【521】トウダイグサ科の植物

前から気になってしかたがない植物は、トウダイグサ科の植物です。
東大ではなくて、燈台です。時代劇などに出てくるロウソクを立てる台に
姿が似ているというのです。漢方では大戟(タイゲキ)と言われるので、
白山タイゲキとか、伊吹タイゲキという亜高山地帯に生える高山植物もあります。

下は私が7月中旬に八方尾根で見たハクサンタイゲキだと思われます。
c0128628_723372.jpg

ハクサンタイゲキタカトウダイの区別がよくわからないので、間違えている
かもわかりません。
c0128628_7232560.jpg

ハクサンタイゲキ【白山大戟 トウダイグサ科 Euphrbia  togakusensis Hayata】
学名に、戸隠という地名が見えます。日本固有の植物だということです。
別名はミヤマノウルシ(深山野漆)。
タカトウダイは、学名がEuphrbia pekinensis (こちらは北京という地名が見えますから、
中国から渡来したものでしょう。)

同じときに、白馬五竜高山植物園というところで、紅葉しているハクサンタイゲキ
みました。白馬五竜高山植物園のHPはここ
c0128628_724986.jpg


紅葉しているものも色合いがとても美しいものでした。
c0128628_7244549.jpg

先日5月に出かけた箱根湿生花園でも、トウダイグサ科のノウルシを見ました。
この種類は、湿地帯に咲くもののようです。
c0128628_7252621.jpg

ノウルシ【野漆 トウダイグサ科 Euphrbia adenochlora 】
c0128628_7255533.jpg

トウダイグサ科の植物は、意外なところで目にしていることが多く、
キャッサバ、パラゴムノキ、トウゴマ、ナンキンハゼ・・・やはり樹液がクセの
強いものがあり、あまり親しくならないほうが無難な植物のようです。

しかし、この均整のとれた造形美と、地味な色合いに以前から興味が魅かれて
おりました。猛暑の七月の末に、調べることができてよかったです。

明日から、八月。しばらくは、Londonオリンピックが楽しめそうですね。
みな様、お元気で。

by tamayam2 | 2012-07-31 07:26 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by kanmyougama at 2012-07-31 11:33
トウダイグサかをテーマに収集されて面白いですね。
一応の下調べをして望まれるのでしょうか。
すばらしい花たちですね。
八方尾根・栂池・・・出かけましたが今思えばもう少し調べてのぞめばよかった・・・
Commented by rumikoh at 2012-08-01 11:50 x
8泊の釧路から戻りました。
釧路湿原には 今まで見たことのない花が一杯でした。
釧路駅周辺の市街地にも 湿原の花が沢山植えられていて珍しい花のオンパレードでしたが 写真は沢山取りましたが
区別が私には難しいでした。
北海道の高山植物という本も一冊買ってきましたが 本を見ても益々混乱するばかりです。
tamayamさんに教えていただいた ハマナスも 住宅街で見事な生垣になっていました。
また 観光バスに乗ったら 葉の部分が一部白いのが マタタビで赤いのが ミヤママタタビと教えてもらいました。
釧路から阿寒湖に行くバスで 野生のエゾシカや キタキツネ や 丹頂鶴も見ました。
釧路から 根室の車窓から 親子のエゾシカなど 5回も野生のエゾシカに出会いました。
手を伸ばせばそこに自然があり 今日は霧が消えて 世界一の夕日が拝めるかしらと 思える釧路は 物価も安く 食べ物もおいしくて 寒いくらい涼しくて 命の洗濯をしてきました。
Commented by tamayam2 at 2012-08-02 07:23
♪ kanmyougama さん、
下調べなんてしませんよ。行き当たりばったりですが、帰って
きてからいろいろ調べます。なかなか名前がわからない花も
しばらく置いておくと偶然わかることもあります。お宅の定点
撮影の景色、早朝、昼、夕暮れ・・・どれもその季節季節で
表情が異なりとても楽しみです。自然はいいですねえ。
Commented by tamayam2 at 2012-08-02 07:30
♪ rumikohさん、
お帰りなさい。北海道では野生動物が見られよかったですね。
丹頂鶴なんて絵でしか見たことがありませんから、実際に見たら
興奮するでしょうね。エゾシカは最近増えていると聞きました。
私も知床の森で出会ったことがあります。植物の名でも鳥の名
でも覚えていくと、世界が広がります。私は、この趣味を2007年
に始めましたが、ボケ防止には悪くないなぁ~と感じております。
植物の名と学名を同時に記載することにしましたら、だんだん、
命名方式がわかるようになってきました。特に原産国や発見国
がわかると、その植物にとても親しみを感じます。命名者のお名前
がわかるときには、その植物学者にも…(*^。^*)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-08-02 12:34
トウダイグサ科、ユキノシタ科のネコノメソウと同様いつも気になる所です。
・・・といっても調べもせずなんですが・・・
やはり雪の地方の花たち、どこかしっかりとした感じがします。
もう紅葉しているのですね。
五竜、栂池・・・どちらも憧れの地です。
Commented by ikutoissyo at 2012-08-02 22:52
4年ほど前でしょうか、近くの道端で見つけたのがこの仲間です。
美しい幾何学模様に伸びていく様に、驚いたり感激したり・・・。
その1本は毎年見かけていたのですが、今年は消えていました。
近くのどこかに増えていないかしら?
トウダイグサ科なんですね。名前がわかって嬉しいです。
Commented by tamayam2 at 2012-08-03 07:39
♪ kimiko_shibata1 さん、
次の【522】に載せましたが、7月末に日光へ行ってまいりました。
カンカン照りの日で、撮影も白とびが多くよい結果が得られません
でしたが、静かな園内を歩いて楽しかったです。kimikoさんが、
撮られたカモにもご挨拶、ドクゼりの池も見ました。林の中には、
もう、キノコが生えていましたよ。気になる植物がいくつかあり、
来月も行きたいと思います。
Commented by tamayam2 at 2012-08-03 07:43
♪ ikutoissyo さん、
この種の植物は、けっこう多いです。いつも素通りしていて
悪かった・・・と思います。普段の生活圏にもあるし、また
湿地帯にも亜高山地帯にも・・・適応性の巾が広いのですね。
人間は、この暑さにまいっていますが、野の植物たちは、雨
だけが頼りですものね・・・偉いなぁ~と感心しております。(笑)
<< 【522】日光植物園にて 【520】ゴマノハグサ科の植物 >>