茉莉花のこと

先日出かけた都立・夢の島熱帯植物園で、ベニマツリという
かわいい花を見ました。マツリ(茉莉)という言葉がつく花には、
いろいろありますが、その元は茉莉花(ジャスミン)です。
花びらがくっついていること(合弁花)、香りがいいと
いうのが共通点でしょう。
c0128628_1229770.jpg

ベニマツリ【紅茉莉 アカネ科 Rondeletia edorata 】

中国茶のジャスミン・ティーに干した花の花びらが入っています。
あれが、茉莉花です。日本語では、マツリカと呼んでいるの
でしょうか。中国語の発音では、モーリーファ。


c0128628_12293844.jpg
私は昔
フィリッピン
に住んで
いたの
ですが、
フィリッピン
では
サンパ
ギータ
(san‐
paguita)

呼ばれて
いて、
国花です。













マニラの中心地、Quiapo教会の前には、たくさんの
善男善女が集まってきますが、サンパギータの美しいレイ
(長い花を編み込んだ鎖状のもの)が売られています。
信者は、そのレイを買って、マリア様の祭壇の前に捧げるの
です。人いきれ、物売りの声、教会から聞こえてくる聖歌・・・
懐かしい風景です。

この花は、夕闇が迫るころになると、花の香がより強く
なるような気がします。ポーチの籐椅子に腰かけて
夕涼みのおしゃべり。その思い出は、いつもサンパギータ
の香りと共にありました。
マツリカ【茉莉花 モクセイ科 Jasminum sanbac】


どなたかの随筆で読んだことがあるのですが、
横浜中華街の茶の専門店で、中国茶を買おうとしていたら、
そこに若いカップルが入ってきて、
「すげぇ! マリファナ茶を売ってるよ!」と叫んでいたそうです。
ジャスミン茶(茉莉花茶)は、マリファナ(marijuana 大麻)とは、
全く別物です(笑)

c0128628_1230474.jpg

先日、出かけた中華街で。焼き栗を売る若い女性。
c0128628_12302650.jpg

船員閣という文字、崎陽軒という文字。なんだか
懐かしい名ですね。  ↓
c0128628_1230443.jpg

by tamayam2 | 2011-08-04 12:16 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by ふく at 2011-08-04 14:42 x
お茶にはなにか思い出させるものがありますね。
というかジャスミンだった。
たそ かれという時分に戸外の揺り椅子に座って
なんと多くのものをただよわせるひとときかな、
とかってに思いましたとさ。
Commented by echalotes at 2011-08-04 17:11
マツリカ、茉莉花・・・漢字で書くとまたいいですね♪
モクセイ科だったんですね。
今日はジャスミンティを飲もうかな。

こちらのお天気、気温、今年は読めません。
でも朝晩は涼しい、寒く感じるときもあるのは確実なので
秋のつもりでいらした方がいいと思います。
6月は前半暑くて猛暑かと言っていたのに、後半はグッと涼しくなり、パリに日本から来ていた友人は、ヒートテックを着たそうです。でも、6月最後の数日は、35度以上になる日もあったり。8月、9月どうなるかな。天気予報より動物たちに聞いた方がいいかもしれませんね。^^
Commented by tamayam2 at 2011-08-04 21:05
♡ ふく さん、
今日は蒸しましたね。いかがですか。
>たそ かれという時分に戸外の揺り椅子に座って・・・
私がフィリッピンでサンパギータの香りを感じたのは、
まさにそういう時刻でした。そのころ、私は赤ん坊を
寝かしつけていて、お手伝いさんは、お米を箕に広げて
なかのゴミや小石を取り除く作業をしていました。フィリッピン
のコメの中には、必ず、小石がまざっているので・・・夕飯後の
大事な作業でしたよ。
Commented by tamayam2 at 2011-08-04 21:08
♡ echalotesさん、
やはり、そうでしたか。東京のこの暑さの中で、セーター
やジャケットの用意をするのは感じが出ないのですが・・・
寒さ対策、考えます。ありがとうございました。今回は、
フランスには行きません。残念です。
<< 元気いっぱいな夏の花々 レンブ >>