【539】九月の銀ブラ、その後

先回【538】で、銀座四丁目の角、サッポロ銀座ビルに掲げられた
「あきたびじょん」の女性について触れた。
c0128628_12285192.jpg

この広告について、どなたからもコメントがなかったが、友人からのメールで
日本を代表する写真家、故木村伊兵衛氏の「秋田おばこ」シリーズの一作品と判明した。
60年前に撮影されたこのモノクロ写真は、今も人を惹きつける魅力がある。
やや遠くを見つめる澄んだ瞳、考え深そうな表情、現代女性のような騒々しさがない。
c0128628_12293738.jpg

朝日新聞6月8日に、「ポスターの君、今いずこ?」という記事が載った。

それによると、モデルの女性は、旧大曲市(現大仙市)角間川出身の柴田洋子さん。
その後結婚して、三上洋子さんになった。この写真は、19歳のときという。
地元の写真家が野良着姿の彼女の写真を撮り、それが入選、木村伊兵衛氏の目に留まった。
それから、木村氏は、1952年~71年にかけて秋田を21回も訪れるほど秋田に入れ込んで、
たくさんの人々の表情を撮影した。「秋田おばこ」シリーズは、木村氏の代表作となった。
おばことは、若い娘さんのこと。

洋子さんは、地元でバレエの教師をしていたが、その後日系アメリカ人と結婚、1967年に渡米した。
結婚後も年に一度は、秋田に帰ってきていたが、2010年にアメリカで亡くなったという。
60年の過ぎ去った日々を思う。

今年、この美しい女性の写真が、秋田の魅力を発信する戦略として採用され、再び人々の
注目を集めている。

私の友人は、木村伊兵衛氏が気の毒、ともらしていたが・・・60年をすぎて著作権
が失われたのだろう、美しい女性は、東北支援という新しい役割を担って生き返ったと
言うべきだろう。

でもね・・・「どこまでもニッポンでいよう!」、「ユタカな国へ」というキャッチフレーズは曖昧で、私には、意味がよく通じない。
もっと、美しく、力強いメッセージは考えられなかったか。
ニッポンとかユタカな とか、外国人の舌足らずのような日本語をなぜ使うの?

オリンピックの応援じゃないのだから、しっかり漢字かな混じり文で、言いたいことを
はっきりとおっしゃいよ。

by tamayam2 | 2012-09-20 12:31 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by school-t3 at 2012-09-20 13:22
あははは^^
最後のひとこと、素敵。
そのキャッチフレーズは、今の日本人の
自信の無さの表れかもしれませぬ。

この女性の写真気になっていました。
実は日本の戦後を写した写真展で
同じ写真を見かけたような気がしていたのです。
やっぱりこの人、
もしくは「秋田おばこ」シリーズからの出展だったのね。


昔の日本、懐かしいけど戻れない・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-09-20 13:55
どこかで見たような写真でしたが、そのままになっていました。
木村氏の秋田おばこでしたか。

「どこまでもニッポンでいよう!」、「ユタカな国へ」・・・こちらも変な日本語で気になっていました。
都会のお洒落な言い方なんだろうな~と思いつつ、母国語を大切に・・と同感です。
そう、自信がない日本、全くおっしゃる通りです。
Commented by tabikiti at 2012-09-20 15:37
先日仕事で
昭和6年生まれのご婦人のお宅に訪問

近くに来たので、伺ってよろしいでしょうか、と5分前に連絡。
伺うとすぐに、急須で入れたお茶が~(少々ぬるくてすみません。)
少し前の当たり前の日常が、今ではなかなか出会えなくなったな~

先人の素晴らしき智慧は私達が、繋げなければ。
何て偉そうに考えました~^^
Commented by windtalker2008 at 2012-09-20 18:45
はじめまして。
銀座の交差点でみあげた美女の、「どこを、何を見つめているのだろう」という瞳と面差しに
交差点を渡りそこねてしまったのですが、木村伊兵衛氏の作品だったのですね。
おかげさまで謎がとけました。また、銀座に用事があったときは、再会がたのしみです。
Commented by weloveai at 2012-09-21 06:27
秋田の方のブログでこの美しい方の事を知りました。
一流と言われる場所に掲げるのに、この方は相応しくても
おしゃってる様に このキャッチコピーはいただけません。
創作性に欠けるから著作物にもなれそうもないコピー
一流と言われる所の企画でしょうが秋田美人さんがかわいそう。
Commented by tamayam2 at 2012-09-21 19:53
♬ school-t3さん、
>今の日本人の自信の無さの表れかもしれませぬ・・・
この広告に秋田県は、1800万円も使ったそうです。きっと
一流の広告代理店が入っていたと思うのですが、軟弱な
日本語ですね。今の人は、傷つくのを恐れて、ぼかした表現
を好むのでしょうが、1800万円も払うのだったら、明確に
言ってもいいですよね。(笑)


Commented by tamayam2 at 2012-09-21 20:02
♬ tabikiti さん、
>当たり前の日常が、今ではなかなか出会えなくなったな~
それは、本当ですね。
すれ違ったときに、目礼するとか・・・ケータイが増えて、なんだか
味気のない世の中になりました。
ウチではお客様が見えると日本茶(緑茶)を出しますが、
このごろの若い方にはあまり喜ばれません。やはり、コーヒー
が一番人気があります。喫茶店(この語も古いかも)でも
緑茶はメニューにありませんね。残念です。
Commented by tamayam2 at 2012-09-21 20:11
♬ windtalker2008 さん、
初めまして!>交差点を渡りそこねてしまった・・・
それは、危ないですね。でもそれだけimpactがあったという
ことですね。この広告は、9月一杯、銀座四丁目の角にあると
いうことです。10月には、見られなくなります。お宅のBlogで、
ドビッシーの夢をYoutubeで聴かせいただきました。安らぎを
覚えました。昔、練習したことがありますので。どうぞよろしく
お願いいたします。
Commented by tamayam2 at 2012-09-21 20:17
♬ weloveai さん、
秋田の方にとってこの広告は大事ですね。女性はもちろん、
見目形の美しさをもって貴しとしますけれども、秋田女性の芯の強さ、
生活力があり、忍耐強いことなどの特性もこの写真は伝えて
いると思いますから。
Commented by tamayam2 at 2012-09-21 21:28
♬ kimiko_shibata1 さん、
写真が好きな人だったら、どこかでこの写真を目に
したことがあるはずですね。私も思い出せませんでした。
土門拳とか、木村伊兵衛とか懐かしいお名前ですね。
Commented by ikutoissyo at 2012-09-22 11:48
この写真のこと、頭のどこかで記憶していましたが・・・。
教えていただいてすっきりしました。
遠くを見据えた目や芯の強そうな口元、美しい人ってこんな人のことを言うのですね。

最近、マスコミの一部で当て字を好んで使う風潮がありますね。
あれも気になっています。

デンマークの家具職人だったと思いますが、一番最初の教則本は、谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」だといって、ぼろぼろになった本を見せていました。
日本人はもっと自信を持ちたいですね。
Commented by tamayam2 at 2012-09-23 08:14
♬ ikutoissyo さん、
まぁ!谷崎の「陰翳礼賛」が読まれているとは!
何もかにもあけっぴろげで、騒々しい現代の日本女性を
見たら、谷崎はびっくりするでしょうねえ。老年になって日本に
帰化されたドナルド・キーンさんのお話をTVで拝見しましたが、
慎ましやかな日本人の生活に生涯憧れをもっておられるよう
です。ホント、>日本人はもっと自信を持ちたいですね・・・
いいものが身近にたくさんあることを再認識したいわね。
<< 【540】季節の移ろい 【538】九月の銀ブラ >>