イベリコ豚

今回の旅行では、スペイン、バルセロナ近辺(カタルーニャ地方)、
北側バスク地方、マドリッド近辺のカスティーリャ地方を
巡りました。団体旅行ですから、自分でレストランに入る機会
は、一度しかありませんでしたが、Bar(バル)という軽食屋は、
日本の居酒屋のようで大いに気に入りました。
c0128628_11384533.jpg

この写真の玄関右手にかかっている長細いものは、生ハム。
店の奥にぶら下がっている黄金色の筒型のものもすべて
生ハムです。豚か羊の大腿の部分の塩漬け(数年熟成したもの)。
c0128628_11391290.jpg

デパートの食品売り場にも、この大腿が1本丸ごと売って
いました。1本2~3万円ぐらいだったかなぁ~。
大腿1本をスタンドのようなもので固定して、よく切れる
ナイフでそぎ切りにします。切りたてのハモン・セラーノとか、
ハモン・イベリコは絶品。シェリー酒とかワインによく合います。

スペインのパンは素朴ながら外側がパリッとして、内部が
ふわふわ。そのパンとワインと生ハム、フレッシュなサラダが
あれば、あとは何も要らないと思うほどです。
c0128628_11393984.jpg

セゴヴィアという街に出かけたときのこと、土地の名物料理
なのでしょうか、生後まもない豚の丸焼き料理が出てきました。
こんなに柔らかい肉です、と証明するかのように料理人が
テラコッタの皿で肉を切って見せて、その皿を床に叩きつけて
割る・・・という儀式をしました。
ペッチャンゴになった子豚の顔が哀れで、私のような
気の小さい者は、食欲を失い気味でした。
日本の、鯛の生け作りのような物を客に見せるというのと
同様な趣向でしょうか。
c0128628_11401056.jpg

  写真上:カピトリーノの像 セゴヴィアにて
スペインでは、豚や豚を原材料とするハムが名物です。
イベリコ豚は、ドングリの落ちているような森の中に放牧して
育てるからうまいといいますが、スペインでも品薄で貴重品
であるようです。家庭で気楽に食べるというものではない
らしいです。肉が柔らかく、しっとりとしていて熟成した
うまみが何ともいえません。あの乾燥した土地だからこそ
できるうまみという気がします。
c0128628_11411683.jpg

 写真上:熊とマドリョニョ(ヤマモモに上る熊) マドリッドにて
ある時、ホテルのサラダに、白いパスタのようなものが
かかっておりました。説明によれば、ウナギの稚魚ということ
でした。味が淡泊で、魚臭さは全くありませんでした。
見た目には、シラスですが、特に味わいがよいというものでは
なかったです。ウナギの蒲焼のほうがいいなぁと思いました。
日本のTVによれば、日本ではウナギの稚魚が不足している
って、本当でしょうか。
c0128628_11423714.jpg

私がやや驚いた点は、この国では、飲み物と言えば、コーヒー
に決まっており、お茶があまり飲まれていないらしいことです。
ホテルで注文した紅茶も埃っぽくてまずく、日本からお茶を
持参すればよかった、と反省したことです。
私はコーヒー党ではないので、お茶が無いと腸の働きも
頭の働きもにぶるのです。
いままでの経験では、フランス、イタリア、それに加えて、
スペインがコーヒー党の国、お茶がおいしい国は、ヨーロッパ
ではやはり英国、アジアでは、中国、台湾がお茶飲み国ですね。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-24 11:43 | たび | Comments(6)
Commented at 2012-03-25 22:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2012-03-26 13:52
♬ cimarron さん、
おたくもお茶党ですか。伊藤園のTea bagでもお茶であれば
ありがたいです。私もこれから必須項目に加えます。
イベリコ豚は有名ですが、自然放牧の牛、豚、羊・・・なんでも
いいのではないでしょうか。私は、Lambが好きなのですが、
日本では、普通の肉屋で売っていなくて困ります。いままで
上等の生ハムを食べたことがなかったのですが、こういう味
を覚えてしまうと困りますね。舌がぜいたくに慣れると・・・
Commented by 寧夢 at 2012-03-27 05:56 x
お久しぶりです。スペインはマドリッドとトレドしか知らないので、
(それも30年前の)楽しく読ませて頂いてます。
ローマ建国の伝説ロムルスとレムス、そして雌オオカミの像は世界史の教科書で習った懐かしい写真ですが、ローマにあると思っていたら、スペインにもあるのですね。知りませんでした。

さて、私のお茶派・紅茶派なので、職場では苦労します。どうしてみんなコーヒーばかり飲みたがるのかしら・・・。
Commented by tamayam2 at 2012-03-28 21:29
♬ 寧夢さん、
カピトリーノの像を調べていたら、ローマ建国の歴史に
行き当たったのです。寧夢さんは、本当によくご存じ
ですね。実は、セゴビアのこの町は、ローマの水道橋
で有名なところ(世界遺産)で、それで、ローマの伝説が
出てくるのでしょう。ちょどバスをまっていたらこの像が
あり、誰も関心を払わないようすでしたので、私は、あとで
調べようとちょっと撮ってみたのです。人が狼の乳をのむ
という姿が哀れな感じがしました。あらっ?寧夢さんも
お茶党でいらしたのね。うれしいわ、同志を得て。
Commented by vicolos at 2012-03-31 22:31
今日は、焼肉屋さんで偶然にもイベリコ豚のトロを食べました。
何所で育った豚だったのかしら?良い香りがしたような気がします。

上の写真、双子を育てたオオカミの像のオオカミサンが情けない顔をしているので可笑しくなりました。
イタリアで見るモノは皆もっと凛々しくしています。
Commented by tamayam2 at 2012-04-01 07:28
♬ vicolos さん、
イベリコ豚を召しあがったのですね。いいなぁ~イベリア半島の
名産ですが、私は日本で食べたことがありません。焼き肉屋にも
ずっと行ったことがないの。ロムルスとレムスを自分の乳で育てた
雌狼さん、本当に情けない顔をしていますね。人のエゴのために
人の子を育てるはめになった自分の人生を嘆いているのかも
しれません。こうして育った双子の一人がローマ帝国の祖に
なるんですって。私はイタリアで見たことがないので、いつか
見てみたいです。
<< スペインで見た植物 サグラダ・ファミリアで外尾さん... >>