成人の日、明治神宮にて

成人の日は、1月15日だとばかり思っておりましたが、
何年か前から、15日に近い月曜日に変わったのでした。
道理で、先週の週末に知人に電話してもだれ一人在宅して
いないのです。
「三連休ですよ!」と言われてはじめて気づいたのです。
なぁんだ、Long week-endだったのですね。
c0128628_16235389.jpg

9日(月)に散歩を兼ねて、明治神宮の宝物殿の近くへ
出かけました。その池に、昨年は、オシドリ
いたことを思い出したのです。
はたしてカモに混じってオシドリが数羽おりました。
昨年より数が少なかったです。
c0128628_16222613.jpg

♂はこんなに着飾っておりますのに、♀は、とても
地味な装いです。
c0128628_16231229.jpg


明治神宮の社殿で見た美しい女性。
二十歳の女性というのは、華ですわね。


c0128628_16245556.jpg

親御さんと、お友達同士で、あるいは、ボーイフレンドと・・・
どの娘もみな輝いて見えましたよ。
c0128628_16254380.jpg

正装の男の子も見ましたが、やはり、女の子の
存在感にはかないません。衣裳の問題ではなく、
女の子のほうが、堂々とした印象でした。どうして
なのでしょうかね。
c0128628_1626985.jpg

宝物殿の裏手では、小笠原流という礼法の一、弓道の
大会が行われるらしく、立派な装束の弓道の方々が
会場に移動するのを見ました。小笠原流と聞いただけで、
背筋がピーンとしませんか?
c0128628_16264084.jpg

私は、礼法の方々の間をすり抜けて、こそこそと
原宿方面へ。やはり、日本古来の礼法がちゃんと存続
しているのですね。
[PR]
by tamayam2 | 2012-01-10 16:27 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by vicolos at 2012-01-11 09:41
若い人を見ると元気が出ます。
希望に輝いてみえます、というか自分のその頃の気分が蘇ってくるのかな。
写真では成人とオシドリが「華」を競っていますね^^

*梅竿著書を図書館で手にしたら、なんだかひどく難しいのしか見当たらなかった。tamayamさん、こんな難しい本を読んで梅竿ファンになってたんですね、尊敬の念を覚えています。
Commented by ふく at 2012-01-11 10:05 x
おしどりに負けてないおじょうさん。
おしなべて女性が元気は今の日本の
風景なのね。
Commented by ミッチ at 2012-01-12 01:28 x
オシドリの♂はこんなにきれいなのですね、驚きです。まるで木で作った模型に絵の具で色を塗ったみたい!それに比べ人間の方は♀メス(失礼!)女性が着飾って華やかですね。ここのところ、男性諸君は「草食系」なんて言葉も与えられる人が多く、影が薄くなっているようです。そして自信がついたのか、晩婚の(または結婚しない)女性が増えたこと!知り合いにいっぱいいます。
小笠原流が元来は古い武道の弓や馬の流儀であるといこと、今回新しく勉強させていただきました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-01-12 08:06
オシドリ、いつもながらやはりきれいですね。
現在の若者たち、女性の方がしっかりしていますね。
頼もしかったり、男の子!しっかりしなさい!!って思ったり・・・・・
穏やかな成人の日でした。
Commented by school-t3 at 2012-01-12 15:36
こんにちは。
今日ちょうどBBCで日本の人口減少の理由の一つに、
男の子に元気が無いことがあると報道していましたね。
男の子に比べて女の子は元気いっぱい。
意外だったらしく女性キャスターが笑っていました。

メディアマジックを差し引いたとしても、その傾向は否めません。

娘がある大学の研究室にいたころ、質問にやってくる学生が
既にそんな風だったそうです。
それが一人や二人でなくそろって皆そうだったとか。。

体格の良い女の子の影に男の子がくっついてきて
発言するのは女の子。男の子はフンとかウンとか言うだけ。
学生の後姿を見送りながら「環境ホルモンのせいかしらね?」
と噂したそうです。
今朝のBBCではそれと対照的に筋肉隆々の韓国の兵士たちを映していました。
日本の男たち、頑張れ~
Commented by tamayam2 at 2012-01-12 17:37
♡ vicolosさん、
梅棹忠夫先生は、京大のえら~い先生ですが、話し方は
関西弁でちっとも偉そうではありませんでした。展覧会の
題が、ウメサオタダオとカタカナで書いてあるので、わかり
にくいでしょうが、梅棹というのが本当の漢字です。私は、
椎名誠とか沢木耕太郎も大好きですが・・・やはり学者さんと
作家さんは、別の人ですね。私が大学生の時に読んだのは
「文明の生態史観」という何やら難しそうな本でしたが、先生が
実際に中国奥地や東南アジア、インドなど実地調査されて、
考えられたことなので、面白かったですよ。あ、アジアとインド、
トルコ、東欧、西洋がユーラシア大陸でずっとつながっているんだ、
と気づいてうれしくなりました。私もその展覧会見てみようと思い
ました。ありがとう。
Commented by tamayam2 at 2012-01-12 17:39
♡ ふくさん、
お葉書拝受。なんだかそんな予感がしました。
押し迫ってからだったので、大変だったでしょう。
ゆっくり休んでください。
Commented by tamayam2 at 2012-01-12 17:54
♡ ミッチさん、
私もオシドリの♂の美しさには、見とれます。鳥類は、ほとんど
♂が派手ですね。ケルンの住まいの近くにLindentalという森が
あり、その中の池でオシドリを見つけうれしかったことを思い出し
ます。4月ごろ再訪したら、すでにどこかへ旅立った後でした。渡り
鳥なんですね。この頃は、留学したがらない若者、海外駐在を断る
若い社員が多いと聞きます。失敗してもいい、外国で苦労してみる
のもイイよ、と勧めていますが、女性のほうが積極的ですね。
Commented by tamayam2 at 2012-01-12 17:56
♡ kimiko_shibata1 さん、
穏やかな成人の日のお休みを過ごされたとか、よかった
ですね。私も思いがけず「三連休」と気づいたので、なんだか
めっけものをしたようで、ぶらぶら歩きを楽しみました。
Commented by tamayam2 at 2012-01-12 18:16
♡ school-t3 さん、
やっぱりそういう傾向があるのですね!韓国の男性は、3年間
の兵役が義務付けられているので、ますらお振りがしっかり
身についていますね。それがよいか、わるいか・・・わかり
ませんが、軍隊生活など集団生活で鍛えられた体育系が
爽やかだなぁと思うことがあります
<< 原宿の風景 新年のWAKO >>