タリンの旧市街にて

タリンの旧市街の歴史的建造物は、世界遺産になっている。
会議の合間に、ざっとと覗いただけなので、ウィンドー
ショッピングした個性的な店の様子をご報告しましょう。
c0128628_23433237.jpg

会議が終わった後で、なつかしい友人たちと食事した居酒屋。
広場の途中にある店の名がPepper Sack(胡椒の麻袋)。
かつてハンザ同盟の商業都市であったタリンには、胡椒を
商う商館があったのだろう。中央のファサードから、胡椒の
入った麻袋が吊り下がっている。現在は、居酒屋兼レストラン
として使われているというわけ。食事をして、ワインを飲んで、
4000円ぐらいだった。


c0128628_23453310.jpg
そのすぐ近くに
あるブラック
ヘッドの会館

これも一種の
ギルド・
ハウス


今は
コンサート・
ホールとして
使われている
ということだ。




c0128628_23464877.jpg

旧市街を囲んでいる城壁の庇の下には、こうした編み込みのセーター
や、靴下、手袋を売る屋台が並んでいた。タリンに滞在していた
5日間は大変暑かったので、セーターを見るのも暑苦しく、
買わなかったが、とても手の込んだ作品が多かった。



c0128628_23472082.jpg
c0128628_2348272.jpg
タリンのお土産物屋さんの主流は、アンバー(琥珀)で作った
装飾品を売る店。琥珀は、バルティック海沿岸でよく採れると
言われている。松脂の一種。


















上の人形の左の帆船や右奥の樹木の葉も琥珀で作られている。

宝石ではないが、希少価値があるものなので、お値段も宝石並み。
c0128628_23554721.jpg

私は、昔はあまり関心がなかったが、ある程度の年代になると、
その味わいの魅力がわかってくる。
店の前に座っているのは毛糸で作った人形。
この店もバルト海の琥珀の装飾品を売っている。
c0128628_2349198.jpg

こちらは、ロシアのマトリョーシカ人形。東側をロシアと接して
いるエストニアは、長い間ロシアに支配されていた。
容れ子になっているこの人形は、全部で8個。
開けても開けても人形が出てくる不思議さに、どの子どもも
一度は夢中になることだろう。
ウィンドー越しに撮影したので、少し霞がかかっている。
c0128628_23492341.jpg

こちらは、民族衣装を着た若い女性。屋台で、ナッツ類を
売っていた。
c0128628_23494423.jpg

石畳の路地を右へ左へと歩いていくと、丘の上の教会にたどりつく。
途中で見た建物の中庭。大きな木の木陰にスチール製の
テーブルと椅子がおいてあった。足が疲れたし、暑かったので、
ちょっと腰を下ろして、一休みしたいなぁと思って眺めた。


c0128628_23502358.jpg


旧市街の路地を歩いていると、いろいろなものの影が壁に
面白い幾何学模様を作っているのに気づく。
中世にタイムスリップして幻想的な思いにとらわれる瞬間・・・
こういうときを過ごせるのが旅の一番の醍醐味でしょう。
by tamayam2 | 2011-09-08 00:02 | たび | Comments(9)
Commented by 寧夢 at 2011-09-08 05:21 x
マトリョーシカの後ろの琥珀を見て、そういえば東欧では琥珀が
良くお土産になっているのを思い出した。
ドイツやポーランド、ハンガリーでは透き通ったものが、
ソ連では濁った黄色のものが特徴だと聞かされたっけ。
それにしても、琥珀製の帆船とは、びっくり。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-08 06:32
マトリョーシカ、我が家にもありますよ。
さてどなたからいただいたのか・・・・嫌ですね、朝のぼぉーっとした頭では解答が出てきません。
私好みの街並み・・旅をするならこんな街を歩いてみたいです。

セーターはカウチンセーターと言ったのでは?
北欧の編みこみ模様が大好きで何枚も編みました。
編みこみですと裏に糸が渡り、二重になりますからあたたかさは抜群!
悲しいことに今は重たくてフリース着用になってしまいました。
Commented by Keicoco at 2011-09-08 10:24 x
お帰りなさい。ヨーロッパも暑かったようですね。エストニアの色彩も綺麗ですね。琥珀は見るだけでも時間を忘れそうですね。フィンランドもエストニアも旧ソ連に近く、複雑な歴史を潜ってきたのでしょうが、工芸品の色彩が興味あります。いい写真が撮れましたね。
Commented by tamayam2 at 2011-09-08 19:44
♡ 寧夢さん、
西洋のご婦人はよく大きい粒の琥珀を身につけていらっしゃい
ます。よく似合っています。ちょうど日本人女性が真珠のネックレス
を愛用するように。やはり天然のものなので、二つと同じもの
がなく、淡い輝きはなかなか良いものでしたよ。それと、この地方
では、麻布ができるらしく、薄いグレーの麻のテーブルクロスなど
すてきでした。お手伝いがいて、アイロン掛けをやってくれるので
あれば、買いたかったのですが・・・・。
Commented by tamayam2 at 2011-09-08 19:52
♡kimiko_shibata1 さん、
私もこういう小さな町が歩いていて気分がよかったです。
手仕事(編み物、刺繍など)みごとで、男どもが戦いに
明け暮れていたり、漁をしている間、女たちがしっかり
編み棒や刺繍針を動かしていたのだと思いますよ。
カウチン・セーターはカナダ、アメリカインディアンのもので
もっと分厚くもこもこのものです。ここのセーター類は、編みこみ
模様が複雑でした。でも、私どもUNIQULOのフリースの、
軽さと洗濯機でジャブジャブ洗える簡便さを知ってしまった身と
しては・・・・
Commented by tamayam2 at 2011-09-08 19:59
♡Keicoco さん、お久しぶり!
ええ、なんだか思惑がはずれてヨーロッパはカンカン照り
で暑かったのです。ヘルシンキとエストニアの一部を垣間見た
だけですが、北欧的な色づかい、ディザインのシンプルさ。
本当に感心してしまいました。マリメッコやアラビアの食器、
ガラス製品や照明器具がきれいでした。ぜひ、お出かけあれ。
抑制のきいた大人のテイストでしたよ。夏は光がありすぎ、
冬は、光が乏しい国です。光の使いかたが上手だと感じました。
Commented by ikutoissyo at 2011-09-08 20:56
マトリョーシカが並んでいるのには、歴史があるのですね。
静かな街並みですね。
年を重ねると、賑々しい歓楽街は苦手になります。
大人のテイスト・・・そんな所に行ってみたいです。

そういえば、我が家にもマトリョーシカがありました。
地方都市の議員さんが、ソ連に出かけた折のお土産でした。
あれは、税金で買ったのかも・・・。笑
Commented by tamayam2 at 2011-09-08 22:33
♡ ikutoissyoさん、
その議員さんの落とした日本のお金で、たくさんのロシア人
の懐が潤ったことでしょう。町のガラクタ市場に行きましたら、
ロシア時代のスターリンの像とか、軍帽とか売っていましたよ。

私のような年代になると、もう買い物には興味がなくなって
しまい(たいていのモノは家のあるから)、その国らしい
いいテイストのものをじっくりみてみたいのです。店員と
ちょっとおしゃべりができれば、もっと楽しいですけど。
Commented by bella8 at 2011-09-15 08:33
地図を載せて下さっているから分かりやすいです。
NHK「世界ふれあい街歩き」の番組を見ているような感じがしています。
以前、お土産で頂いたマトリョーシカ人形、今も大事にしていますが、
若い娘さん達の美しさはまるでお人形さんのようです。

いいですね~こうして見ていると、また何処かに旅をしたくなります。

<< 京都で同窓会 ヘルシンキからタリンへ >>