きましたし模範授業をされて見せていただきました。
一緒にお酒をいただいて教育についての話をお聞きしました
白樺派の人でもあった彼は臼井吉見の「安曇野」にも教育者として出てきたように記憶しています。
赤いそばや赤い豆など独特の在の物を大事に育ててきた地方でもありますね。
Commented at 2012-10-06 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2012-10-07 08:06
わー羨ましい ここは私の育った伊那のすぐ傍です 自然も美しい上に地元の取り組みも素晴らしく 年々発展していますね
私も確か6年生で駒ケ岳に権兵峠から登りました ちょうどBCGの陽性の歳だったので 切り立った宝剣には登らせてもらえませんでしたが後に子供たちと登った想い出は貴重なものです ありがとうございました
Commented by namiheiii at 2012-10-07 10:31
数年前ですが木曽御嶽山のケ-ブルを降りたところに大規模の赤ソバの花畑がありました。
Commented by ikutoissyo at 2012-10-07 11:42
日本橋に出かける用事があったので、ついでに行きつけの蕎麦屋(越前蕎麦)に寄る予定でしたが、予定が中止になってPCを開くと・・・
まあ!一面に赤いソバの花が!
朝からお蕎麦モードになっていた体が、このお花をみてますます食べたいと言っています。
遭難のお話、聞いたことがあります。千畳敷カールを歩いたことがありますが、あのもっと上ですか・・・。

お昼は乾麺をゆでて食べるとしましょう。 
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 06:24
♬ nick-2さん、
今回は、うまくタイミングが合ってよかったです。箕輪町の方々の
ホスピタリティに触れ、楽しく散策しました。その後で、かんてんぱぱ
にも行きました。nick-2さんのおかげで信州の隠れたいいところを
知ることができ感謝しています。ちょうど収穫期を迎えた田圃も
きれいでした!
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 06:44
♬ kanmyougamさん、
赤羽という姓をめぐって、さっそく赤羽王郎氏のことをお教えくださり
ありがとうございました。Web上で検索して、氏の業績の一部を
知ることができました。当時大正2年ごろ、いわゆる白樺派の理想主義
教育観が、この教育熱心な地方に影響を与えたようです。武者小路
実篤とかバーバード・リーチとかのお名前が出てきます。遭難事件
の赤羽校長は、実地教育派といいましょうか、白樺派の対極にいた
方だったようです。信州全体に言えることですが、教育の力に信を
おいて情熱を注いだ人々を多く出していますね。信州人の真面目さ
がその清冽な空気とともに素敵だと思います。
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 06:48
♬ cimarron さん、
え?もう、暖房ですか?! しばらくご無沙汰しておりました。
お元気でなによりです。hauk、観ました!すごい迫力ですね。
最近National Geographic magazine日本語版を購読
し始めました。ありがとう!
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 06:54
♬ aamui さん、
aamui さんは伊那の方でしたね!新田次郎の小説をよく読んだら
当時の尋常小学校高等科というのは、今の中2ぐらいらしいです。
教育の一環として地元の高山に登らせるという訓練は、今でも伝統
として続けられているそうです。すごいですね。立派ですね。日頃の
訓練もあるのでしょうが、都会のヤワな子供たちはとてもかないません
ね。信州の清冽な空気が芯の強い人物を育てるのだなぁと感心
しております。
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 07:00
♬ namiheiii先生、
木曽御嶽山の麓にも!赤ソバは、普通のソバに比べて実の収穫率
が悪いらしいのですが、なんだか原種にちかい感じがします。
赤カブとか、紫色のネギ、大根なども。先生のお父上も信州のご出身
でしたかしら。
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 07:06
♬ ikutoissyo さん、
>朝からお蕎麦モードになっていた体が・・・ははは、そういう
ことがあるのですね。私も若いときには、親たちがソバ、ソバと
言っているのを聞いて、なんであんなものに?といぶかしく思って
おりましたが、(ソバだけだと腹の足しにもならないようにも)年と
共にソバの味わいがわかるようになりました。特に蕎麦湯を飲む
という行為は昔は、とても汚らしく思っていたのですが、今は、大好き。
心変わりが激しいです。ははは
Commented by rumikoh at 2012-10-08 08:17 x
北海道のソバは うどんのように白いのです。
ソバの産地である北海道では 白い部分だけを 抽出?して純化?しているから より上等なのだと 札幌の蕎麦屋の主人は自慢していましたが 私ども関東の人間には そばの旨味が感じられませんでした。
蕎麦湯をいただいても おいしいとは思いませんでした。

赤ソバのザルを 機会に恵まれたら 是非賞味してみたいです。
Commented by tamayam2 at 2012-10-08 08:55
♬ rumikoh さん、
北海道では、あいにくソバを食べる機会がありませんでしたが、
白いのですね。色なんて関係がないようですが、やっぱり
二八ソバとか、黒っぽいほうが旨そうに見えますね。
信州で韃靼ソバというのもいただいたことがあります。栄養価
が高いようなことを言っていましたが・・・。ソバなら、なんでも
いいですわ。外国人もソバ好きな人がけっこういて、てんぷら
がついていたら、文句なしに喜ばれますね。健康なイメージ
があるのかしら。
<< 【545】さびれた温泉地で 【543】新装なった東京駅 >>