イワタバコ科の植物

私のBlogでは園芸種の植物は、数が多くてキリが
ないので、あまり扱わないことにしています。「園芸種と
いうのは、hybridのことですか」と海外に住む方から
質問をいただきました。そうです。

日本では、園芸業界で交配技術が進んでいて、一つの原種から
たくさんの色、形の亜種が人工的に作られています。更に、
それを売る園芸屋さんが、勝手気ままな「売れそうな」名前を
付けるものですから、だんだんどれが、どの親戚筋なのか、
わけがわからなくなります。
c0128628_953861.jpg

9月に京都府立植物園の温室で、めずらしい植物をたくさん
見ましたが、その中の一つ、アキメネスという鉢植え植物は、
最近海外の植物園でもよく見かけるものでした。色、形の
ヴァラエティが豊富ですので、将来、園芸市場で人気者に
なるでしょう。いや、すでに人気者になっているのかも・・・。
(知らぬはTamayam2ばかりなり・・・)
c0128628_96932.jpg


イワタバコ科の球根植物ということですから、
きっと湿気の多い半日蔭を好む植物かもしれません。
南米メキシコ、コロンビアが原産国だそうです。
アキメネス【イワタバコ科 Achimenes】


c0128628_971271.jpg

c0128628_9262341.jpg

商業的につけられた名は、たくさんあって、思わずキャーと
叫びたくなるものもあります。
Orchid pansy (ランのような三色すみれ)
Widow’s tear(寡婦の涙)
Cupid’s bower(矢を射るキューピッド?)
Japanese pansy(日本の三色すみれ)
Kimono plants(キモノ の植物)
Magic flower(魔法の花)
c0128628_9105967.jpg

再び申し上げますが、この花は、ランの仲間でも、三色
すみれの仲間でもなく、日本とも魔法とも無関係の
イワタバコ科の球根植物です。
私の好きなアフリカン・ヴァイオレット(イワタバコ科)とも
似ているようで、交配によってたくさんの色が作られるよう
です。
c0128628_9132712.jpg

c0128628_9251477.jpg

もう一つ、イワタバコ科の植物で、私にとって、初見だった
ものに、コリトプレックスがあります。こちらは、やや大型で
かわいらしいという感じではありませんが、葉の広がり方が
面白く、大胆な配色、存在感があります。大きくなれば、木の
ように育つそうです。こちらはペルー、エクアドルが原産国と
いうことです。

お寺やお城の石垣の間に、大振りのイワタバコの葉がだらんと
垂れ下がっているのを見たことはありますが、花を見る機会に
まだ恵まれていません。見たい、見たいと願っていると、きっと
いつかその季節に出会えるかもしれません。
by tamayam2 | 2011-10-21 09:15 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-10-21 19:06
こんばんは
イワタバコ科にいろんなものがあるのですね。
いつもイワタバコを見るのは山や日光植物園、
どちらも崖に咲いており、細かく観察しにくい所に咲いていまして・・・・
じつはよく見たことのない植物です。
アキメネスとは違って、星のような花に見えます。
いろんな名前を考えるものですね。笑いました。
Commented by echalotes at 2011-10-21 20:00
ほんといろんなイワタバコがあって、いろんな名前があって・・・びっくりしますね。
数年前に日本へ行ったときは、どこの花屋さんにもクリスマスローズがたくさんおいてあって、花屋さんの店先も流行で置いてある花が変わるのね・・・と気がつきましたよ。
パリの植物園に久しぶりに行きたくなりました。カキがなってるかな・・・♪
Commented at 2011-10-21 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikutoissyo at 2011-10-22 00:50
イワタバコのこと、余り知らなかったのですが
こんなに沢山の種類があって、しかも可愛くて、実物を見たくなりました。
widow's tear はこんな名前をるつけられて、憤慨しているかも。
Commented at 2011-10-22 07:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumiko33m at 2011-10-22 20:11
こんばんは!
本当に交配で改良された園芸種が多いですね、名前も色々・・・
イワタバコ科にいろんなものがあるのですね
イワタバコは野では見たこと有りませんが、野草園で見たことがあります。
グロキシニアやセントポーリアもイワタバコ科でしたね。
Commented by tamayam2 at 2011-10-23 08:02
♡ kimiko_shibata1 さん、
いつもお宅のBlogで日光植物園を見せていただき感謝して
おります。出かけたいと思っていますが、なにせ今は、シーズン
中、混雑は避けたいし・・・そう思っている間に冬になってしまい
ますね。イワタバコは、高いところに咲いているのですか!
それじゃ、なかなか観察できませんね。高嶺の花だぁ~。
樹木も日本では下枝を刈り込んでしまい花や実の様子が観察
しにくいです。西洋の植物園では、たいがい目の高さで見られる
ように工夫してありますが。日本の植木屋さんの実意識が観察
を邪魔しているようです。ふふ
Commented by tamayam2 at 2011-10-23 08:06
♡ echalotes さん、
怪獣の卵のようなモノ(アメリカハリグワの実)をご紹介
くださりありがとうございました。この樹は、ヂュッセルドルフの
植物園にあって、私が毎年観察していたものです。実が
落ちていたらラッキーと思って拾って来たりしたものです。
それが、お宅の近くの街路樹になっているとは!?驚きです。
その季節に見てみたいですね。パリの植物園にも行きたいわ。
Commented by tamayam2 at 2011-10-23 08:08
♡ HKHSS さん、
アメリカハリグワの実がゴキブリ除けに使われるってって!?
これも新発見。おもしろいですね。ゴキブリのいない生活、
うらやましいです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-23 08:58
♡ ikutoissyoさん、
園芸関係の人たちも売るためには、知恵をしぼって考えるん
でしょうね。涙ぐましい努力です。鉢植えの植物を室内のインテリア
のように買っていく人たちも多いですから。私は、シーズンが
終わったら捨ててしまうのがイヤなので、なかなか手が出ま
せん。でも、ときどき、店頭でついふらっと買ってしまうことが
あります。後の管理のことを考えずにね。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2011-10-23 09:02
♡ HKHSS さん、
ドイツでは、Buddljaが鉄道沿いなどに丸で雑草のように
茂っていましたので、栽培が簡単だと思って植えたのですが、
以外とデリケートで、初めの株は冬越しできませんでした。
今度は、鉢植えにして、室内に取り込んでやろうかと思って
います。チョウ好きにとって、この植物のおかげで本当に
幸せな光景をたくさん見せてもらいましたから、そんなに
見栄えのいい花ではありませんが、私にとっては大事な
植物です。(笑)
Commented by tamayam2 at 2011-10-23 09:09
♡ sumiko33mさん、
お宅のBlogで北国の鳥を拝見するのが楽しみですよ。
そう、私がAfrican violetと思っているものは、St.Pauliaと
いうのでしたね。そのほうがかっこいいわね。グロキシニアも
イワタバコ科ですか!やはり、葉が肉厚で、毛羽立っていて、
共通点がありますね。挿し木で簡単に増やせる点も。
Commented by 寧夢 at 2011-10-24 00:40 x
「いわたばこ」という言葉にもびっくりするのですが、
園芸種に付けられた奇抜な名前にもびっくり。
よくもまあ、考えつくものですねえ。
キャッチコピーも兼ねてでしょうか・・・。
知らぬは花ばかりなり、ですね。
Commented by tamayam2 at 2011-10-25 16:29
♡ 寧夢さん、
イワタバコは岩と岩の地下水が染み出ているような場所で、
なんだか不釣り合いに大きな葉がだらりと垂れているのです。
それをタバコの葉に見立てているのですね。ちょっとムリが
あるかも・・・ふふふ。園芸屋さんも消費者の気まぐれに
振り回されますね。次のエントリーに咲くやこの花館関連
を載せました。いや~行ってよかったです。面白かった
ですよ。寧夢さんのおかげです。次には、大阪駅の天空
庭園を見るかな。
<< 熱帯の果実と 原種シクラメン 京都の南、伏見にて >>