言葉Watchig

さぁ、泣いても笑っても、あと何時間!
TVからそんな声が聞こえてきます。

バナナの叩き売り風ね~古いかなぁ~(笑)。

私は、2007年に海外から帰国し、ときに、
外国人のように、びくびくしながら、この変化の激しい
日本で暮らしているのですが、今年もたくさんの日本語の
新しい用法をおぼえました。
c0128628_15463659.jpg

(まだ国語辞典には、出ていないと思いますが・・・)
「上から目線」という言葉です。
日本人は上から目線で、人から説教されることに関して非常に
神経質になっているらしく、モノを申すときには、注意しなけ
ればならないようです。

一旦、「上から目線(めせん)」と思われたら、耳を貸しては
くれないし、「そんなこたぁ~アンタから言われたくないし」
とそっぽを向かれてしまいます。

目線(めせん)とは、おかしな言葉です。
(演劇界などの専門用語かと思っていました。)
漢字の音と訓で言えば、、湯桶(ゆとう)読みになって
います。

最近では、マスコミにもよく登場し、
被災者の目線で援助を、という表現を
新聞で見たこともあります。
上から援助してやる、という態度ではイカンというの
でしょう。目線はいよいよ市民権を得たのですね。

私自身は、この言葉をまだ使ったことはありません。
理解はできますが、使用言語にはなっていません。
c0128628_1548121.jpg

表現には注意が必要ですが、言いたいことを言える社会、
それに対して、反論できる社会は、健全だと思います。
が、この国では、傷つくこと恐れすぎて、何が言いたい
のか、よくわからない歯切れの悪い表現が多いです。
c0128628_15483676.jpg

最近若い人がよく言う言葉には、ある意味、一種、正直・・・
といった一見意味がありそうで、全く意味のない
Filler(相槌のような言葉、ええと、あのぅ~ 等)があります。
c0128628_15493564.jpg

本来なら、ある意味では、一種の、正直に言うと・・・
というべきなのでしょうが、語尾はつづまり、ちょっと
言葉に詰まったりすると、

それは、一種・・・えぇ~っと、とか
それは、ある意味・・・えぇ~っと、
それは、正直・・・うぅんと・・・というように使います。

本来の意味はまったくないので、まともに聞く必要がないのです。
若者も傷つきたくなくて、神経質になっているのね。
わからないときには、難しい言葉を使わなくてもいいのに。(笑)
痛ましいことです。

前回の針葉樹に続いて、冬の植物の一つ、ヤドリギ。
西洋では、何か不思議な生命力を持つ植物として、クリスマスの
飾りものに使われます。写真は、10月末、長野県八千穂高原で。
ヤドリギ【宿り木 ヤドリギ科 Viscum album】misletoe(英)

先週伊豆高原で見た小型のサル、リスザル。
リスザル【栗鼠猿 オマキザル科 Saimiri sciureus】
c0128628_15504090.jpg

このBlogでは、来年も歯に衣着せぬ“日本のことばWatching”
続けていくつもりです。
皆様のWatchingもぜひお聞かせくださいね。
では、では、よいお年を!
[PR]
by tamayam2 | 2011-12-31 15:53 | 日々のできごと | Comments(9)
Commented by vicolos at 2011-12-31 19:43
上から目線、確かに最近、良く聞きます。
自分の中で同等かそれ下の人から説教されたように思う時に、忌々しい気持ちをこめて使っていますよね。
この表現を使うとその人が相手をどう思っているかわかってしまうと思います。
私は使いません。

もう市民権を得ていますが「なま足」という言葉も、私は変だと思うので使わない言葉です。「素足」で通していますが、ちょっと時代がかって聞こえます。

何時も珍しい植物のレポートに学ばせて頂いています。ありがとうございます。
来年も記事を楽しみにしています。良いお年を!
Commented by kanmyougama at 2011-12-31 20:25
こんばんは。
「目線・・・」子供の目線で・・・・・よく言われました。
言葉は好きではありませんが何となく言いたいことがわかるのです。
上から見下ろすように見ない。
対等に人格を認めて・・・・
なんだかいいたいことが伝えられませんが・・・・・
tamayam さん植物についてとても勉強に成りました。
歌を聴くような聞かないような・・・PCに向かっています。
来年もおじゃまさせてください。・・よろしくお願いいたします。。。

いいお年をお迎えください。
Commented by echalotes at 2011-12-31 21:21
今年最後の日に、大好きなヤドリギの写真が見られてとっても嬉しいです♪
伊豆高原のリスザルもかわいいですね。マダガスカルのサルの親戚?!に思えました。^^

昔、両親には「相手の立場に立って考えなさい」と言われたものです。今は、立場が目線に変わってしまったようですね。
目線で考えると・・・当然、敬語もへんてこりんになりますね。
私は、目上の方にはより丁寧な言葉を使いたいと思うけどな。
フランス語で、年上の人を名前で呼び捨てにするのは、こちらに暮らし始めたとき、かなり違和感がありました。
今や、こちらから「名前で呼びますね」って断ってすぐ名前で呼んでしまうほど図図しくなりましたw

最近、多くの人が「取り急ぎ」をよく使ってるように思います。
そんなに急がなくてもいいのに・・・と思います。
では、取り急ぎ!よいお年を♪
いやですね、やっぱり取り急ぎなんて!
改めて
どうぞよいお年をお迎えください。
Commented by 寧夢 at 2011-12-31 21:35 x
こんばんは。今年もあと少しですね。
使いたくないと思いながらも、若い人には「視線」という言葉は通じず、
「目線」だと理解してもらえる日々です。上手く使いこなせず、
おっかなびっくり使っている「目線」です。(^_^;)
下の世代に迎合してしまっているのかな・・・。

年取りの晩をつつがなく過ごして、年神様を迎え、よき新年を。
来年もよろしくお願いします。
Commented by tamayam2 at 2012-01-02 12:14
♡ vicolos さん、
新年おめでとうございました。なんだか気せわしくしていて
お返事が遅れました。「なま足」という言葉も帰国後に知った
新語でしね。とてもなまめかしく、若い女性の美しいおみ足
なら似合いそうね。老人のカサカサした足には似合わないわ(笑)
辞書にない言葉が増えると、もう辞書は、追い付かないわね。
私は、この頃は、Web上で言葉の意味を調べることが多い
です(笑)。あなたのBlogの題Avantiはイタリア語でしょうか。
どんな気持ちでこの題を選ばれたのでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2012-01-02 12:27
♡ echalotesさん、
今年も姫リンゴの木の様子と、姫リンゴさんの生活を
お知らせください。ドイツ語ではduzen(duで呼び合う)という
語があり、オレーオマエの仲ですね。仏語にもtuで呼び合う仲
があるのでしょう。残念ながら、私には、そういう友人はいません
でしたので、いつも硬い言葉で話をしていました。。。
「取り急ぎ」は別に急いでいなくても習慣的に使っているのかな。
あなたの求めに最速でお答えしなくちゃ、という善意の表現なの
でしょう。商売人が使いそうですね。このごろは、日本では流通
が発達していて、何かを注文すると、翌日には、もう宅急便
で届くという素早さです。それほど、急がなくてもいいのに。
”狭い日本、そんなに急いでどこへ行く”と言いたくなることも
ありますよ(笑)よいお年でありますよう。
Commented by tamayam2 at 2012-01-02 12:36
♡ 寧夢 さん、
新年おめでとうございます。ご家族とゆっくり休日を楽しんで
いますか?
>おっかなびっくり使っている「目線」です・・・・
寧夢さんも新語に関して、少し距離を置いてごらんになって
いるのね。新語をいち早く取り入れて得々としている人たちを
見ていると、順応性があって、スゴイなーと思う反面、世間に迎合
しているようでイヤだな~と思ったりしていました。ふっふ、なんでも
かんでも無造作に受け入れられないのが、我々の共通項らしい
ですね。本年もどうぞよろしくお付き合いくださいね。
Commented by tamayam2 at 2012-01-02 12:41
♡ kanmyougama さん、
新年おめでとうございます。kanmyougama さんとの
お付き合いは、もう5年以上になりますでしょうね。新年の
冒頭のページを飾った立派な油絵、すてきです。中央の
オレンジ色、手前のコバルト色、なんと明るく輝かしい色合い
でしょう。大胆にして、細部がよく見える作品ですね。こんな
大らかな作品を見せていただきありがとうございました。
今年も私の戯言にお付き合いくださいまし。
Commented at 2012-01-03 00:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 伊豆高原 大室山 クリスマスツリーの木 >>