【522】日光植物園にて

とうとう、やっぱり、ついに・・・8月になりました。

暦の上では、大暑も過ぎ、そろそろ立秋に入るのでしょうか。

Blog仲間のKanmyougamaさんは、鹿児島にお住まいですが、
陶芸家としてのお仕事も、畑仕事も、お仲間とのゴルフも・・・
どれも頑張っていらっしゃる。その方が村上鬼城のこの句に
共感を覚えると言われます。ああ、ったく、その通り!
私も膝を打ったことです。

・・・・念力のゆるめば死ぬる大暑かな・・・・   
c0128628_6485781.jpg

同じくBlog仲間のKimikoさんが日光植物園のことを書いておられたので、
7月31日、新宿から直通電車で出かけてみました。
c0128628_6491126.jpg

「栃木県は、内陸部だから、暑いよ」という家人の忠告通り、
日光もけっこう暑かったです。でも、広大な園内を歩いていると
木々の間に涼風もが吹き、田母沢御用邸に隣接する川べりの道は、
特に気持ちよかったです。
c0128628_651832.jpg

園内の今の主役は、ダイコン草の黄色い花とハエドク草という
目立たない薄紫の花でしょうか。
c0128628_6514988.jpg

一番見たかったキレンゲショウマは、まだ蕾が多かったですが、
少し開花しているものもありました。
c0128628_6521142.jpg

キレンゲショウマ【黄蓮華升麻 ユキノシタ科 Kirengeshoma palmate Yatabe】
一属一種の珍しい花です。学名のYatabeとは、植物学者、矢田部良吉氏の
こと。この花の命名をめぐっては、牧野富太郎氏と論争があったらしいですが、
花は人間界の論争とは無関係に夏のこの時期にちゃんと花を咲かせてくれます。
その日会ったのは、たくさんのトンボたち。

ヒヨドリバナなど、蝶が好きな花がたくさんありましたが、蝶も
暑い中はどこかに身をひそめているものか、あまり姿を見ませんでした。

私にとって初見の花は、キヌタ草。 その昔、洗濯に使ったという砧。
4枚の輪生した葉が美しい野草ですが、花は米粒より小さく、撮影は
難しかったです。
c0128628_6525131.jpg

キヌタソウ【砧草 アカネ科 Galium kinuta Nakai et Hara】
学名にkinutaがありますから、日本固有種なのでしょう。
Nakaiというのは、中井猛之進、Haraは、原寛という植物学者です。
 


                  
by tamayam2 | 2012-08-03 06:53 | たび | Comments(10)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-08-03 07:49
暑い中、ようこそ、静かな植物園に。
キレンゲ、咲き始めました。
お目にかかりたかったです。
人のごたごたを超越して生物は生きていますね。
Commented by yasano0828 at 2012-08-03 09:14
クモの写真! きれ~~~~! 芸術作品です。
Commented by kanmyougama at 2012-08-03 09:52
tamayam2さんこんにちは。
信州栂池・・・・日光植物園・・・・暑さをものともせずですね。
花に昆虫・・・・・・課題はつきませんね。
木漏れ日の中の歩きは時を忘れ暑さを忘れ・・・没頭できそうですね。

昨日から次の窯のロクロ挽きと窯入れ、
暑さを忘れます・・・・・
Commented by ikutoissyo at 2012-08-03 12:19
皆さんお元気で行動力があって、あ~^羨ましいです。
kimikoさんのブログを拝見していると、いつかはきっと、と。

キレンゲショウマ、可愛いですね。
見てみたいですけど、この暑さじゃ・・・。

見事な蜘蛛の巣城を、見事に写されて、素晴らしい!
Commented by tamayam2 at 2012-08-03 22:54
♪ kimiko_shibata1 さん、
園内はとても静かでした。ゆっくり植物を見たり、
昆虫をさがしたり、子供の心になって楽しむことが
できました。日差しが強かったせいか、露出やWバランスが
よくないものが多く、撮影の勉強のし直しです。よい情報を
いただき、感謝しています。
Commented by tamayam2 at 2012-08-03 22:56
♪ yasano0828さん、
光が当たっているところで蜘蛛の巣が光っておりましたので、
カメラを向けました。偶然です。「にほんご」の表紙はいつも
ながら見事です。彼女は、どんどんセンスを磨いていますね。
暑いときですから、どうかご自愛くださいね。
Commented by tamayam2 at 2012-08-03 22:59
♪ kanmyougama さん、
>昨日から次の窯のロクロ挽きと窯入れ・・・どちらも重労働
ですね。特に窯入れは、熱いのでしょう?
鬼城の句、私はとても気に入りました。このくらい気合いを
入れないと生きてはおれまっしぇん!
Commented by tamayam2 at 2012-08-03 23:03
♪ ikutoissyo さん、
お宅の朝顔、色が違っていておもしろいですね。私は、昔
からあるフツーの朝顔が好きです。ウチのはツルばかり
ぐんぐん伸びて勢力範囲を広げております。蔓性の植物の
たくましさにあきれ、よろこび、元気をもらっています。
あとひと月、ぐぁんばろー
Commented by nenemu8921 at 2012-08-06 19:45
冒頭のクモの網、素敵です。背景のボケがすばらしいです。
キレンゲショウマは宮尾登美子の小説「天崖の花」で、有名になりましたね。
でも、やっぱりレンゲショウマのほうが私は好き(^_-)-☆
↓トウダイクサは私もお気に入りの植物です。
タカトウダイをよく見ますが、先日のつくばの植物園では珍しいものがありました。
紅葉すると又きれいですよね(^.^)(^_-)
Commented by tamayam2 at 2012-08-06 20:19
♪ nenemu8921 さん、
蜘蛛の糸は見ようによっては虹色が見えるという真理をお教え
いただいたのは、nenemuさんでした。その先輩に褒めていた
だけるなんて、穴があったら入りたいです。最近くしゃみがよく
出ると思ったら、やっぱりねぇ。いいご旅行ができてよかった
ですね。それにしても走行距離のすごさ!講演会、山歩き、
夜明けの撮影・・・あなた方のタフネスに脱帽です。わたしゃ、
酷暑の東京で、You might oh more head today's
at fish!(いふまいと思へどけふのあつさかな)と独りごちて
おりまする。
<< 【523】アジサイの仲間たち 【521】トウダイグサ科の植物 >>