雪形の見える風景

先週、信州・蓼科に出かけた。ユキワリソウの写真を撮った
高台から見た八ヶ岳の雄姿。
c0128628_22144498.jpg

一番左端の白い山が赤岳(2899m)
八つ連なっている山の最高峰だ。
その右の鋭角にとがっている山は、阿弥陀岳(2805m)、
赤岳より手前にあるので、高く見える。
c0128628_22153283.jpg

山の斜面の残接の形を。雪形(ゆきがた)と言う。
その形をいろいろな形に見立てて、農家の人は、農作物の種まき
の好機を占ったとか言われている。
今年の春は、サクラも遅れ気味だったし、植物全体が
まだ冬の眠りから目覚めていないように見えた。
c0128628_22183314.jpg

こちらは、甲斐駒ケ岳(2967m)。この山を見ると世の中の騒がしいことは
みな小さく見えてしまう。甲斐の国の人たちは、このすばらしい山を
どんなに誇りにしているか。

c0128628_22155893.jpg

東京地方もこのところなんだかうすら寒く、まだまだ
油断ができない空模様だ。このところ外国からの
お客さまが多いが、たいていの人は、サクラ満開の
春うららの日本を目指して来られたのに、ちょっと
予想がはずれたみたい。
c0128628_22162237.jpg

ユキワリソウを見た広葉樹林のふかふかの落ち葉の中
で見たイチゲ(一華)の種類を記録しておこう。
イチゲと同じ仲間のキンポウゲ科のフクジュソウ(福寿草)。
キンポウゲ科のニリンソウと、猛毒のトリカブトの若葉
の形が似ているので、誤って命を落とした人の話が
今年も話題になった。
c0128628_22191633.jpg

キンポウゲ科(Ranunculaceae)は、花は美しいけれども、
危ないと思っていたほうが間違いがない。
クリスマス・ローズもアネモネも、春の訪れを告げ知らせる
イチゲやニリンソウの類も、強いアルカロイドを含んでいる。

by tamayam2 | 2012-04-23 22:19 | たび | Comments(5)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-04-24 19:06
雪山の見える風景、いいですね~
こんな風景が窓辺にある住まいだったら・・・と思ってきました。
山野草も生き残りにかけていろいろと知恵を絞るのでしょうね。
Commented by ikutoissyo at 2012-04-24 22:57
甲斐駒ケ岳の雄姿に、背筋がシャンとしました。
雪形は、農家の人たちの山に対する畏敬の心から生まれたのでしょうか。人の顔や動物の形など、TVで見たことがあります。
キンポウゲ科の美しく優しげな花たち、危ないのですね。
Commented by tamayam2 at 2012-04-26 15:13
♬ kimiko_shibata1 さん、
ときどき東京から離れて信州の山を見るのがささやかな
楽しみです。車の運転ができなくなれば、かなわないこと
でしょうが・・・
Commented by tamayam2 at 2012-04-26 15:19
♬ ikutoissyo さん、
全国に駒ケ岳という名の山がたくさんあるそうです。みな、
雪形に馬の形が見えるのかしら。どの山のその地方の人たち
が敬愛しているのでしょうね。東京人は? えっ、sky tree?
山が見えるとなんだかほっとします。ikutoissyo さんのところ
から山が見えるでしょうか。24日、太田黒公園のStain Way
を見てきました。素晴らしいところですね。ご紹介ありがとう
ございました。
Commented by アンデレ at 2012-05-02 14:25 x
八ヶ岳は蓼科側からみるとこんな形に見えるのですね。清里からの眺めと反対ですね。どちらが表でどちらが裏でしょうか?
<< 黄色の花 昔懐かしい映画 >>