スペインの聖地、のこぎり山

バルセロナから北西へ53Km、カタルーニャの聖地と
言われる場所がある。のこぎり山(Mont serrat)という
その山は、本当にギザギザの形をしている。私が今まで
見たこともない不思議な形。この山の形から、ガウディは
サグラダ・ファミリアのモチーフを得たと言われている。
c0128628_135355.jpg

標高はたかだか720mほどだが、高く、高く隆起して増殖
し続けるような生成のイメージが、この山にはある。
c0128628_13535082.jpg

信仰の対象になっていて、頂上付近にヴェネディクト派の修道院
が建っている。聖堂中央に大切におさめられている黒い顔の
マリア像が有名で、それを拝むためにたくさんの人たちが
押しかけるという。
c0128628_13542199.jpg

のこぎり山は、太古に海だった地面が隆起して、何千年もかけて
自然に形成された山だというが、形が奇想天外で、自然の力の
大きさに圧倒され、どこをどのように切り取って撮影したら
よいか途方にくれてしまった。
c0128628_135571.jpg

c0128628_13553584.jpg

こちらは、マドリッドから北西へ95Kmのところにある古都、
セゴヴィア(Segovia )3月24日の「イベリコ豚」で、
カピトリーノの雌狼という銅像を載せた。狼の乳を
飲んでいるのは、ロームルスとレムスという兄弟なのだが、
兄のロームスが後にローマ帝国の祖になる。(BC7Cの頃の伝説)
c0128628_13565534.jpg

Blog仲間の寧夢さんが、どうして、スペインにローマ帝国?
と疑問を投げかけられた。(良い質問を、ありがとう!)
c0128628_13571710.jpg

何を隠そう、この地は、ローマ帝国の遺跡、水道橋があるのです。
ローマ人は、野望を抱いてここまで押し寄せてきた。
大きな石と石の間に接合材のようなものは無く、こんな巨大
な水道橋を築きあげたローマ人って、文句なしに尊敬に値する。
川から水を引いてこなければ、どんな都市にも人が住めない。
この水道は、1世紀に建設され、1884年まで、実際に機能して
いたということだ。(ユネスコ世界遺産)
c0128628_13574777.jpg

これで、一応スペイン旅行の話は終わりです。ありがとう
ございました。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-29 13:59 | たび | Comments(12)
Commented by school-t3 at 2012-03-29 17:12
楽しかったです。
初めて知ることばかり^^
レポートありがとうございました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-03-29 19:38
地球の底力をみるようなすごい風景があるのですね!
ギザギザがサクラダ・ファミリアを生んだとは!
自然の力とともに、日本もそうですが、古の人々の力はすごいですね。ただただ圧倒されます。
Commented by tamayam2 at 2012-03-30 16:36
♬ kimiko_shibata1 さん、
日本に比べて乾燥しており、内陸部は、荒野のような痩せた
土地が多かったです。それでも西洋の中では暖かい気候なので
なんだかほっとしました。(笑)どんな土地にも人はたくましく
生きているもんですね。
Commented by tamayam2 at 2012-03-30 16:46
♬ school-t3さん、
若き日にスペインに行ったことがあるのですが、チェルノフイリの
翌年(1987年)で、生野菜、果物、ナッツなどが食べられません
でした。ほどんど、酢漬け、オイル漬けでしたので、今回は、野菜
をたくさんいただきました。自給率100%の農業国ですが、若者
の流出は止まらないようでした。少子高齢化は、日本と同じですね。
Commented by yasano0828 at 2012-03-31 00:00
すごい写真ばかりです。絵葉書?と思ってしまった。教会の写真(ステンドグラスも)、素敵です。
ステンドグラスが美術として発展したのは、ヨーロッパが、石の建物で内部が暗いからかしら、そして、外の日が明るいからかしら。日本の日の光では生まれなかったような気がします。
Commented by tamayam2 at 2012-03-31 10:02
♬ yasano0828さん、
新しいBlog拝見いたしました。素敵ですね。沈丁花の花の
形は、本当に蒔絵になりそうなディザインです。私も手仕事
で使いたいと思いながら・・・幾歳月(嗚呼)自然のものの
形はみな素晴らしい造形ですね。ご活躍を。
Commented by vicolos at 2012-03-31 22:22
ローマ人は偉大です^^
こうやって住みやすくして、どんどん現地人を取り込んでいったのですから・・・(現在、ローマに傾倒しているもので、ローマの話題大歓迎です!)

ガウディにインスピレーションを与えた「のこぎり山」も素晴らしいですね。美しいです。
これを見た後にサクラダファミリアを思い浮かべると確かにイメージが重なります。
バルセロナという都会に聖なる山を作り出したかったということなのでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2012-04-01 07:34
♬ vicolos さん、
えっ?>ローマに傾倒しているもので・・・
歴史がお好きなのですね。私は、旅行で出かけたら、その場所
のことを後から調べたりします。予習はあまりしないの。(笑)
関連の小説を読んだり、解説書を読んだり・・・旅は、そのあとの
楽しみがたくさんあります。15、6世紀の大航海時代、野心を
もって極東へ来た人たちは、どんな気持ちだったのだろうか、
など考えるのが好きです。
Commented by ikutoissyo at 2012-04-03 17:23
春の嵐が、日本列島を暴れていますね。
大きな被害が出ませんように。

珍しい風景を沢山拝見できました。
修道院の裏の隆起した岩山が凄いですね。
自然の力に圧倒されます。
Commented by tamayam2 at 2012-04-04 06:26
♬ ikutoissyo さん、
昨日の嵐はすごかったですね。ちょうど米国から友人が
来ていて家に招待したのですが、日が悪くで中止にしました。
この日にいろいろ予定を変更した人がおられたでしょうね。
自然の力の前で、人はどうする術もありませんね。
Commented by aamui at 2012-04-04 17:25
少し前にBSでローマ帝国はスペインまで広がっていたと知り
ビックリしました 庶民の生活を快適にすることで権力が保たれていたと聞き 感心したところでした こんな豪勢な施設をあちこちに造れば 破綻しますよね それにも納得しました あまり差別しなかったのですね
Commented by tamayam2 at 2012-04-06 10:37
♬ aamuiさん、
私もBSでヨーロッパの歴史、実術などの番組があれば、
予約しておいて、ゆっくり見ます。ローマ帝国のことなど、
ほとんど知らなかったのですが、やはりすごい帝国なの
ですね。塩野七生さんの本も面白いわ。
<< 白日会展覧会へ スペインで見た植物 >>