黄色の花

植物の分類と言えば、裸子植物、被子植物と進んで、
葉の形や科名で引くものや、咲く時期によって検索
するのもなどいろいろある。そもそも名がわからない場合、
科さえ見当がつかない。そういう時どうするか。
c0128628_12443837.jpg

最近の植物図鑑は、色で検索するというものがあって、これは
子供でも扱えるし、簡単明瞭、すばらしい発想だ。
世の中の花には、黄色い花が一番多いと聞いたことがある。
本当かしら。たしかに、白や黄色の花はどこにでもある平凡な
感じがする。
c0128628_12452090.jpg

カタクリと言えば、日本では、ピンク~赤紫、時に白だが、
ヨーロッパや北米では、黄花が多い。
日本のカタクリには、ちゃんとjaponicumがついている。

よく見る種は白色なのに、黄色のものを見てへぇ~と思ったのは、
ホウチャクソウオドリコソウ
c0128628_12454135.jpg

c0128628_1246864.jpg

25日出かけた箱根・湿性花園では、黄色のスミレを見た。
c0128628_12463233.jpg

箱根の山には、やっと春が来たようで、山肌がほんやりと
ピンクに染まっていた。池の周りにマメザクラやリュウキンカ
が咲いていた。
c0128628_12465275.jpg

オタマジャクシが泳ぎ、カエルの合唱もにぎやかな水辺に
リュウキンカは輝いている。
c0128628_12471415.jpg

リュウキンカ【立金花 キンポウゲ科 
           Caltha palustris nipponica 】
西洋でもよく見かけたが、日本のものは、かなり大きめ。
c0128628_1515275.jpg

Nipponicaがついているので、日本原産のものだろうか。
キンポウゲ科なので、有毒でしょうね。
c0128628_1248135.jpg

ヤマブキによく似たヤマブキソウ
c0128628_12484674.jpg

キジムシロによく似ているミツバツチグリ。春の野には
黄色の小花がいっぱいだけれども、種類がたくさんあって
どれがどれだか見分けが難しい。

by tamayam2 | 2012-04-26 12:49 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by school-t3 at 2012-04-26 17:56
わぁ、かわいいお花たち^^
黄色のスミレにびっくり@@
こうしてみると黄色のお花も素敵ですね。

箱根の湿性花園懐かしいです。。
Commented by ikutoissyo at 2012-04-26 20:29
一番上のカタクリの形のいいこと! 
来年は黄色のカタクリを見たいと思っています。
子供の頃からスミレが大好きでした。
花を育て始めたのは、スミレからでした。
このキスミレはどうしても我が家に定着してくれません。5回は挑戦しているのですよ。
リュウキンカはちゃんと家の子になって、春早くに可愛い花を咲かせます。
Commented by aamui at 2012-04-27 07:38
箱根散歩ありがとうございます ひんやりとした空気も伝わりました
Commented by ふく at 2012-04-27 09:37 x
カタクリ、オダマキ、シクラメン私の中では
形が似ていると認識しています。
花びらがひっくり返るように感じています。
時期を過ぎるとあられもない姿に?
あくまでも感じですけどね。
田舎の母が好きだった花々です。あとサギソウ。
Commented by tamayam2 at 2012-04-27 21:48
♬ school-t3 さん、
なんだか暖かかったり、うすら寒かったり・・・一定しない
お天気ですね。この日は、やや天候が持ち直した日で
でしたので、ええぃとばかり出かけました。たくさんの
春の花が咲いていて、Tamayam2は(*^。^*)顔
でしたよ。
Commented by tamayam2 at 2012-04-27 21:54
♬ ikutoissyo さん、
山野草は、どうもふつうのお庭には根付きが悪いようですね。
どうしてかわかりませんが、微妙な湿り気、日の当たり具合、
虫などの生息できる環境が必要なんだろうと思います。私
もスミレは大好きな花です。でも区別がよく分らず、何年たって
も覚えられません。シジミチョウの食草なので、どんな平凡な
スミレでも家では大事にしています。ふふ お宅の近くには、
雑木林、鎮守の森などが残っていますか?そういう環境が
あれば・・・希望が持てそう。
Commented by tamayam2 at 2012-04-27 21:59
♬ aamui さん、
私も久しぶりに箱根に出かけました。いろりお見たいところは
あっても、撮影はお日様のご機嫌次第なので、まっすぐ湿性
花園へ行って、即 帰ってきました。思いがけずいい所でした。
湿性だけではなく、いろいろな環境の植物が上手に栽培されて
いました。箱根町立の施設です。
Commented by tamayam2 at 2012-04-27 22:06
♬ ふくさん、
>あられもない姿・・・ふっふそういう感じではあるわね。
さて、カタクリはユリ科、オダマキはキンポウゲ科、
シクラメンは、サクラソウ科です。全然無縁の者だちです。
みんな下向きなので、お顔を拝見するためには、地面に
這いつくばる必要があるわね。私のズボンがこうして、ドロ
だらけになるんじゃよ。
Commented by nenemu8921 at 2012-04-28 11:33
黄色い花はパワーを感じさせますね。
元気が出るかな。
黄色いカタクリは外来種で、強健ですから在来種を駆逐しなければいいけれど。
最近植栽しているところは増えていますね。
オドリコソウの黄色いのはラミュームという園芸種で、これも増えますね。ピンクの花や斑入りの葉のものなど多いですね。
私も下の畑の土手にびっしりと咲かせたことがあります。
日光植物園では黄色い水芭蕉を見たこともあります。
日本の園芸文化は和洋折衷、園芸種と在来種(「山野草)も混在していて、まことにこの国の有り様のごとく、象徴的だなと感じます。(^_-)-☆

Commented by tamayam2 at 2012-04-28 20:03
♬ nenemu8921さん、
いろいろ教えていただきありがとう。そう、黄色の種類は、
強い感じがします。だんだん在来種を脅かすと、大変なことに
なるわけですね。背高キリン草などの強さ、エニシダの野生種
の強さ・・・などを思い出します。ドイツでは、水芭蕉は黄色しか
見ませんでした。あれは、英語でSkunk cabbageとか言われる
ほど、あまり評価は高くないのです。江間章子の♪~夏が来れば
思い出す~♪の詩で歌われて以来、格が上がったのかも!?
日本文化に外国の風物なんでも旺盛に取り込む傾向は、植物界
にも及んでいるのですね。黄色の花には、もっと観察しつづけて
いかないと。。。。
Commented by nenemu8921 at 2012-05-01 11:30
tamayamさん。どうも_(._.)_
水芭蕉が「くさいキャベツ」ですか。あははは、面白いですね。(^^♪
東北では「牛(ベゴ)の舌」と呼ばれていました。
牛や馬が食べないので湿地で水芭蕉ばかりが残って群生地になったようですね。
牧畜業では、昔はやっかいものだったわけです。
戦後のあの歌でイメージが変わったのですね。
今や観光地の目玉ですものね(^_-)-☆
しかし、宮沢賢治は、時代の風に関係なく、誰も顧みない時期から水芭蕉の仄白い炎を気に入っていたようです。
面白いですね(#^.^#)
Commented by tamayam2 at 2012-05-01 20:27
♪ nenemu8921 さん、
ミズバショウが、>東北では「牛(ベゴ)の舌」と呼ばれ・・・・
英語じゃ、Skunk cabbage・・・どっちもどっち、いい勝負ですね!
先日出かけた箱根湿生花園では、盛りを過ぎていたのか、湿地に
薄汚いべろのような花びらが横たわっており、残念な感じでした。
尾瀬の美しいイメージとは違っていました。賢治は、>時代の風に
関係なく、誰も顧みない時期から水芭蕉の仄白い炎を気に入って
いたようです・・・この点が賢治の素敵なところでしょう。
自分の感性で、森羅万象を切り取っていて、妥協がありません。
5月になりましたね。植物watcherは目が離せない季節です。
あなたのBlogを楽しみに拝見しております。お元気で。
<< なんじゃもんじゃの銀座 雪形の見える風景 >>