クリスマスツリーの木

今日は、クリスマス、皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

私宅には、内外からクリスマスカードがたくさん届いています。
部屋の一隅に、紐を張りカードをぶら下げています。

旧友の消息を確かめ、住所録の更新をして、一年間の郵便物の
整理しがてら、新たに加わった「古切手」のコレクションを眺める
のが12月の年中行事の一つです。
c0128628_2131285.jpg

アメリカの切手の中に、クリスマスツリーを思わせる針葉樹
の切手がいくつかありました。

1.Balsam fir【マツ科 トドマツ属 Abies balsamea】
2.Eastern red cedar 【ヒノキ科ネズサシ属 
                  Juniperus verginiana】

3.Blue Spruce【マツ科トウヒ属 Picea pungens】
4.Ponderosa pine【マツ科 Pinus ponderosa】

切手に英語の名が書いてありますので、助かりますが、
Fir, Cedar, Spruce, Pineが、どのように区別されるのか
よくわかりません。

アメリカに住む娘の家では、以前は、偽物のクリスマスツリーを
飾っていたけれども、今年は、少し広い家に引っ越したので、
本物のモミの木のツリーを飾ることができた、と書いてきました。
どの種類の木なのでしょうか???

ツリーの下には、きれいな紙に包まれたプレゼントを置いて
おきます。
25日の朝までは・・・けっして開けてはいけないのです。
子供にとって、どんなに待ち遠しい長い時間でしょうね。
c0128628_21321770.jpg

日本の切手の中にも針葉樹の切手がありました。
1.国土緑化 福井県(2009年)
2.国土緑化 神奈川県(2010年)
3.マツカサと、杜松(ネズ ヒノキ科)の実らしいもので
        作られたクリスマスリース

木の種類は、よくわかりません。
(切手に植物名を書いてくれれば、いいのに)
来年は、もっと針葉樹やマツカサ(球果)について、
勉強して少しは区別がつくようになりたいものです。
c0128628_21334946.jpg

c0128628_21341756.jpg

上の2枚の写真は、2010年6月カナダ、ヴィクトリアにある
Butchart Gardenで見たすばらしい針葉樹の大木と
球果です。日本では、大木の球果は、梢近くにあってじっくり
観察する機会に恵まれませんが、私は針葉樹の香りが大好き。

厳しい自然を生き抜く強さ、気高さがあります。邪気を払い
精霊が宿っているような不思議な力を感じさせます。
だからこそ、クリスマスツリーやリースに使われるのでしょう。
日本でもお正月の門松には、まっすぐ伸びた竹とマツを
使いますね。
[PR]
by tamayam2 | 2011-12-25 21:37 | 日々のできごと | Comments(13)
Commented by yutorie at 2011-12-25 22:30
たまりませんね。珍しい松ぼっくりたち(私の総称としてよび方です)
欲しくなります(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2011-12-26 07:03
♡ yutorie さん、
ほんとうにネ!針葉樹が気になる、松ぼっくりが気になる・・・
そうなると、山歩きがますます楽しくなります。杉花粉とか、
アレルゲンとか言われてあまり評判がよくないですが・・・
子孫(球果)を残すために、彼らもあの手この手を考えて
いるのですね。(笑)

Commented by kimiko_shibata1 at 2011-12-26 07:51
神の降りてくる依代ですね。日本も外国もおなじような考えだと思います。
堂々として力強い針葉樹・・・・
外国の松ぼっくりの大きさにはびっくりしたことを覚えています。
針葉樹の分類はもう手におえなくて、あきらめています。
世界中が平和を祈った夜だったでしょう。一歩前進としたいです。
Commented by tamayam2 at 2011-12-26 08:08
♡ kimiko_shibata1 さん、
>神の降りてくる依代ですね・・・あ、そうでした!よりしろ、という
言葉が出てこなくて・・・だんだん使わない言葉は忘れて行きます。
kimikoさんのお宅の飼葉桶のキリストのオーナメント、あれは、
確か、言葉があったはずななのに・・・思い出さなくて半日かかり
ました。独語でKrippeというのでした。Krippeの置物は、一家の
宝物です。代々受け継がれています。まるで雛人形のように
大事にされています。結婚のときにおじ様は、よいものを贈って
くださいましたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-12-26 16:10
Krippeという言葉を知りませんでした。検索して学びました。
叔父夫婦はカトリックですので、その方の飾り物だとだけ思っていました。
我が家の宝物です。お雛様のような大切な飾りだったのですね。
叔父はもうなくなりましたが、叔母は元気です。
話をしてみます、こんな素敵なことがわかってとてもうれしいです。
ありがとうございます。
Commented by ikutoissyo at 2011-12-26 21:49
マツカサにも種類があるのですね。
昭和記念公園にも、大きなマツカサ(10cmほど)の木がありましたよ。
その大きさにびっくりしましたが、深く追求することもなく忘れていました。
写真を撮りづらいところにあったような・・・。
いつか確かめてきましょう。
Commented by 寧夢 at 2011-12-27 02:06 x
こうしてみると松ぼっくりはインパクトのあるパワフルな存在ですね。
針葉樹・常緑樹に年末年始を飾る、その習慣もさることながら、
改めて写真で見る様々な形、生命力に溢れていて
凄いなあ・・・としみじみ見ほれました。(^^)
Commented at 2011-12-28 14:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-12-31 16:01
♡ ikutoissyoさん、
昭和記念公園にあるのですか!私も注意して見てみましょう。
ついつい花のある樹ばかりに目が向きがちですが、私は、
地味な針葉樹がとても気になります。どれが、雄花、雌花か
花は、種は???複雑な構造ですが、気になるといとおしく
思えます。
Commented by tamayam2 at 2011-12-31 16:04
♡ 寧夢 さん、
もう何年になりますか、私のこうしたフォトエッセイ風たわごとに
お付き合いくださいまして。今年の新年、ご一家でよいお正月
を過ごされますように。関西地方からの発信を楽しみにして
おります。
Commented by tamayam2 at 2011-12-31 16:11
♡ HKHSSさん、
あの切手は、上村松園でしたか。海外に送る郵便にはなるべく
本物の切手を貼ろうとこころがけています。郵便局の窓口に出す
と、レシートのような味気ないものを貼られてしまいます。(笑)
マリアに受胎告知を告げる天使Gabrielのカード拝受。ありがとう
ございます。大好きです。ちょうど、マリアの讃歌(Magnificat)の
コーラスを聴いたところでした。そびえるような針葉樹の雪景色、
本当にクリスマス・カードの世界ですね。
Commented by 画像使用の許可を下さい。 at 2014-09-19 19:16 x
個人ブログのカバー画像で子供達のものを使用させていただいております。ぜひ許可をいただきたいとおもい、ご連絡いたしました。

よろしくお願い申し上げます。
Commented by tamayam2 at 2014-09-19 20:10
♡ 30秒で世界と話そう!さん、
事後承諾ですが、許可しましょう。なかなか楽しいBlog
ですね。これからも拝見させてください。
<< 言葉Watchig 師走の東京より >>