ユングフラウと ベルン街歩き(スイス2)

友人宅に滞在中の日曜日(8月21日)、友人のご主人が
ドライヴに誘ってくださった。せっかくの日曜日なのに
悪いなぁと思ったが、さっそくサンドイッチを作り、ミネラル
ウォーターを車に積み込んだ。
行先は、トゥーン湖(Thunersee)
約2時間ほど南下したところで、エメラルド色の湖が見えた。
きれいなホテルや別荘地を抜け、車はどんどん高いところ
まで登っていく。そこから見た山々の景色は、はっと息をのむ
ほど美しい。
c0128628_22271334.jpg

パラグライダーの人がふわり、ふわりと宙に浮いていて、
ときどき、私に向かって手を振ってくれる。
ヤッホ~!
c0128628_22273836.jpg

左から、アイガー(3970m)、メンヒ(4099m)、ユングフラウ(4158m)
映画で見たことがあるアイガーの氷壁。
高山を目の前にすると人はみな声を失う。
c0128628_2228211.jpg

コーヒーハウスの庇に、カウベル(牛の首に着ける鈴)が
すらっと並んでいた。

別の日、私は、首都ベルン(Bern)に出かけた。その日もバカに暑い日
だった。駅前の木陰のベンチで憩う人々は、ショートパンツ、
袖なしだ。
(私ときたら、半そでは2枚だけしか持っていかなかった。アチャ!)
c0128628_22291761.jpg

私は、駅から町はずれまで、テクテク歩いたのだが、途中で
何度か汗をぬぐった。


c0128628_22324112.jpg
この町には、2006年晩秋にも訪れたことがある。
そのときは、オーヴァーを着て首をすぼめて歩いた。
c0128628_22305980.jpg

ベルンの町は、町全体がユネスコの世界遺産に登録されている。
道の辻々に噴水があり、そこに精巧な彫刻を施した塔が立っている。
それぞれに何かストーリーがあるらしいのだが・・・
c0128628_22313265.jpg

こちらの噴水は、装飾的ではなくて、昔なら、馬に水を
飲ませたり、旅人の手足を洗うための実用的なもののようだ。
現在も冷たい水がこんこんと湧き出ていた。井戸端にいる
若者はアメリカからの旅行客。


c0128628_22331828.jpg
ベルンの町の特徴的なものは、
Laubenと呼ばれる長い廊下。
廊下と言おうか、
アーケードと言おうか、
その脇に個性的な
店が並んでいる。
雨や雪の日でも
傘をささずに
買い物ができる。





c0128628_22341476.jpg
町のはずれに、
ゴシック式の
大聖堂があった。
その前に
立っていた
噴水塔の彫刻は、
十戒を示している
モーゼの像。











さらにドン突きまで行って橋を渡るとベルンのマスコット、
熊のいる熊公園がある。この日は、暑いので、熊さんは、
みな穴に引っ込んでいた。


c0128628_2235087.jpg

橋付近から
見下ろした路地
と家並み。



町の端から端まで歩いたって、約一時間。こじんまりした
風格のある町だ。帰りは、トラムに乗って10分。
あっという間に駅に戻った。
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-04 22:40 | たび | Comments(12)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-09-04 23:20
一枚目、tamayamさまが飛んでいるように見えますが・・・まさか!
アイガー、メンヒ、ウングフラウ・・・こうした風景なのですね。
昔、登山記に夢中になっていた時代がありました。
Laubenとは日本の雁木ですね。
材質は違っても同じ発想、国は違っても人は同じですね。
井戸も奈良井宿の井戸と同じこと・・・・
Commented by ikutoissyo at 2011-09-05 00:40
お帰りなさい。
旅行記、とってもとっても楽しみです。
アイガー、メンヒ、ユングフラウ、聞き覚えのある山ですが、こんな風に並んでいるのですね。

下から5番目のphotoですが、お花のある建物が、人の顔に見えて仕方がないのですが・・・・。

十戒とモーゼ・・・へぇ~!
Commented by nenemu8921 at 2011-09-05 06:30
おはようございます。山々も湖も、ほんとに美しい。
ベルンの町は町全体が世界遺産ですか。端から端まで歩いて一時間、いいな。
こういう町で生活するのは疲れないでしょうね。私のように方向音痴でも迷子にならない(笑)。
あっ、旅行者も楽ですね(笑)。
ラストの写真。坂道で、両側に車が並んで、運転は緊張しそう…。
歴史そのものが、現代に息づいているのですね。
自販機なんて何処にもないのでしょうね。(^_-)-☆
Commented by aamui at 2011-09-05 07:24
こじんまりした街ベルン行ってみたくなりました スイスは花がいっぱいですね
Commented by tamayam2 at 2011-09-05 08:26
♡ kimiko_shibata1 さん、
>材質は違っても同じ発想、国は違っても人は同じ・・・
本当にそうですね。雁木、奈良井宿の井戸・・・などほど!
冬は寒い土地ですから、こうした雁木道は便利です。
小さい店構えでも有名な宝飾屋さんとか、時計屋さんとか。
見て歩くのに楽しい道でした。パラグライダーは、試したこと
がありません。このなのに乗って、ユングフラウを見るのは
格別でしょう。どうやって降りるのかしら???
Commented by tamayam2 at 2011-09-05 08:36
♡ ikutoissyo さん、
その後お体のお具合はいかが?お庭の昆虫(オトシブミ)
興味深く拝見しました。私も虫が好きなので。人の顔に
見えるのは、見張り番の塔でしょうか。中世には、町は城壁
に囲まれていたのでしょう。ゼラニウムは丈夫な花なのですね。
これは、蔓性のゼラニウムのようです。垂れ下がるタイプね。
Commented by tamayam2 at 2011-09-05 08:44
♡ nenemu8921 さん、
歩いて町を一巡りできる、このサイズの小ささがいいです。
ほんと。チンチン電車も走っているはずなのですが、なんだか、
あちこち工事中で迂回しているようでしたので、やめました。
自分で地図を見ながら歩くのが一番です。そう、縦列駐車は
私、苦手なので、この道は避けたいですね。建物は、外側は
古くでも中は、現代風な生活に耐えうる装備はできているよう
でした。石造りの建物ならではでしょうね。この日は、暑かった
ので、路上の物売りからミネラルウォーターを買いました。
飲み物の自販機はあまり見かけませんね。そう言えば。
Commented by tamayam2 at 2011-09-05 08:50
♡ aamuiさん、
アルプスの山のほうへ行くと、たくさんのハイキングコース
があるようです。赤ちゃんをおんぶして、イヌを連れた若夫婦
がハイキングしていましたよ。ケーブルカーや登山電車など
山の交通機関も発達しているようでした。私は、今回は、
山歩きは計画に入っていないので、調べませんでしたが、
体力があるうちに・・・いつか行ってみたいわね。
Commented by ふく at 2011-09-05 16:16 x
ハイジがお医者様にくんで上げた井戸もこんなでしたでしょう。
つめたくておいしい。馬も山羊も飲む
おかえりなさい、楽しい旅行記満喫してます。
Commented by bella8 at 2011-09-05 21:07
おかえりなさ~~い\(^O^)/
暑かったんですって?
写真では涼しそうに見えますけどね~
どこもかしこもお花でいっぱい!絵になる街ですね。
サポーターのYさんもスイスに2週間程お出かけでしたが、
山の方だったからかしら、涼しかったそうですよ。
最後の坂道写真、構図がいいですね。
どの写真も色が綺麗ね。一眼レフですか?

Commented by tamayam2 at 2011-09-05 22:06
☆ふくさん、
私どもはスイスというと「アルプスの山の少女・ハイジ」
ですね。それと、サウンド・オブ・ミュージックかな。
一般の人の暮らしは、とても堅実で、子供は、兵役が
課せられています。電車で乗り降りするとき、重い荷物
もっていると、若者がさっと駆け寄り荷物を運んでくれました。
(私のおばあさんになったのでね・・・)今週末お目にかかれ
そうですね。
Commented by tamayam2 at 2011-09-05 22:13
♡ bella8 さん、
あまりにも日光が強すぎで、なんだか白飛びしたような
写真ばかりでフィルターを使うべきだったと思っています。
Bellaさんと同じ一眼レフですが、コンデジも使いました。
コンデジのほうがよかったものが多いです。高山の写真
は、なかなかうまく撮れませんでした。スケールが壮大
すぎて・・・。 傘やレインコートを持って行きましたが、全く
使わず。パソコンは、現地の情報を得るのにも役に立ち
ました。帰国したら、台風の影響で空模様が大荒れで、
戸惑っています。ふふふ
<< ヘルシンキからタリンへ 旅のスタートは、スイスから(ス... >>