【541】札幌でマイバウム

9月の第一週に札幌に行ったとき、 “マイバウム” を見た。
c0128628_9133851.jpg

地下鉄東西線 西11丁目駅へ行ったら、そこが大通り公園に面していた。
ありゃら、目の前にドイツ風の塔がそびえ立っているではないか。
マイバウム(Mai  baum)!ドイツ語では、五月の木、英語ではMay pole。
ミュンヘン市から贈られたものだそうだ。高さ23mもある。
サッポロ、ミュンヘン、ミルウォーキー・・・というのは三大ビールの産地でしたよね。
きっと、ミュンヘンと札幌は、友好都市なのでしょう。

南ドイツの町の広場でよく見かけるマイバウム
主に手工業者のギルド(同業者組合)の盾や職人が仕事をしている姿を模した人形
などが飾られる。
ふつうは五月に建てられ、翌年に新しくされるまで、一年間そのままにしておく。
五月一日には、このポールの下で、男女が民族衣装を着て踊ったり、歌ったり・・・。
春が来たことを寿ぎ、樹木の精に祈りを捧げるお祭りかなぁ~。
ドイツ民族は本当に森が好きで、森から生命の恵みを受けているという信仰が
強いようだ。
c0128628_9144814.jpg

札幌で、北大の植物園に行った。明治19年(1886年)の創設。札幌農学校の演習の
ための植物園で、園内に宮部金吾(初代園長)の記念館がある。
ハルニレなどの巨木が茂っており、植物たちはそれぞれの生育環境によって分類
されている。特徴的なのは、ここには、北方民族(主にアイヌ)が利用する植物群
のコーナーがあること。一番目についたのは、猛毒のトリカブト。矢毒として使われたのだろう。
過去ログ:【532】池とうの植物、8月末に、内地のトリカブト
c0128628_9153619.jpg

北海道のものは、エゾトリカブト、奥羽地方(主に青森県)のものは、
オクトリカブトと区別されている。

この植物は、葉と言わず花と言わず猛毒なので、触ることができないが、
ちゃんと花のお顔をこちらに見せてくれたので、奥の蕊まで撮影することができた。
辺りには人影もない。こうしてトリカブトの生い茂る林の一画を歩いていると、
殺人事件の犯人になったようなゾクゾクとした感じがしてくる。

トリカブトは、英語でMonkshoodという。カトリックの司教様などが
かぶっている帽子に似ているのだ。ドイツ語では、Eisenhut 鉄兜という意味。
中世の兵士がかぶっている鉄兜ですね。日本語の発想も同じです。
c0128628_9165881.jpg

c0128628_9171995.jpg

やや開けたとところに茂っていたダンゴギク。これも猛毒ではないが、毒草と
いうことで、動物がときどき被害を受けるそうだ。
c0128628_9174960.jpg

その隣りに咲いていたのが、ハチジョウギク。八丈島とは無関係の無毒のキク。
鋸歯のある立派な葉がめずらしくて撮っていたら、モンキチョウが飛んで
きてくれた。
c0128628_9184324.jpg

家にも、マイバウムの鉛製の置物があります。
横の建物は、テラコッタでできた教会の模型。いずれも
ドイツでは珍しいものではありませんが、なかなか精巧に作られており、
ドイツ人のクラフトマンシップ(職人魂)を感じるので気に入っています。

by tamayam2 | 2012-09-26 09:19 | たび | Comments(12)
Commented by school-t3 at 2012-09-26 11:31
ダンゴギクが毒草? まあ、驚いた。 気をつけます。

マイバウムのことはじめて知りました。
クリスマスオーナメントのなかにこれに似た物がありますね。
あれもドイツ由来なんでしょうか?

ああ、いろいろ勉強になりました。
ありがとうございます。

ところで私の庭でも今年は黄蝶をよく見かけます。
今年の流行りかしらん?
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-09-26 18:05
マイバウム、楽しいものですね。楽器を演奏している所もありますね。
国が違っても同じような名前がつくとは!
人の根底はそう違わないのでしょう。
お隣とも分かり合いたいですね。

日光植物園で「ハンカイシオガマ」を見つけてきました。
近いうちにアップしますね。
「半開」かと思いきや、難しい漢字でした。(笑)
Commented by 寧夢 at 2012-09-27 07:07 x
メイポール、懐かしい。ヨーロッパに行った時、飾りのない棒を見ると、
何故か鯉のぼり用のポールを思い出した記憶が。

出張旅行の記事をぼつぼつアップしています。
植物編はまた後日まとめて。
Commented by tamayam2 at 2012-09-27 09:00
♬ school-t3 さん、
驚かしてごめんなさい。触ると皮膚がかぶれるそうです。
English gardenの縁取りに最適などと、園芸家が勧めていまし
たが、毒性についてはご存じないようね。見た目は華やかですが。
この植物園でもあまりチョウの姿を見かけませんでした。その時は、
北海道らしくなく残暑でしたが。
Commented by tamayam2 at 2012-09-27 09:07
♬ kimiko_shibata1 さん、
>お隣とも分かり合いたいですね・・・なかなか話が通じない相手
のようですね。急に隣家の人がウチの庭に入って来て自分のもの
だと主張するみたいな話です。「ハンカイシオガマ」・・・楽しみに
しております。(*^。^*)
Commented by tamayam2 at 2012-09-27 09:11
♬ 寧夢さん、
出張でパースに行けるなんて素敵ですね。Kings Park植物園
には、行ったことがあります。とても広くて、(その当時は、あまり
植物に関心がなかったので・・・)歩き疲れました。フリーマントル
のほうは面白かったのですが、やはり、日差しが強くて白い砂が
まぶしかったことを思い出しました。写真のUP楽しみにしています。
Commented by rumikoh at 2012-09-27 09:34 x
8月に2週間も札幌に行っていたのに  大通り公園あたりも何回も行ったのに 私は マイ バウム に 出会えず残念でした。

毒草のダンゴギク は 私には キバナコスモスに思えていたかもしれません。

北大植物園で 一番感動したのは 先日 ブログでtamayamさんも書かれていましたが クラーク先生を始めとした雇われ外国人たちが 英語で授業を行い 新渡戸稲造たちが 当然ながら筆記体で 日本人同士英語でやり取りをしていたことでした。
英語の授業と言えば 私たちの時代は ICU とか上智だったか思いますが 北海道の新天地で新たな英語教育の試みがあったのですね。
札幌近郊の開拓村(森林公園)にも 北大に入るための英語の予備校だった建物が 移築されていて ボランティアガイドさんに説明を聞いて
難関校で 全国から 優秀な人材が 集まったのだと 納得した次第でした。
Commented by tamayam2 at 2012-09-27 14:08
♬ rumikoh さん、
北大植物園の中に宮部金吾博物館があり、彼のノートや手紙類が
すべてきれいな英語の筆記体で書いてありました。彼は札幌農学校の
第二期生ですが、新渡戸稲造、内村鑑三等、後のリーダーたちが
農学校で育ったのです。寮の食事もクラーク先生などがおられたから
なのでしょう、洋食で、日本人どおしも英語で話していたようでした。
クラーク先生は学問も教えたのですが、後の国造りのリーダーに
なるべき紳士を育てようとしたのでしょうね。新渡戸や内村は、基督
教の影響も受けていますね。私も当時の教育の方法に目を丸く
した一人です。
Commented by nenemu8921 at 2012-09-28 23:33
tamayamさん。毒草お好きなのね(^_-)-☆
物語性がありますものね。
実用的ではないでしょう。
賢治は岩手山麓の焼き走り溶岩流の光景を地獄にたとえ、
様々な毒草を植栽したらとジョークを飛ばしています。
あらら、いつも賢治のこと思い出してしまうの。ごめんなさいね。
北大、十分に楽しまれてよい旅でしたね(^.^)(^.^)
マイバウムのことは寡聞にして、興味深く、拝読しました。
Commented by tamayam2 at 2012-09-29 08:55
♬ nenemu8921さん、
> tamayamさん。毒草お好きなのね・・・ほほほ、図星です。★
私がベッドサイドで愛読している本がなにしろ「毒草・薬草」!
薬と毒は紙一重・・・人間も少し毒のある人に魅かれたりします。
なぜなのかわかりませんが。賢治さんのことは、nenemuさんから
うかがい、ますます興味が出てきました。当時としては、おそろしく
モダンな人ですね。ちょっと生まれるのが早すぎたという気がします。
Commented by sumiko33m at 2012-09-30 09:08
おはようございます!
札幌大通10丁目の見慣れたモニュメント「マイバウム」というのですか
雪祭りの時はこの辺りは外国の雪像が並びます。
>ミュンヘンと札幌は、友好都市なのでしょう。
ハイ!そうです、毎年クリスマス時期に大通公園にミュンヘン市が
並びます。
エゾトリカブトはおっしゃる通り、根だけでなく葉や花も猛毒だそうです。
Commented by tamayam2 at 2012-09-30 20:09
♬ sumiko33mさん、こんばんは!
大通り公園は、ゆったりと散歩できていいですね。雪まつりの
ときに行ってみたいです。市電に載って藻岩山に行ったのですが、
クマが出たとかで、自然散策ができないので、市電に乗りました。
中央市役所前駅が地下鉄東西線に乗り換えやすいと見て下車
したら、そこが大通り公園でした。札幌の一日Free乗車券を買った
のですが、とても便利で、しっかりモトをとりました(*^。^*)
<< 【542】九月の末に 【540】季節の移ろい >>