雛の日、まじか

北半球は、すっぽり寒気の帯の中に入っている
ようです。どうぞ、みな様、インフルエンザなどを
寄せ付けず、お元気でお過ごしください。



c0128628_18554490.jpg





c0128628_1856948.jpg


先日歩いた小さな公園で。



フクジュソウ【福寿草キンポウゲ科
              Adonis amurensis】
落ち葉のサイズから見て、とても小さな苗です。
そばに、ヤマバトが歩きまわっていました。
羽の色が美しい。

 「空の鳥を見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、蔵に
  納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養って
  くださる。あなたがたは、鳥より価値ある者ではないか。」
                   マタイ6:26



c0128628_9185669.jpg

地下鉄日本橋駅構内のショーウィンドウで、
早くもお雛様を見ました。
ぼーと見とれてしまいました。

下膨れのうりざね顔、一重まぶたの女性は、現代では
あまり美人とは言えませんが、平安朝の美人顔です。

平安時代は、暖は何でとったのでしょう?
手あぶりでしょうか。
湯たんぽのようなものはあったでしょうか。
重ね着をしないと、寒かったのでしょうね。
c0128628_18594242.jpg

日本水仙の香気はすばらしい。
c0128628_190585.jpg

市松人形のあどけない童顔。
c0128628_1903277.jpg

やはり、現代の子どもの顔かたちとは、幾分違って
いるかもしれませんが、子供はどの時代も
問答無用にかわいいです。
by tamayam2 | 2012-02-13 19:03 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented at 2012-02-14 10:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanmyougama at 2012-02-14 16:30
雛人形が可愛いですね。
平安時代の顔も、江戸時代の面もその時代の好みをあらわしているのでしょう。
我が家でも留守勝ちの自宅に内裏様を飾りました。
早めに飾って3日には片付けるのですね。
女の子の行事としてのヒナ飾りみたいなのはほかの国にもあるのでしょうか・・・・。
Commented by tamayam2 at 2012-02-15 09:13
♪ 鍵コメさん、
ご指摘ありがとうございました。直しました。
伝統的なお祭りの準備風景、生き生きとした表情が
いいですね。鳥、花ばかりでなく、人間の表情を撮るのも
ピカ一です!このところ忙しいことが続いていました。(トホホ)
寒さの折、お元気で!
Commented by tamayam2 at 2012-02-15 09:17
♪ kanmyougama さん、
>早めに飾って3日には片付けるのですね・・・そういうわけ
で、私宅でもちょっと早めですが、話題にしました。ウチの孫
(女の子)は海外ですので、楽しみを共有できないのがちと
残念です。行き遅れないようにと、早めに片付けるのですが、
この頃の女性は、あまり婚期など考えないようですね。(笑)
まだまだ寒さが続きます。どうぞお元気で、制作にお励み
ください。
Commented at 2012-02-15 11:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-02-15 18:48
お雛様、いくつになっても楽しみです。
素敵なお顔のお雛様、着物も美しいですね。
市松人形もかわいい顔ですね。

我が家は喪中ですが、飾っています。母も喜ぶかと・・・
我が家は少しでも飾っていたくて、気にせず旧暦まで・・・
幸い娘はおりませんので・・・・(笑)

フクジュソウの芽がようやく土を割って出てきました。そちらは早いですね。
Commented by aamui at 2012-02-15 19:18
こんばんは ケセン語イエスの言葉読みました お陰さまでヤット理解できた気がします 被災地の様子も現場のお医者様ならではの記述が沁みました 何度も読みたいと思います ありがとう!
Commented by tamayam2 at 2012-02-16 14:54
♪ cimarron さん、
女の人は、何歳になってもお雛様を見ると顔がほころび
ます。それぞれに思い出のお雛様がありますね。あなたの
お雛様は、20年前の手作りですか。着物の布など、細かく
吟味して作られたのでしょうね。天皇は、78歳、狭心症の
治療のためバイパス手術を受けれるとのことです。一生懸命
お仕事をされているお姿を国民は知っていますので、早く
よくなられるよう祈っています。
Commented by tamayam2 at 2012-02-16 15:02
♪ kimiko_shibata1 さん、
お宅は、喪中だったのですね。昨年は大変な年だったの
ですね。Blogでは少しも気づかせませんでした。そういう
行事は、自分の家の考え方に合うように、世間の決まりに
縛られることはありませんね。私の家でも法事など、いい季節
を選んで、みなが集まりやすい時に・・・だんだん生きている者
の都合に合わせやっておりますよ(笑)何事も合理的な父母も
納得してくれると信じております。それにしても今日は、日が差さず
冷たい日でした。暖かい春の日差しが待ち遠しいです。
Commented by tamayam2 at 2012-02-16 15:08
♪ aamui さん、
あの本、お読みになったのですね。山浦先生は、TVでも
見ましたが、無駄なことは言わず、物事の本質をずばりと
おっしゃって、とても好感が持てる方でした。自分の言葉で
自分の考えを言いたい、また、自分の故郷の言葉で聖書を
味わいたい、他人にも伝えたい、そういうごくごく当たり前
のことを実践している人ですね。東北人の粘り強さ、芯の
強さを感じます。日本人に生まれていて、いがった!と
思っちゃうわね。寒い季節です。どうぞご自愛くださいね。
Commented by ミッチ at 2012-02-16 18:22 x
雛人形、市松人形、どれも可愛いですね。でもお値段を聞くと…。きっと目が飛び出るのでしょう?ノリタケでボーンチャイナの雛人形を作って売り出したというニュースを読みました。手入れが簡単で根が安いと。それでも◯十万円ですって!私の知る限り、この国では季節によって子供のために特別な人形を飾る習慣はないのじゃないかしら?クリスマスのKrippe(かいば桶)はあるけど。
またまたヤマバトのすごいお写真!どうやったらあの羽の色の発色が可能なのか?よほどすごいカメラ(超高価な?!)をお使いなのかな?
Commented by tamakipapa at 2012-02-16 23:03
こんばんは
福寿草、今だに開いたものを見ていません。
先日、福寿草をスケッチしていた婦人を見かけました。
お日様が出ないと花は開かないと教わりました。
話をしているウチに色付けも終わり、見ると官製はがきでした。
こんな便りをもらえたら嬉しいですよね。
今度の土曜日、我家もひな人形出しま~す!
Commented by ikutoissyo at 2012-02-16 23:15
お雛様の季節ですね。
雛人形も市松人形も優しいお顔ですね。
チリメンの着物がステキです。

水仙の種類も沢山ありますが、やっぱりこの日本水仙が好みです。
故郷福井の県花だからかもしれません。
Commented by tamayam2 at 2012-02-18 18:15
♪ ミッチさん、
そう、これはデパートのショーウィンドーです。お値段は書いて
ありませんでしたが、立派な作家の作品ですので、ウン十万円
ですね。我が家には女の子の孫がおりますが・・・昔、ふらふらと
市松人形を買ったことがあります。米国に渡って、大事にされて
いるようです。ドイツのKrippeとか、本物の鳩時計とか。。。
小さな木製のセットが欲しいと思っておりましたが・・・ああいう
ものは代々親から子へ伝えるものなのでしょうね。私は、最近
Pさんの持っているようなFUJI FILMのコンデジを使うことが
多いです。だんだん年をとって、重いカメラがしんどくなりました(笑)
Commented by tamayam2 at 2012-02-18 18:28
♪ tamakipapaさん、
お宅の目の中に入れても痛くないお嬢様、ご両親も
楽しまれるのでしょう。Valentainもいいけれど、やはり
伝統的な行事は子供に伝えたいですね。写真より、スケッチ
のほうが、対象をしっかり見ているものです。このごろ絵手紙
というのでしょうか、味のある絵をさらさらっと描く方をよく
見かけます。福寿草は、私が見たものも小さい株でした。
大事に育てられているようでした。
Commented by tamayam2 at 2012-02-18 18:33
♪ ikutoissyo さん、
本当に冷たい日が続いていますね。朝出かけるとき民家の
屋根を見たら、ザラメのような雪が解けずに残っていました。
蝋梅や梅の写真をありがとう。百草園には、もう咲いているの
ですね。お宅からそんなに遠くないのでしょうか。このごろ、私は、
すっかり出不精(デブ症ではないよ)になってしまって。。。
<< 常夜鍋 街歩き・・・墨田区曳舟 >>