【515】栂池(つがいけ)高原にて

7月の連休に、長野県栂池高原の自然園へ出かけた。
木偏に母と書いて、ツガと読む。マツ科。コメツガは、長野県で広く
見られる美しい樹木だ。

栂池自然園へは、栂池高原駅から70人乗りロープウエイで一気に自然園入り口まで
登ることができる。麓の駅が、839mで、登ったところが1829mというから、
高低差990m!   悪いなぁ~と思うけれども、私のような年よりには本当にありがたい。
しっかり2010mの展望高原まで歩く予定だったのだけど、だんだん小雨が
本降りになってきたので、1920mの浮島で引き返した。
それでも、途中雨が小止みになって、白馬の嶺をちらっと見ることができた。
c0128628_15152375.jpg

ロープウェイの窓越しでうまく撮影できなかったのだけど、
何年ぶりかに実るというオオシラビソ(別名 青森トドマツ)の濃紺の球果を
高い梢に認めることができて、心が躍った。
大きい球果は、10~20cmもあり、遠目には、小鳥が止まっているように見える。
白いものは、実から染み出るマツヤニ。
c0128628_15153826.jpg

c0128628_15162244.jpg

雨の中の撮影は、どれもうまくいかなかったのだが、図鑑でしか見たことが
無かったキヌガサソウ【衣笠草 Paris japonica】の群生を見ることができたのが、
なによりうれしかった。輪生した見事な大振りの葉、そして中央に一輪、
白い、大きい端正な花が咲いている。見事な造形美に、その場を通るときには、
だれもが手を合わせたくなるほどの感動を覚えるのだった。ちょうど、時期的に
よかったのだろう、どの花も今が盛りのようだった。
japonicaがついているので、日本固有の植物なのだろう。
田中澄江さんの新・花の百名山にも登場している。
             Cf.針の木岳(P.236)
c0128628_15172093.jpg

c0128628_15174456.jpg

近くには、サンカヨウシラネアオイの群生も見られた。
この二つは、そろそろ花期の終わりごろという印象だった。
植物がその生息地に自生し、生き生きと生命の輝きを見せているのを
見せていただくことのできる幸せ、この喜びはここに足を踏み入れた人々がみな抱く
感動だろう。
栂池自然園のHPは ここ

c0128628_15185223.jpg

雨の中昆虫はあまり見ることができなかったが、ここで珍しい蛾を見た。
調べてみると、農家の人たちには、よく知られた害虫であるようだったが、
エダシャクの仲間で、姿が見ようによっては威嚇する面に見える。

信州在住のNickさんのBlogで例年7月ごろ紹介されていた白馬の大自然の中へ
やっと足を踏み入れることができ、とても幸せだった。

[PR]
by tamayam2 | 2012-07-18 15:21 | たび | Comments(10)
Commented by tabikiti at 2012-07-18 16:01
20年近く前に
四国一高い石鎚山1982mの山頂近くまで行った事がありました。
山頂は怖くて行けませんでした。

夏は標高の高い所が涼しくて良いですね~^^
Commented by tamayam2 at 2012-07-18 16:30
♪ tabikiti さん、
四国で一番高い山ですね。Wao! 岩山で、険しそう!でも、牧野
先生が石鎚山の植物の研究もされていますから、一度は、
途中まででも行ってみたいです。私は、写真を撮りながら、ボチボチ
歩くしかできまっしぇんが、山の空気を吸うととても幸せな
気分になれます。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-18 17:12
どの花も生き生きしていますね。
これだけのキヌガサソウすごいですね。
数は少ないですが、頸城山塊の火打岳でみたキヌガサソウも見事でした。
この栂池から白馬へ・・・・歩きたいコースでした。
栂池だけならまだ間に合いそう・・近いうちに歩いてみたいです。
Commented by nick-2 at 2012-07-18 20:40
栂池は7月中旬から下旬位が花が一番多く見られますから、丁度いい時期に行かれましたね。
キヌガサソウ、サンカヨウ、シラネアオイを見ればそれこそ大御所を全部
見たって事ですよ。

栂池は花の時期もいいですが、紅葉もかなり綺麗ですから、秋にも是非
お越しください。
Commented by tamayam2 at 2012-07-19 06:55
♪ kimiko_shibata1 さん、
木道沿いにきれいに並んでいますが、植えられたものではなく
自然の群生なのです。ご一緒に登った方が東北の方で、早池峰山
でも群生を見たとおっしゃっていました。東北の山には登ったこと
がありませんが、だんだん夢が膨らむばかり・・・自然は本当に
美しいです。
Commented by tamayam2 at 2012-07-19 07:00
♪ nick-2さん、
nick-2さんの以前のBlogで白馬近辺の山の写真が目に焼き付いて
おります。何と壮大な風景でしょう。またそこに自生している植物の
多様さ、本当に目を奪われました。前から行きたい、行きたいと
思っていたことが実現できて本当にうれしいです。一緒に歩いて
いたご夫婦が、10月10日ごろ体育の日あたりの高原の紅葉が
いいですよ、と言っておられました。長野県は、本当に広い、
南から北まで、いろいろな楽しみ方ができますね。ありがとう!
Commented by kanmyougama at 2012-07-19 16:36
こんにちは。
栂池自然園のことですね。
懐かしい気持ちで見せていただきました。
2009年9月2から4日ここを訪ねました。
信州作の友人を中心に5夫婦の信州散策です。
このときのメインは栂池自然園。281と282に掲載しました。
高山の山野草に疎いので名前もわからぬものばかり・・・・。
この時で信州散策8回目でした。
Commented by tamayam2 at 2012-07-19 21:27
♪ kanmyougama さん、
2009年の【281】と【282】拝見させていただきました。
毎年ご友人と行かれている旅行ですね。白馬のあたり、
本当に植物のたくさん見られるところで、ワクワクしました。
そちらのBlogでチョウの写真、素敵ですねえ。
Commented by ikutoissyo at 2012-07-22 08:37
栂池高原の名は、20数年前、娘たちのスキー実習で覚えました。

キヌガサソウの白さが美しいですね。
サンカヨウ、シラネアオイなどとともに、どれも葉っぱは大きい気がします。
自生しているお花を見るには、遠出して山歩きが必要なんですね。
もう、遅いかな・・・?残念!
Commented by tamayam2 at 2012-07-23 09:19
♪ ikutoissyo さん、
キヌガサソウ、サンカヨウ、シラネアオイ・・・ほんと、皆葉っぱが
とても大きいですね。ここを歩く人は、子供も老人もおりました
から、遅いということはありません。私もそんなに頑健では
ありませんが、自分のペースで、無理しないで歩きます(笑)
自然は、何か身も心も開放してくれますね。
<< 【516】八方尾根にて 【514】ナデシコの仲間たち >>