スペインで見た植物

どこに行っても植物は気になるほうだが、今回は、
自由に歩き回れなかったので、ちょっと残念。
c0128628_2229182.jpg

一番目についたのは、イトスギ(糸杉)。
どこにでも、ひょろっと細長い杉が林立しているのだった。
ゴッホの絵の中のイトスギは、やや波打っているが、それは、
彼の感性が捉えたイトスギだろう。
高いものは、数十メートルもある。球果は丸くて
ウズラの卵大だ。
c0128628_22295020.jpg

地中海に面しているバルセロナ、グエル庭園で見たオウム
ナツメヤシ(Date)の実を食用にするのか、オウムの
鳴き声でうるさいほどだった。
c0128628_22303157.jpg

セゴヴィア(Segovia)というマドリッドから北に行った街
では、オオデマリ【スイカズラ科】の一種だろうか、
きれいな花が咲いていた。
c0128628_22312431.jpg

高いモミの木の梢には、コウノトリが巣をつくっていた。
羽を半分広げている姿を撮ったが・・・ご覧になれる
だろうか。鶴のように大きい鳥である。
c0128628_22321077.jpg

マドリッドを南下したところにあるトレド(Toledo)の植物は、やや
亜熱帯ふうだった。センダンの実がどこでもたわわになっていた。
c0128628_2233056.jpg

乾ききった大地には、リュウゼツラン(龍舌蘭)が逞しく生えていた。
枯れた花が株から1mも茎を長く伸ばした先端についていた。
いろいろな薬効があるらしい。
c0128628_22332036.jpg

この二つのステンドグラスは、バルセロナの大聖堂のもの。
アーチ形のフレームの中に精巧な文様が散りばめられていて
美しかった。

c0128628_22334064.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-26 22:34 | たび | Comments(15)
Commented at 2012-03-27 00:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikutoissyo at 2012-03-27 20:21
確かにゴッホの絵の糸杉とは違いますね。
コウノトリ、良く見えますよ。
コウノトリと言えば、この年になっても、「赤ちゃんを運んでくる鳥」を連想してしまいます。

ステンドグラスの美しいこと! 
本当に精巧ですね。すごい!
Commented by nenemu8921 at 2012-03-27 23:09
わあ、コウノトリ、見たいなあ。
日本でも行くところに行けば行き会えるようですが。(^_-)-☆
ステンドグラス、荘厳ですね、さすが。

Commented by kimiko_shibata1 at 2012-03-28 08:15
トレド、町中が美術館のような都市ですね。
実際に歩いてみたい街でありますが、・・・・・・
コウノトリまで見つけられて幸せをいただきますね。
こちらの縄文遺跡にもなぜか栴檀の木があって・・・スペインの古都にも・・・
感慨深いです。
Commented at 2012-03-28 09:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-28 09:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2012-03-28 18:56
♬ cimarronさん、
storkは、赤ちゃんを運んでくるめでたい鳥として有名
ですが、実際に見てみると背の高さが1mぐらいで町を
歩いていると怖いぐらい。どこか西洋の町で、のしのし
歩いているのを見たことがあります。写真のものは、高い
マツ科の樹木の上に巣を作っているようでした。30mぐらい
の高さでしたよ。Bold Eagleってすごい迫力でしょうね。いつか
動画で見せていただいたEagleでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2012-03-28 20:19
♬ ikutoissyo さん、
若き日にゴッホの絵をみたとき、へんてこな杉があるものだな~
と思いました。ちゃんと実物がありましたよ。日本ではあまり見
ません。すごく背が高くで、建物の3階や4階ぐらいはあるでしょう。
ユーモラスです。
Commented by tamayam2 at 2012-03-28 20:23
♬ nenemu8921 さん、
今年は、鳥をしっかり見てみようと気をつけているのですが、
このコウノトリは、遠すぎました。コンデジでそっと撮りました。
もっと近くで見たいですね。
Commented by tamayam2 at 2012-03-28 20:24
鍵コメさん、
メール差し上げます。
Commented by tamayam2 at 2012-03-28 20:53
♬ kimiko_shibata1 さん、
センダンの実がたわわになっている光景を都内でも
見たことがあります。かなり大木ですね。バルセロナの
街路樹にもなっていました。南の温暖な気候のものなの
でしょうか。なんだか日本風のものかと思ってましたが、
スペインで割にふつうに見られて驚きました。
Commented at 2012-03-28 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2012-03-29 14:33
♬ cimarronさん、
bold eagle ではなくて、bald eagleでした。ハゲワシ。
北海道の自然のビデオ拝見しました。すごいですね。いい
画像を撮っていますね。家にいてこんな鳥が見られとは、
お宅は自然が豊かなところですね。日本で言えば、
北海道に近いのでしょう。
Commented by kanmyougama at 2012-03-29 16:27
糸杉・笠松(イタリアで)・・・・・特徴のある形ですね。
ガウデイの発想の源になったノコギリ山、隆起した独特な形の岩山二魅力を感じます。
Commented by tamayam2 at 2012-03-30 16:43
♬ kanmyougama さん、
ゴッホの絵によく描かれる糸杉の実物を見られてうれしかった
です。なぜあんなに細くてひょろ長いのでしょうね。南欧らしい
風景でした。のこぎり山にもガウディの作品があるようですが、
私は、天辺まで行かなかったので見ませんでした。洞窟もあり、
カトリックの修業僧が籠って黙想したようです。仏教と同じ
やり方ですね。(笑)
<< スペインの聖地、のこぎり山 イベリコ豚 >>