【530】高円寺阿波踊り

東京を東西に走る中央線、高円寺で、毎年8月に、阿波踊りが行われる。

今年で56回目、45万人の人出があったという。連(れん)と呼ばれる団体ごとに
踊りを披露するのだが、まぁ、その迫力と熱気に圧倒された。
c0128628_1119419.jpg

地元ばかりでなく、震災の被災地、福島県南相馬市や新潟県小千谷市からも。
本場の徳島からも来られているとか。
立錐の余地もない沿道に立って、ちょこっと写して来た・・・

c0128628_11192872.jpg

普段は、窓口業務のお姉さんや、お兄さんが・・・ふとん屋のおじさんが・・・
あんなに目を輝かせて踊りまくっている。
こちらの汗も吹き飛ぶほど!
c0128628_1120262.jpg

c0128628_1120212.jpg


c0128628_11212761.jpg

エネルギーが弾ける夏の宵でした。

c0128628_11214784.jpg

by tamayam2 | 2012-08-27 11:21 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented at 2012-08-27 15:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2012-08-27 15:56
♪ 鍵コメさん、 
  訂正しました・・・あ、ありがとう!(汗)
Commented by kanmyougam at 2012-08-27 20:52
ふるさとをしのんで郷土の出身者が集まりそうですね。
鹿児島のオハラ祭りも賑わうようです。

私のブログ不調でしたこの名称(kanmyougam)に入ってください新しいブログなります。
今後ともごひいきにお願いいたします。
Commented by tamayam2 at 2012-08-27 21:25
♪ kanmyougamさん、
Blogが新しくなったのですね。ことらこそ、よろしく!
白い自生のユリがきれいですね。私の好きな花。
いい香りでしょうね。お元気で!
Commented by ikutoissyo at 2012-08-28 18:00
阿波踊り、踊りも鳴り物もいいですね。
編み笠美人の踊り、粋な男踊り、見ているだけで心が沸き立ちます。
今全国的に流行っている「よさこい」は、派手になる一方で騒がしくてどうも好きになれません。年のせいかも。
Commented by echaloter at 2012-08-29 01:13
ラテン系の人たちは、生まれつき踊りが上手といいますが、いやー、日本人も踊りますよね。それにみんな、とってもかっこいい!
祭りと聞いて、江戸っ子の私は血が騒ぎます~ww
Commented at 2012-08-29 05:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rumikoh at 2012-08-29 07:38 x
小学校から中学校まで、私も、高円寺で、育ちました。
56回目の阿波踊りと言うことは、私が、中学の頃に、始まったということですね。
高円寺の阿波踊りは、まだ、行ったことがないのですが、長い年月をかけで、ここ迄になったのですね。
今住んでいる千駄木の大観音で、最近始まったホオズキ市も、年々賑やかになっているので、もっと盛んになって欲しいなあ。
大観音は、鴎外の小説にも、出てくる古いお寺です。
ところで、昨日札幌近郊の開拓村に行ったら、大ウバユリが、大きな緑の実をつけて、沢山ありました。
Commented by tamayam2 at 2012-08-29 10:45
♪ ikutoissyo さん、
いろいろな町で夏祭りが行われているようです。私も56年も
一度も行ったことがから、遠くのお囃子の音色を聞くばかり
でした。今年は、ちょっと気分がかわって。。。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2012-08-29 10:48
♪ echaloterさん、
echaloterさんは江戸っ子なんですね!?!祭りのときの
表情は、どの人も輝いていていいです。日本は、震災以後、
ちょっと沈みがちですから、こういう景気づけは大事なんでしょう。
韓国、中国からも領土をめぐって難題をつきつけられていますし・・・
どっち向いても明るいニュースがないのでね。
Commented by tamayam2 at 2012-08-29 10:49
♪ 鍵コメさん、
了解です。時がたって興味がおありだったら、おっしゃってください。
Commented by tamayam2 at 2012-08-29 10:55
♪ rumikohさん、
千駄木とか根津とか・・・あのあたりはいろいろなお祭りが
あるのでしょう。漱石や鴎外の小説に出てくるところですね。
明治、大正の文学を読んでいると、山の手線の内側は、みな
徒歩で行き来していたようです。歩こうと思えば歩ける距離です
ね。ひと月に一度ぐらい小石川の植物園に行きますが、
あのあたり古い住宅など残っていて、歴史の片りんがうかがえます。
都心にあるのに交通の便がよくないから、取り残された場所なの
かもしれませんね。
<< 【531】レンゲショウマを初めて見た 【529】日光でガガイモ科植物... >>