【513】梅雨の晴れ間に

俗にクマに襲われたら、木に登れ、と言われているようだけど、
これは間違いのようだ。
c0128628_2141294.jpg

新潟県、当間(あてま)高原の山中には、クマが出現するということだが、
ブナの木の幹に残された爪痕を見ると、クマは木登りが上手だということが明白だ。
オレンジ色の囲ったところが爪痕。
かなり高いところまで登っている。

春先に、冬眠から目覚めたクマは、出始めたブナの新芽を食べるために木に登る。
クマは、便秘症で、ブナの新芽が排便を促す良薬なのだそうだ。
c0128628_2142815.jpg

c0128628_21424267.jpg

この森で見た初見の植物は、
ツルアリドオシ【蔓蟻通し アカネ科 Mitchella undulate Sieb. et Zucc.】
赤い実には、よく見ると点が2つある。この実は、白い2つの花が合着して
1つの実を作っているそうだ。学名から見ると、シーボルトとツッカリーニの
両名が命名している。
c0128628_21431012.jpg

c0128628_21433250.jpg

ブナの森のそばの広葉樹林には、コナラ、ミズナラ、リョウブ、タムシバ、クロモジ等
たくさんの樹木が茂っていた。そして、その葉の上には・・・【512】で
ご紹介したモンキンガ以外にも、シャクガの仲間やゾウムシに出会うことができた。
c0128628_21435650.jpg

あ、そうそう、カエルさんにも。
モリアオガエルがどうか・・・?
c0128628_21441416.jpg

樹木が生い茂る林の中に、ぽっかりと空いた空間に青い空が見える。
梅雨の合間は、天気の保障はないけれど、あまり暑くないし、虫にも
出会えるし・・・(夏休み前なので、昆虫採集の子供たちにも会わずにすむし・・・)
Tamayam2にとって、幸せな散策となった。

by tamayam2 | 2012-07-08 21:44 | たび | Comments(12)
Commented by echaloter at 2012-07-08 23:22
yamayamさん、こんにちは。

ブナの森の静かな空気、またいい旅をなさったんですね♪
ブナの木に耳を当てると水が流れる音がすると聞きました。
新潟は、登山をしてた頃によく行った所で、気づかずにブナの木の傍を通っていたんだなと今から思い返します。八甲田や奥入瀬辺りにも行きましたが、あの辺にもブナはたくさんありますね。いつか、ブナの木に耳を当てに行きたいと思います。
北海道の山では、熊が飛ぶ?はねる?のを遠くに見たことがありますが、木にも登るんですね。意外と身軽!!大きなリス?みたいに思えてきました。^^
最近、我が畑の傍でクジャクチョウを見ましたよ。
http://cachouchou.exblog.jp/15700532/
あまり数は多くないけど、この辺でもいろんな蝶と出会えるようです。
tamayamさんのブログは、私にとって植物図鑑そして昆虫図鑑でもあります~♪ カエルの緑がきれいね~。^^
Commented by tamayam2 at 2012-07-09 06:10
♪ echaloter さん、
クジャクチョウ、拝見しました。あの植物は、ブッドレヤ―ですね。
蝶が集まってくる不思議な植物です。家にも植えてありますよ。
モクゲンジの黄色の花の街路樹、動物をたくさん飼っている
お隣りさん、七夕飾り・・・とてもいいですね。日本の良い風習を
あなたが近隣の方々に広めていますね。家のあたりでも、もう
笹を手に入れるのが難しいです。笹の葉、さぁらさら~と歌った
のも今は昔、だんだん、自然が遠くに行ってしまうようです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-07-09 07:03
オレンジマークの上にも爪痕が・・・・
森では会いたくないお方です。
毒草をあえて食べて下痢をしておしりの栓を抜くそうです。(笑)

ツルアリドウシの実が二つの花からとは存じませんでした。
貴重なお話、ありがとうございます。
Commented by ikutoissyo at 2012-07-09 16:11
ぶなの赤ちゃんのお話、初めて知って感動しています。
孫に教えてあげましょう。
↓の写真、双葉が見えていますね。赤ちゃんは生まれたばかりだったのですね。

ハウチワカエデやホオノ木の緑がなんと美しい!
木漏れ日の中を、流浪の旅(♪♪ぶなの森の葉隠れに♪♪)でも歌って散策したいです。
Commented by rumikoh at 2012-07-09 17:02 x
tamayam さんに触発されて 昨日は 曇りだったので 散歩に行ってきました。近くに公開されている小さな自然林で ささやかな森林浴をして 岩田専太郎コレクションの金土日館を始めてみて 根津神社におまいりして 30年ぶりくらいに 上野動物園で 熊やキリンや 上の写真のような蛙も見ました。 梅雨の合間なので 空いていてパンダも
三回くらい見ました。夏でも屋内の展示場もあるので 楽しめることが始めて分かりました。

私は シニアなので 年間パスポートが1200円(入園料の2回分)だったので購入しました。いつものジムに行く散歩道なのですが 動物園の中はホームレスがいないので ゆったり 野鳥も睡蓮も楽しめました。

気分転換が出来て tamayamさんのブログに出会えて感謝です。
Commented by tamayam2 at 2012-07-09 20:46
♪ kimiko_shibata1 さん、
この森には、確かにクマが住んでいるようですから、独りでは
歩きたくないですね。私は、山歩きのときは、黙っていますが、
できれば、べちゃべちゃしゃべっているほうが、良いそうです。
クマも人を怖がっているらしいので。鈴を鳴らす人もいますね。
私は、静寂を好むので、うるさく感じますが。。。
Commented by tamayam2 at 2012-07-09 20:52
♪ ikutoissyo さん、
そちら様は、コーラスの方でしたね(*^。^*)故郷を離るる歌
に続いて、流浪の民 が出ました。これもドイツの歌曲ですが、
そうそう、>(♪♪ぶなの森の葉隠れに♪♪)・・・でした。
この流浪の民は、ロマの人、ジプシーの民だと思います。哀愁
を帯びた歌です。ドイツの森でもきれいなブナの林をよく
見ました。ブナの実を戦争中の食糧難のときにパンに入れて
(かさを増やして)食べたと聞いたことがあります。日本と同様
敗戦国でしたからね。
Commented by tamayam2 at 2012-07-09 21:02
♪ rumikoh さん、
東京都に住んでいると自然の恩恵から遠いように思われますが、
そうでもないことが最近わかりました。注意してみれば、けっこう
緑地もあり、生物に会う可能性もあります。上野動物園は、そういう
場所の一つ。マダガスカル島の生き物や両生類の館など、私は、
大好きです。人間(じんかん)、至るところに青山あり。。。ですね。
Commented by dunkel at 2012-07-10 03:57 x
ドイツでも、今の時期、ブナと同属のbeech treeの森がとても美しいです。歩くだけでも楽しいですよね。
昨日から10日間、授業の一環でドイツを離れて北部ウェールズのバンゴール大学に来ています。天気が悪いし、食事もうーん、という味です。Welshと英語の併記で書かれた標識が普通にあちこちに立っているのがとてもユニークです。イギリス=英語とついつい思い込んでいたのが、いい意味で裏切られます。
Commented by tamayam2 at 2012-07-10 18:33
♪ dunkel さん、お久しぶり!
ウェールズにいらっしゃるの?いいですね。ウェールズの言葉
はCelticなのでしょうか。それなら、Englishとは文化的にも
違うのでしょう。CW.ニコルさんは、いつも自分は英国人では
なくて、ウェールズ人と自称していますものね。イギリスは、
どこでも散歩できるPublic Path が発達していて、いいですね。
東京は、このところ急に暑くなりました。もう梅雨明けか。お元気
で、楽しんできてください。
Commented by 寧夢 at 2012-07-11 02:20 x
梅雨の晴れ間に引っ越し作業! 晴れ女の私。ふふふ。

6年ぶりの関東、家人の転勤先の社宅に日曜荷物を搬入しました。
地図で見て駅から10分程度、目の前が公園でいいねと思っていたら、
地図には等高線が無いわけで・・・、駅からの物凄い高低差にびっくり。
公園とはなばかりの崖の斜面のような林でした。
(少なくとも私にはアソレチックコースと変わらない様な)
お陰で、ウグイスとカラスの声で目が醒めた月曜。
関東の涼しさを感じながら、蒸し暑い大阪に帰った夜でした。
Commented by tamayam2 at 2012-07-11 08:33
♪ 寧夢さん、
七夕のお引っ越しでしたよね。晴れ女でよかったです!
関東のほうが幾分涼しいのでしょうか、昨日は、炎天下を
歩いていますと、脳が溶けそうでしたよ。もう、こちらも梅雨
明けが近いと思います。時々関東にも来られるのですね。
二重生活は大変でしょうが、両地域のびみょうな違いを
Blogで紹介してくださいな。
<< 【514】ナデシコの仲間たち 【512】ブナの赤ちゃん >>