【537】北海道紀行(最終回)水辺にて

何でも大きいものを見るのは、気持ちがよい。
北海道の自然は、規模が大きく胸がすく思いがする。
なのに、町興しとか、観光客誘致とか、いろいろなイベント、祭りとか・・・
人が企画するものは、なべて志が貧素で、金儲け主義がちらちらほの見える。
c0128628_11225467.jpg

札幌から、函館に南下する途中で、洞爺湖に一泊した。
2008年に洞爺湖サミットがあった場所として有名。福田元首相のときだったか。
会議のロケーションとしては、理想的な場所で、湖水を渡る遊覧船の
上から、城郭のようなホテルを仰ぎ見ることができた。

また、昭和19年に火山の噴火でできた昭和新山、今も時々噴火する有珠山の
姿を見ることもできた。ロープウェイで中腹まで登る計画だったが、天候が
下り坂なのであきらめた。
c0128628_11235134.jpg

遊覧船で、洞爺湖の中ほどの小島へ。そこで飼われていたシカ。シカが樹木の
皮を食べるのか、どの樹の幹にも金網が巻き付けられていた。
c0128628_11244057.jpg

カモメも、船の甲板に来て乗客を物珍しげに見ていた。
観光地なのに人の気配がなく、サミット以来さびれてしまった感が否めない。

函館の郊外、大沼公園の散策で見た植物たち。
島全体に、イワガラミ(ユキノシタ科)というツルアジサイに似た蔓草が
本当に岩といわず、樹木にもからみついていた。

その他に多かったのは、マイズルソウ(ユリ科)が林床を覆っていた。
c0128628_11253316.jpg

c0128628_1125597.jpg

マイズルソウは、初夏に白い細かい花を咲かせるが、それが、今は
赤や渋いウズラ色の実をつけているのだった。
c0128628_11272453.jpg

そのそばで見つけたツルリンドウ(リンドウ科)。
c0128628_11264581.jpg

全島でよく見たのはミヤマホツツジ(ツツジ科)春のツツジより、控えめながら、
長く伸びた雌蕊がかわいらしい。
水辺に多かったのが、ドクゼリハッカの花。
c0128628_11275948.jpg


島めぐりの途中に、 「♪~千の風になって」の碑があった。
作曲家の新井満さんの別荘がこの近くにあり、ここの自然の中で、生まれた曲だ
そうだ。もともとは、英語の歌だったのが、新井さんの手によって、日本語訳ができ、
あの曲に仕上がった。ちょっとさびしい歌だったなぁ~

    新井満さんの「千の風になって」

c0128628_11291656.jpg

私のズボンにへばり着いて東京まで運ばれてきたのは、このヌスビトハギの種

キンミズヒキ、エゾノコンギク・・・そろそろ秋の花々が登場しかけているようだった。

[PR]
by tamayam2 | 2012-09-15 11:29 | たび | Comments(4)
Commented by nenemu8921 at 2012-09-16 10:24
ヌスビトハギの実、秋風情ですね。
ミヤマホツツジ、マイズルソウ、ツルリンドウ…一足早い秋ですね。
涼風と草の実をお土産にご帰還でしたか?
エゾシカもこうしてみれば、かわいいのですけどねえ。
Commented by ikutoissyo at 2012-09-16 17:29
草花の実が色づいて、北海道は秋ですね。
うずら色の実が珍しいです。

新井満さんの歌は心にしみます。
言葉を心で歌っていますもの。

Commented by tamayam2 at 2012-09-16 19:59
♪ nenemu8921さん、
涼しいかと思った北海道はとても暑かった、東京に戻って
着たら、まるで悪女の深情けのような、ぎらぎらの日が続いて
います。nenemu8921さんもヌスビトハギを取り上げておられた
ので、その偶然をうれしく思い・・・現代は、種が人の衣類にくっついて
飛行機で西へ東へと運ばる不思議を感じました。害虫なども
飛行機に乗って運ばれるのかなぁ~
Commented by tamayam2 at 2012-09-16 20:09
♪ ikutoissyo さん、
この歌は、2005,6年ごろ一般に知られるようになったらしいです
が、私は、外国に居たので、帰国するまで知りませんでした。悲しい
歌だと思いましたが、ちょうどそのころ親類に不幸があって、遺族が
この歌に慰められると言っているのを聞いて、見直しました。
曲や言葉は人を楽にさせる力があるんだと、しみじみ思いました。
古い時代の生死観とは別の新しい感じ方だなぁ~と・・・。
ikutoissyo さんのBlogに刺激されて、今日、ちょっと銀座を
覗いてきました。暑さは相変わらずですが、ちょっと秋風を
感じました。麦酒がおいしかった!
<< 【538】九月の銀ブラ 【536】函館にて >>