ハリス・ツィード

イギリスのスコットランド地方にハリス島という島が
あって、そこで織られるホームスパンのウールを
ハリス・ツィードという。ザラザラ、チクチクとした素朴な織物
なのだが、何年も着古すと、何ともしっくり肌になじんで、
着心地がよくなるらしいのだ。英国王室から特別な商標を
頂いて保護されている。


c0128628_18361753.jpg
私の亡父は1953年、
今のエリザベス女王
の戴冠式に渡英し、
そのまましばらく
ロンドンに住んでいた。
当時、ロンドンで
購入したハリス・
ツィードのジャケットを
帰国後も愛用していて、
亡くなるまで20年以上も
着続けていた。

袖口は擦り切れ、肘も薄くなり肘宛てを当てて補修しながらも、いつもこの
ジャケットを羽織って犬の散歩に出かけていた。
今のように、フリースだとか、羽毛の軽いジャケットのない
ころである。
(最近では、重いウールのオーヴァーを着る人が少数派になった。)
c0128628_1843540.jpg

いつのころからか、家には、ハリス・ツィードのジャケットが
2着あって、紳士物なのだが、私も着たいと思うようになった。
一つは、ちょっと肩のところを婦人物に直せば、着られそうなの
で、どこかで紳士物の古いジャケットを修理してくれるところが
ないか・・・と探していた。
c0128628_18433690.jpg

急ぐ用でもないので、しばらくハンガーに掛けたまま、放置
されていた。外出の度に、たしかこの辺に古いタイプの
テーラーがあったはず、と思いつつ歩いた。が、Yamyam町近辺
には、もうそういうオーダー服を扱う店は皆無なのだった。
(テーラーばかりでなく、豆腐屋、魚屋すら姿を消しつつある。)
c0128628_1844371.jpg

駅前の商店街には、AOKIという既成の紳士服を売る量販店が
でき、ビジネス・スーツは、既製服で十分間に合う時代に
なったのだ。
(だれが、古い上着を修理してまで着るか!?)

昨日、池袋の住宅街を歩いていたら、小さい構えの店ながら、
「紳士服、婦人服のオーダー、修理承ります・・・」という看板
を見つけた。おそる、おそるベルを押して、事情を話すと、
「ハリス・ツィードなら何年でも着られますとも、もったいない。
是非お持ちなさい」と年配の主人が言ってくれた。

古いものをさっさと捨てるのは簡単だし、断捨離(だんしゃり)
が潔しとされる今の風潮には、古いものに恋々としているのは
恥ずかしいことであるのだろう。しかし、古いものを大事に
するこういう職人気質の人に出会えて、昨日は、本当に
胸がすく思いがしてうれしかった。
(註:断捨離とは、断る、捨てる、離れるの意味
  老年になったら心がけることと言われている。)

c0128628_18444112.jpg

写真は、昨年12月に出かけた伊豆高原シャボテン園で。
くちばしが大きい鳥は、シロムネオオハシ
シロムネオオハシ【白胸大嘴 キツツキ目オオハシ科
         Ramphastidae Vigors 英 toucans】
中南米産

鶴のような鳥は、ホオジロカンムリヅル
ホオジロカンムリヅル【頬白冠鶴 ツル科 Balearica regulorum】
アフリカ産 ウガンダの国鳥。

シャボテン園では、いくつかの鳥が一定区域に放し飼いに
されており、観客は通路から眺めることができるのがいい。
シャボテン類もどれもよく手入れされていて、その豊かな
生命力を存分に味わうことができる。
by tamayam2 | 2012-01-20 18:46 | 日々のできごと | Comments(21)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-01-21 06:52
確かに断捨離は必要かもしれませんが、
ものを大切に使い切るのがモットーです。
とはいえ、母の遺品に囲まれてため息をついている現在、自分はもう少し少ない物で生活しようと・・・・
ハリスツィードは最高級品、憧れの品でした。
いいところを見つけましたね。
Commented by ふく at 2012-01-21 09:33 x
遺品の整理はなかなかのもので、
夫との温度差も感じる場面が多いです。
明らかに不要と思えるもののみぼつぼつ
とりかかっています。小柄な人だったので
誰かにともならず、お炊き上げといって
引き取ってくださる道もあってうーん考え中。
もちろん私が着てるのをちょうだいと言われたのもあるので
それはまたね。ハリスツィードからだいぶそれました。
Commented by credenza at 2012-01-21 18:28
20年近く前、始めて出張したロンドンで何を血迷ったか、ピカデリーの一等地にあった店でいきなりハリス・ツィードのジャケットを買いました。

いかにもイギリス紳士といった風情の店員が丁寧に相手してくれて、薦められるままに分不相応とはおもいつつも一着もとめたのですが、あちこち痛んできたものの、まだ時々着ています。同じようなジャケットをあつらえるものの、やっぱりこちらは品がいいのか、着心地もとてもいいものです。

もっとも、20年前とは随分体型も変わってしまったので、さすがに窮屈になっているのですが・・しつらえ直しで何とかならないかなぁ(笑)
Commented by school-t3 at 2012-01-21 20:26
ここには今あるものを大切にしたいという方たちが
集まっていらっしゃるようで嬉しくなりました。
私も最大限あるものを利用したい派です。

しかし、ついに利用しきれないものが増えすぎて
曲がり角に差し掛かっています。
そんなときコンマリ(ご存知?)を読みました。
断捨離という言葉を聞いたのは去年のこと。
娘は「自分が死んだあと他人にまとめて捨てられるのはいやでしょ?」
と言いますが、わたしは死後の始末というより
残りの人生を積極的に生きるために
捨てられるものは捨てようと決心しました。
コンマリ流です。
どこまで実行できるかな?
父や母のもの、ましてや娘のものを捨てるのは至難の業です。

お父様の遺品のジャケットきっと素敵によみがえりますね。
わたしはこれからの人生は娘のお下がりを着て済ませます。
何も買わなくて良いの。
たくさん遺してくれたから親孝行だなって思います(涙
Commented by tamayam2 at 2012-01-21 21:53
♡ kimiko_shibata1 さん、
>使い切るのがモットー・・・・・ああ、そういうお言葉を
聞いてうれしくなりました。先日、ドイツ時代につかって
いた乳液のビンを空にして捨てたときの気持ちよかった
です!(笑)6年ぐらい捨てられませんでした。ふぅ~!
何でもポイポイと捨てられない世代なんですね。でも、
親世代のモノの片づけがまだまだ続いております。
Commented by tamayam2 at 2012-01-21 21:57
♡ ふくさん、
しばらくは、忙しい日が続きますね。男と女では、モノに
対する感じ方が違うのでしょう。我が家でも同じような
温度差があります。長女ですから、先代のものを片付ける
運命にあるのかも・・・寒さのおり、どうぞお体おいとい
ください。
Commented by tamayam2 at 2012-01-21 22:04
♡ credenza さん、
亡父がハリス・ツィードのジャケットを誂えたものきっと、
貴方様が訪れたピカデリーの店だと思います。採寸の
仕方、生地の選び方・・・老舗のやり方をことのほか気に
入っていたようでした。家に残されたのは、晩年、私が
住んでいたカナダを訪れたとき、ヴィクトリアの専門店で
買ったものだったようです。英国製のモノは、丈夫で長持ち
ですから・・・(笑)いろいろな歴史の詰まっているものは、
なるべく生かして使いたいと・・・共通のお話ができてうれしかった
です。
Commented by tamayam2 at 2012-01-21 22:14
♡ school-t3さん、
コンマリという言葉、初めて知りました。近藤麻理恵という
人が考えている整理法らしいですね。サンマーク出版の
本を読まないとその極意はわからない仕組みみたいね(笑)
サンマーク出版は、そういうふうに仕掛けるのがうまい出版社
です。それはともかく、購入するのは簡単ですが、捨てるという
作業は、なかなかエネルギーを要することですね。特に故人の
思い出があるものは。。。都内にもちょっと開発の波から
取り残されたような、エヤーポケットのような区域があり、そういう
ところを歩いていると、昔風の店がまだわずかながら残っている
のに出っくわすことがあります。いずれ存続できなくなりますが。
そういう店は、ありがたいです。長年探しておりましたので、
ホッとしました。
Commented at 2012-01-21 23:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-01-22 00:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dunkel0227 at 2012-01-22 01:45 x
2年ほど前、セミオーダーで冬用のジャケットを作りました。ハリスツイードで。社会人になってからスーツやジャケットを着ることがほとんどない職業だったので(今もそうですが)ちゃんとしたものを持っていなく、それはだめだということでパートナーがプレゼントしてくれたものです。お気に入りの一着なのですが、この記事を見て、余計に大事にしようという気持ちになりました。
Commented by 寧夢 at 2012-01-22 11:01 x
いいお店が見つかってよかったですね!

ツィード! 子供の頃、憧れでした。両親の洋服箪笥には着ていないものがぎっしりありますが、捨てられずにみんな置いてあります。
(私のタータンチェックのイギリス風のロングコートなど、そのうち娘が着てくれそうなので、とってあります)
Commented by tamayam2 at 2012-01-22 17:07
♡ HKHSS さん、
eBayで良いものをゲット(これは和製日本語です)されたとか。
よかったですね。そちらは雪なのですね。でも草花が発芽した
のね。室内はポカポカなのでしょう。私も外国生活をしていた
ころ、綿やウール100%のものをいつも探しておりました。化繊
のモノは扱いは簡単ですが、吸汗性が悪いみたいで。綿入れの
半纏・・・そういうものが世の中にあったわね。今日本でも見つける
のが難しいかも。田舎の呉服屋さんならあるかなぁ~。注意して
見てみましょう。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2012-01-22 17:11
♡ dunkel0227さん、
ご結婚後、もう2年になるでしょうか。よきベターハーフを得られて
その方がハリス・ツィードを贈ってくださったって。わぁ~!すばらしい
センスですね。そうです。仕事上必要なくても、出るべきところでは
ちゃんとしたモノを着てください。男前がぐーんと上がります。
亡父は老年になってからも姿勢がよかったので、ハリス・ツィード
がとてもよく似合っておりました。着古すとますますいい風合いに
なりますよ。
Commented by tamayam2 at 2012-01-22 17:17
♡ 寧夢さん、
女の子を持っている母親っていいわね。>タータンチェックの
イギリス風のロングコートなど・・・・ママのものを、今の娘は、
上手に着こなしちゃいますよ。楽しみですね。良いものは
時代を越えて良いですから・・・私にも娘がいますが、体形
が全然違うのです。孫たちも女の子。彼らは、私のジュエリー
を狙っているようですよ。ふっふ
Commented at 2012-01-23 01:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamakipapa at 2012-01-24 09:50
こんにちわ
ご主人の温かみのある言葉、、、いいお店を見つけられました。
よくは知りませんが、イギリスでは古いモノを捨てず、修繕しながらでも使っていく、、、と何かで読んだような、聞いたような、、、
私もツイードのジャケット、若い頃気取ってきていました。
くるみボタン6個のダブル、ノーベンツだったかな?
最近になって捨てるということが出来なくなってきました。
特にブーツはソール交換、ミンクオイルで履き続けていこうと思っています。
Commented by tamayam2 at 2012-01-25 09:11
♡ HKHSS さん、
お家の中はポカポカなんでしょう・・・と書きましたら、
そうじゃないのですね。日本では摂氏を使いますので、華氏は
ピンとこなかったけれど、調べたら、室内65Fとは、18.3℃では
ありませんか!それは、ポカポカとは言い難いですね。我が家
では、68F(20℃)ぐらいかな~。私は寒がりで、ついつい高く
してしまいます。電車の中は、74F(23.3℃)ぐらいあって、コート
を着ていると暑いぐらいです。それに満員ですともっと高い感じ
です(トホホ)日本は資源が乏しい国なので、もっと節電に心し
ないといけませんね。
Commented by tamayam2 at 2012-01-25 09:17
♡ tamakipapa さん、
お久しぶりです。早朝から雪かきをなさったんですね。偉い!
家も通学路に面していますので、いっしょうけんめい鉄製の
シャベルで雪を取り除こうとしましたけど、コチンコチンで大変
でした。外出時は、滑るので、登山靴を履いて出かけました。
重かったけれども、グリップがしっかりしているので・・・この際
おしゃれは我慢して。でも電車の中の若い女性は、ヒールの
あるおしゃれブーツの方も多かったです。事故に遭わないように
と思わず祈ってしまいました。
Commented by ikutoissyo at 2012-01-25 20:12
心温まるお話を沢山拝読しました。
先日、東北で織られているツイードの話をTVで見ました。
仕立ててもらったテーラーで、手直しをしてもらって何十年も着ているというお話でした。

パタンナーをしている次女が「ダウンコートは軽くて暖かいけど、エレガントではないわね」と、今年もウールコートを新調しました。
ダウン全盛の世の流れにささやかな反抗らしいです。
そういわれて、私も古いロングのカシミアコートを直しに出すことにしました。
エレガンスな高齢者を目指して!
Commented by tamayam2 at 2012-02-02 12:35
♡ ikutoissyoさん、
ほんと、電車の中で人々watchingをしていますと、年配
の方もダウンコートの人が多いです。軽い、暖かいので
手放せませんね。しかし、やはり、西洋では、ちゃんとした
場所、オペラとかお食事とかだと・・・ちょっと場違いでしょう。
日本ではコートにまでドレス・コードはうるさくないでしょう。
私、コンサートなどの会場にクロークがないのがいつも不満
です。座席にコートを持ち込むとかさばって・・・邪魔ですよね。
私も昔作った古いコートを箪笥の肥やしにしてはならじ・・・と
考え中です。(笑)
<< ケセン語訳聖書 六本木で浮世絵を見る >>