ショクダイオオコンニャクがやっと咲いた!

2010年7月に東京・小石川植物園でめずらしい熱帯の
花が開花した。
過去ログ2010年ショクダイオオコンニャク

それから1年4か月後、小石川から株分けされた
オオコンニャクが東京の西、神代植物公園で育っていて、
「開花間近」という情報を得たのが先週。
26日、28日、29日に出かけてみたが、顕著な変化が
見られなかった。

12月1日の朝のニュースで、「いよいよ開花!」と
聞いたので、小雨の中、朝一番に駆け付けた。
(おタクも好きねえという皮肉が聞こえてきたぞ!)


c0128628_20475058.jpg





c0128628_2181479.jpg

小石川より、やや背が低いように見えるのは、真ん中に
屹立している心棒のようなものの天辺が欠けているため。
紫色でひだひだになっている仏炎苞の花径は、75cm。
(1日午後から、早くもしぼみ始めているという)
この花は、開花するまで7年かかると言われており、
開花後はわずか2日でしぼんでしまう。

甲虫を寄せて受粉するため、やや生臭い悪臭が漂っている。

こんなに成長の遅い植物を世話しながら、観察している
係り官は大変だろうなぁ。開花が始まったのが夜だったので、
徹夜だったらしく、赤い目をしていた。
国内では、8回目の開花例だそうだ。

この花を、ドイツでも見たが、新聞に写真が出て話題になった。
ヨーロッパの人には、コンニャクのおいしさも、よくわから
ないだろうが、日本人なら、親しみのもてる植物だ。
ダイエット食だし・・・おでんには欠かせない。
過去ログ2008年:ドイツでコンニャクの仲間に出会った

この植物は、我々がいつも食べているコンニャクと同じ、
サトイモ科であるが、こちらは食用ではなく、インドネシア・
スマトラの熱帯雨林にひっそりと生える世界最大級の花の一つ。

この花が展示されている隣りのラン室で、
毛むくじゃらの頭のような変わったランを見た。
c0128628_20522193.jpg

ギリシャ神話に、メデューサという女性の毛髪が何かの罰で毒蛇に
変えられてしまうという恐ろしい話があるそうだ。学名にmedusaeが
見える。たしかに人の毛髪のようではあった。26日には、展示してあったの
だが、その後はなかった。
(もしかしたら、非常に貴重なので、展示を引っ込めたのか?)

また下の2つのランは、東南アジア産のパフィオペディウムという
種類(Paphiopedillium)で、受粉の役目を担う虫をおびき寄せる
ような深い壺がついている。
c0128628_20532923.jpg

何か虫たちとの間に暗黙の取引があるような怪しげな壺である。

ランというのは、なんだか人体の一部のように精密で、気味が
悪いが、この世のものとは思えぬほど美しいものもある。
c0128628_2054649.jpg

この種類は、栽培するには上級篇らしい。そうでしょうとも!
[PR]
by tamayam2 | 2011-12-01 20:57 | 日々のできごと | Comments(24)
Commented by aamui at 2011-12-01 21:09
夜中に咲いたと新聞にあったにで まさかここで見ようとは!
Commented by shibata at 2011-12-01 21:47 x
神代植物園のニュース、拝見しました。
お近くなのですね、何日も通われたとは!
昨年の小石川に続いての開花ですね。
管理をされているご苦労を思いますね。

時々、こちらのお写真が切れていて見られません。
今回も2枚目が・・・・・残念!表示を左右にされていらっしゃるのかしら?エキサイトは中央表示が無難ですね。
Commented by tamayam2 at 2011-12-01 22:22
♡ aamuiさん、
こういう花は、たいてい夜中に咲くのね。徹夜をされた係官
は本当に、お疲れさまです。入場制限をしていましたが、誘導
が手際よくて、気持ちよく見られました。
Commented by tamayam2 at 2011-12-01 22:24
♡ shibataさん、
ご指摘ありがとうございました。中央表示に直しました。
私の画面ではちゃんと見えているのに・・・困ったものです。
今後気をつけましょう。感謝!
Commented by ikutoissyo at 2011-12-01 22:58
都合4日間も通われたのですね。
この花の人生を考えると、通う価値はありますね。
ショクダイ=燭台なんですね。75cmにも広がるんですものね。
こちらへ伺うと、色々と初体験させていただけて、ワクワクします。

蘭には苦手な花が沢山あります。
ショクダイオオコンニャクにしても蘭にしても、創造の神のジャンルの広さに沢山の感嘆符をささげます。
Commented by nenemu8921 at 2011-12-02 00:14
きゃー、ちょっと不気味ですね。いやユーモラスというべきか!!
ほんとうに臭いのですか?
でもまあ、よくキャッチしましたね(#^.^#)
「百聞は一見に如かず」ですね。

ラン科の植物も奇妙な美しさですね。どうも私は苦手です。。。
被写体としては、面白いのでしょうか。
ゴルゴン・メデューサに見つめられると、石になってしまうとか。
大丈夫でしたか??



Commented at 2011-12-02 01:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamakipapa at 2011-12-02 01:33
私は匂いに弱い方なので小石川へは行きませんでした。
が、行った人の話を聞くとそれ程強烈ではなかったとのこと。
次は何年後何処かな?

ランを見ていると食虫植物のように思えてきます。
ツボの中には甘い蜜?
Commented by kanmyougama at 2011-12-02 10:52
ショクダイオオコンニャクの開花のニュースで1番組みとのことすばらしいです。
「五郎」さんは100人の行列待ちだったとか。
もうどこかで書いてあったのかもしれませんが・・・さてどんな匂いをあいていたのだろう・・・思うことでした。
・・いずれにしても「見ると見ない」は大違いですから・・・・
よかったですね。
Commented by school-t3 at 2011-12-02 13:16
新聞で見ました。白黒でしたから実感がわきませんでしたが
こちらで見せていただいてよかった。
不思議な花ですね~
何を思って生きているんでしょうね~
Commented at 2011-12-03 00:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sdknz610 at 2011-12-03 08:53
ニョキニョキ!朝一番!どちらもスゴイです♪ 匂いがポイントでしょうか(爆)どんな感じでしょうか?実際にかいでみないとわかりませんよね(^_^;)
苦手ですけど・・・。
植物って・・・人類より随分大先輩ですよね・・・。それにしても進化の不思議を見せていただき、ありがとうございます!
Commented by vicolos at 2011-12-03 10:35
こんにゃくの花、TVで放映されているのを何回も見ました!
花そのものよりも、話題は「どれだけ臭いか」に焦点があたっていたようですが・・・
しかし、これが自生している風景を想像すると、一緒に恐竜まで浮かんできます。
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 12:34
♡ ikutoissyoさん、
ショクダイと聞いて、燭台(candle stand)をイメージできる
人は、かなり年配層でしょうね。私は子供ころ、「ああ無情」で
ジャンバルジャンが教会の銀の燭台を盗む・・・というくだりで
燭台って何かしら??と思いました。(笑)本当の植物の不思議
さを感じたドラマティックな一週間でした。
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 12:38
♡ nenemu8921さん、
然り!>ゴルゴン・メデューサに見つめられると、石になって
しまうとか・・・そういう話がギリシャ神話にあるそうです。わたしゃ、
教養ないので、よく知らなかったので、nenemuさんに聞いて
みよう、と思っていたところでした。ネットで見ると、世にもおそろしい
女性の絵が出てきますので、ちょっと興味がありました。
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 12:41
♡ HKHSS さん、
有島氏のBlog見てみます。私は、あまり(ほとんど)ランに
ついては知りませんので、これからお勉強しなくっちゃ。冬に
室内で豪華な花をつけてくれるというのは、いいですね。
それに、花期が長いのがいいです。植物の世界は、本当に
不思議が尽きません。
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 12:48
♡ tamakipapa さん、
どこかの新聞の表現によると、生ごみと履き古しの靴下と
タバコの吸い殻をビニール袋に入れ、ベランダに3日放置した
ような匂いと形容していましたが・・・私には、それほど酷くなか
ったと思います。>植物って・・・人類より随分大先輩・・・
たしかに、たしかに。動かず、じっとしていますが、人類の
やることをじっと見つめているみたいですね。
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 12:53
♡ vicolos さん、
甲虫を誘うのですから、やはり、動物の死骸のような匂いでしょう。
上 ↑にもある新聞で読んだ匂いの形容を書きましたが、私が行った
時点では(1日午前9時45分ごろ)それほど悪いものではありません
でした。不潔な台所のような匂いかなぁ~。自生地スマトラで見た
人のエッセイを読んだことがあります。原住民は、7年に1度ぐらい
急に現れては消える巨大な花を恐れて(悪魔の仕業のように感じ)
咲いているのを見たら、すぐ大ナイフで切り倒してしまったそうです。
怖がっているのですね。なんとなくわかるような気がします。
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 21:23
♡ kanmyougama さん、
コメントのお返事遅れてすみません。そうですか。五郎さんは、
100人待ちでしたか。私も30分ぐらいは待たされたのですが、
まだ早い列だったのでしょう。確かに百聞は一見にしかず・・・
好奇心があるうちが華かな・・・
Commented by tamayam2 at 2011-12-03 21:27
♡ school-t3 さん、
植物を育てておられると、その不思議さに驚くことがあります
でしょう。どういうメカニズムなのか、どういうリズムが体内に
組み込まれているのか、こういう巨大植物は不思議です。
植物に関心を持ち始めて不思議と思うケースが多々あります。
school-t3 さんも植物を育てておられるのですから、なおさら
でしょうね。
Commented at 2011-12-05 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asako at 2011-12-05 19:41 x
ご無沙汰しています。オオコンニャク、すごいです。そして、tamayam2さんの執念も! でも、自然が作っている姿って、きれいですね。パフィオも、不思議な形です。うちのランは、もう、何年も咲きません。子孫を残そうという危機感がないと花を咲かせないのだとか、、、、、。人間みたいじゃ。
Commented by tamayam2 at 2011-12-05 19:44
♡ HKHSSさん、
10月23日に熱帯の植物について書いたところに、Dragon
furuitsの花を載せました。月下美人は、とてもよく似ています。
サボテン科でしょうね。蛇のように長くなりますけど、うまく這わせれば
豪華でしょうね。楽しみですね。花が咲いたら写真を見せて
ください。
Commented by tamayam2 at 2011-12-05 19:49
♡ asakoさん、
こちらこそ、ご無沙汰しております。>子孫を残そうという
危機感か!うん、なるほど。ほんに、人間みたいじゃ。3.11
以後、結婚したがる若者が増えたとか、asakoさんは、いかが
かな?我が家のそばの家にランをまったく構わないで玄関先に
放置している酷い家がありますが、時折、見事な花を咲かせて
います。教育もラン栽培もあまりいじくりまわすとよくないみたい
です。ふっふ。
<< ~てもいいですか? ツワブキとアオスジアゲハ >>