【520】ゴマノハグサ科の植物

7月の最後の日曜日。この頃は、さすがに猛暑で・・・青息吐息といったところ。
皆々様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
暑中お見舞い申し上げます。

【516】(7月22日)にゴマノハグサ科ヨツバシオガマの写真を載せました。
Japonicaの付く山野草でした。

その他にも、ゴマノハグサ科の植物は、シソ科などと並んでけっこう多いです。
最近見たものをまとめておこうと思って・・・。

暑いときには、難しいことを考えずに分類作業をしましょう。
以下の花々はすべてゴマノハグサ科の植物です。
c0128628_17191713.jpg
c0128628_17194095.jpg

6月に住宅街で見たジキタリス。心臓の薬として有名です。学名がDigitalって
驚き!コンピュータ用語ですね。ギリシャ語で指という意味だそうです。なるほど!
「キツネの手袋」、「魔女の指ぬき」といった別名があるようですが、やはり、
なんとなく気味悪さが感じられる命名です。薬効があるということは、毒草でも
あるからです。北アメリカに多いです。花壇に植えられているのをよく見かけます。
美しいからと言って庭に植えるときには、子供が口に入れないように、気をつけた
ほうがよさそうです。
c0128628_17205618.jpg

栂池の高原で見たミゾホオズキ。湿地に咲いていました。ツリフネソウに似て
いますが、距(花の後ろにつくしっぽのようなもの)がありません。
学名から推察すると、ネパールが原産国で、日本のはその亜種であるようです。
c0128628_17212118.jpg

最近、荒地や高速道路沿いの崖などでよく見かけるビロードモウズイカ
c0128628_172286.jpg

背が高くなり、1mもあるものも珍しくありません。トルコの内陸部の乾燥地でも
たくさん見かけました。恐るべき花です。葉は、まさにビロードのような肌触りで、
触ると気持ちがいいのですが、枯れた茎は、材木のようになります。
c0128628_17222734.jpg

ホソバウンランはヨーロッパで、雑草のように生えている植物。
これは、長野県八方の駅のそばの空き地に咲いていたものです。
庭に繁茂して困りもののツタバウンランもこの仲間。

結論:ゴマノハグサ科は、けっこう剛健で、繁殖力が強いように思います。
うっかり心を許すと、庇を貸して母屋をとられてしまうかも・・・。

きれいだけど、油断がならない植物たちです。

by tamayam2 | 2012-07-29 17:23 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by aamui at 2012-07-30 08:36
旅行者は何の花でも嬉しいものですが 土地の人に聞くとへ~~と思うことがありますね 若いときブタクサの花束を作ったとき捨てなさい!と叱られたり オーストラリアでアガパンサスの白や紫の咲き乱れる様に歓声をあげた時も ”嫌われ者 はびこって困る!”と知らされ驚きました でもブタクサはあまり見なくなりましたね
Commented by tamayam2 at 2012-07-30 17:47
♪ aamui さん、
お久しぶり!その土地に在りすぎるものは皆疎んじられるわけね。
たしかに、豪州、NZにはアガパンサスがあちこちにはびこっており
デカイし、根をはってしまうと抜けないので、始末が悪い花でしたよ。
長野県の別荘ではニセアカシアが庭に生えて生えて大変です。
ほおっておくと大木になるし、棘があって始末しにくくなります。
白い花はてんぷらにするようですが、私は、幼木を見ると早めに
始末しておかないとなァ~と他所のお宅のものでも心配しちゃい
ますよ。へへへ お暑いですが、お元気で!
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-30 19:46
面白いテーマですね。
ゴマノハグサ、とても生命力の強い植物です。
ビロードモウズイカが、いろは坂途中にあり、心配して日光博物館にメールしましたら数年前から奥日光に進出しているそうです。
花はどれもきれいですが、強いものがその土地の弱い植物たちを駄目にしてしまうのが困りますね。
Commented by tamayam2 at 2012-07-31 07:55
♪ kimiko_shibata1 さん、
日光植物園だより楽しませていただいております。
おっしゃる通り、植物の追っかけは体力の要る趣味であり、
年をとってからは、ほどほどにしておきませんと・・・
この猛暑では。「山中で老女が倒れていた」というニュースの
ヒロインにならないように気をつけねば。
<< 【521】トウダイグサ科の植物 【519】ジャコウアゲハご難 >>