早春植物 その1

人は同じころに同じことをするものだなぁ~。

昨年の4月第1週にも、早春植物(Spring ephemeral)
を求めてあちこちに出かけた。出かけた先のパンフレット
類を日付を書いてファイルしているので、行動バターンが
わかる。
c0128628_10394261.jpg

今年出会った、早春の植物たち4つ。
寒くなったり、暖かくなったり、大嵐が来たり・・・
本当に早春の気候は猫の目のようにくるくる変わる。

前から気になっていたネコノメの類は、調べてみるとその
種類の多いこと。これは、不確かながら、ヨゴレネコノメ
ではないかしら。薄暗い湿気の多い谷間でこの植物に
出会うと、花のまわりの苞葉が浅黄色で、眼がピカッと
光った猫の目のように見えなくもない。東京・八王子市の
丘陵地で以前から気になっていたこの植物に出会えて
うれしかった。
c0128628_1041996.jpg

1)ヨゴレネコノメ【汚れ猫の目 ユキノシタ科 
Chrysosplenium atrandrum】
c0128628_1042865.jpg

上は、野草の展示会で見たホクリクネコノメ【北陸猫の目 
   Chrysosplenium fauriei】
富山県立山付近のものだという。
c0128628_10424185.jpg

c0128628_10434219.jpg

2)ゼンマイの若葉。
真ん丸のボールのような早蕨。やがて、開いてシダの
形になる。店頭で売っているようなゼンマイの水煮の形
にするには、手間が要る。いつか新潟の方に天然の乾燥
ゼンマイをいただいたことがある。手間暇かけて
もどしたり火を通したりして炊いたら、実に味わい深かった。

3)コミヤマカタバミは、カタバミの仲間。
陽当たりでないと、うつむいて閉じている。
c0128628_10444392.jpg

花びらが全開で桜の花のような形をしたものは、コミヤマ
カタバミの一種だろうが、別のもののような気がする。
c0128628_10451511.jpg

コミヤマカタバミ【小深山酢漿 カタバミ科 Oxalis acetosella】

今年は、春の訪れが遅れたので、やっと見ることができた
4)セリバオウレン。これもいろいろな種類がある。種の形も
王冠のようで美しい。
セリバオウレン【芹葉黄蓮 キンポウゲ科 Coptis japonica】
c0128628_10461986.jpg

春の始めにこういう小さな花々はひっそりと森や林の中
で花を咲かせるが、その後は、まわりの植物に覆い隠されて
しまうのか、その姿は人の目から消えてしまう。実際は、地中に
根を張り養分を蓄え、翌年の春に備えているのだ。

これらの植物は、背丈が110㎝内外のどれも小さい
植物。地面に這いつくばるようにしてやっと
撮影することができた。

[PR]
by tamayam2 | 2012-04-06 10:50 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by yutorie at 2012-04-06 13:05
気を持たせながらやってくる春ですが、そちらには来ましたね。
汚れ猫の目とは、これ如何に。
どれも難しい撮影でしたね。
セリバオウレンいい花です。
Commented at 2012-04-06 19:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nick-2 at 2012-04-06 20:17
tamayamさんが、これだけ一度にいくつかの山野草の写真を撮るのは珍しいような気がします。
ヨゴレネコノメは当地方では見かけないですね。
明日も気温が低そうなので、キンポウゲ科の花は閉じてるかも。
Commented by tamayam2 at 2012-04-06 21:26
♬ yutorie さん、
本当にね、>気を持たせながらやってくる春・・・東京は、
やっとサクラが満開になったようですが、明日は、急激に
温度が下がるとか・・・三寒四温の定まらない気候で油断は
できません。ネコノメのような野草が気にかかっておりました
が、なかなか出会えませんでした。汚れネコノメという命名
もよいし、地味さ加減がわびさびに通じるようで、いいなぁ~
と思いました。(笑)
Commented by tamayam2 at 2012-04-06 21:28
鍵コメさん、
懐かしいお名前に接してとてもうれしかったです。
これからもBlogでお話しましょう。楽しみです。
どうぞよろしく。
Commented by tamayam2 at 2012-04-06 21:36
♬ nick-2さん、
お久しぶりです。私もこのところ、世俗のことに追われ、
植物から離れていました。Nickさんの元のBlogでハナネコノメ
を拝見し、ぜひいつか見てみたいものと思っていました。そう
やって気にかけていると、実物に会ったとき、ちゃんと見えてくる
のですね。セツブンソウの群生している光景など、素晴らしい写真
を拝見して、やっと野山に繰り出したというわけです。かんてんぱぱ
もそろそろ出かけねば。明日は、急に冷え込むとTVが言っています。
春の気候は本当に変りやすいので、安心はできません。お元気で。
Commented by nenemu8921 at 2012-04-07 11:05
こんにちわ。ネコノメソウは印象に残りますね。
私も先日、初めてハナネコノメを見ました。ヨゴレネコノメも。
TBさせていただきました。よかったでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2012-04-07 21:42
♬ nenemu8921さん、
私が長らく気にかかっていたネコノメ・・・あなた様の素敵
な記事3月23日にUpされていたのですね。見落としていました。
そのあたりの春の妖精たちの美しい写真、拝見しました。その頃
年度末のいろいろな報告でヒ―ヒ―言っていて、Blogを開くこと
もできませんでした。さて、TBいただきましたのに、我がBlogでは
うまく表示されていないようです。もう一度やってみていただけ
ませんか。
Commented by nenemu8921 at 2012-04-08 02:05
tamayamさん。ごめんなさい。
手順を間違えたようです。今度はどうかしら。
間違えた方は削除してくださいね。
今夜はこんな遅い帰宅になりました。年度末年度始めはいろいろ慌ただしいですね。ごめんなさい。
でも、眠る前に開いてよかった。
明日は撮影会です。起きられるかな。
Commented by tamayam2 at 2012-04-08 06:28
♬ nenemu8921さん、
今度は、ちゃんと見られました。ありがとうございます。
明日の撮影会起きられるかな?行動力のnenemu8921さん、
また新しい写真が見られるのね。楽しみにしています。
その後は、しっかり休んでね。ありがとう!
Commented by aamui at 2012-04-08 22:09
初めてねこのめ草のこと知りました 花猫の目のなんと可愛い事!nenemuさんのところで見せていただきましたm(._.)m汚れ猫の目とは!でも旨い命名に又感服!
Commented by tamayam2 at 2012-04-16 12:13
♬ aamuiさん、
よごれネコの目という命名もすごいですが、なかなか渋ーい
花でしょう。暗い所で見るとちょっと光っているんですよ。
nenemuさんは高尾山でごらんになったそうですから、私の
観察地、八王子に近いです。関東西部の山地の花ですかね。
ユキノシタ科というは、なかなか渋ーい花が多いのです。
<< 早春植物 その2 白日会展覧会へ >>