蝶の切手をめぐって:今日の切手(13)

昨年まで、このBlogに「今日の切手」というタグがあって
ときどき切手のコレクションの話をしていた。
長らく中断していたが・・・切手帳を見ていたら、
なんだか ・・・☆ヒラメク☆・・・ ものがあった。

昨年8月にドイツ南部Iphofenで見た蝶、または蛾
の名前が知りたかったのだけれども、調べがつかなかった。
(世界的には蝶と蛾は区別しない。この場合は蛾だった。)


c0128628_15245943.jpg
















この未解決生物は、もし翅を開いたら、この下の切手の
蛾ではなかろうか??
c0128628_15301042.jpg

切手の隅には、Russischer  Bar(ロシアの虎)?
そこから手繰っていって、やっと
学名がEuplagia  quadriounctrariaという
蛾の仲間だとわかった。学名がわかれば、あとの検索は
そんなに難しくない。
この蛾は、南ヨーロッパ、トルコ、ロードス島などが
故郷であるようだ。



c0128628_1572982.jpg
チョウは、
裏翅と表翅の色が
全く違うもの、
♀と♂で
色形が
違うもの、
翅を閉じた
ときの形と
全開したとき
の印象が
違うものが
あるから・・・
注意が必要だ。

   写真→
(Wikipediaより)








c0128628_15104259.gif
ブルガリアの切手にも、同じ蛾の切手
があった。
かなり目立つ蛾なのだろうか。
日本にはおそらくいないだろう。






c0128628_15261958.jpg

切手の上部の蝶は、クジャク蝶。こちらは日本でも見ることが
できる。2008年に私が北海道で見たもの。
c0128628_15121996.jpg

切手帳には、先日Upした75円のオオムラサキの切手も
あった。オオムラサキが国蝶に指定され、日本初の蝶の
切手が発行されたのは、1956年。その後、万国郵便連合
の規程により、切手にローマ字、Nipponの表記が
必要になって、1966年に左の切手が再発行された。背景の
色が以前のものより薄目。右は、ギフチョウの切手。
学名にjaponicaがつくから、これも十分に国蝶級だろう。


追記:名前の調べがつかなかった蛾は、ほかのWeb pageによると、
ヒトリガ亜科に属する蛾であるらしい。
[PR]
by tamayam2 | 2011-07-27 15:14 | 日々のできごと | Comments(5)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-28 09:53
素敵なヒラメキに乾杯!という気持ちです。

Nipponの表記については初めて知りました。
ただ、好きなだけで使用済み切手を収集している私とは違ってこうした記事はとてもうれしいです。
オオムラサキ、ギフチョウ、のほかに
66年の切手趣味週刊の蝶と女性のフロフィールのデザインのもの
86年昆虫シリーズのアサギマダラ、コノハチョウ外
08年日本ブラジル交流のもの
30円ベニシジミ 40円モンシロチョウ がありました。

実は私が鳥のウソ、ヤマセミを写すのが課題としている理由の一つが切手とのかかわりなのです。
通常切手というのでしょうか、80円ヤマセミと130円ウソを見たくて・・・・

海外切手のご紹介と豊かな知識の伝達をお願いいたします。

このところ家庭内事情など山歩きができなくなり
看板倒れの「山歩風景」ですが、このようなテーマもあるかと私にもひらめきが・・・・
感謝!
Commented by ikutoissyo at 2011-07-28 19:41
わ~いトンボだ、チョウチョウだと、ただおっかけをしている私にとって、
こちらのでは、学術的なお話がうかがえて、目が覚める思いです。
このクジャク蝶は、先日タテハモドキと勘違いした蝶ですね。

このモダンアートの上着をきた蛾は、羽を広げると、印象が変わりますね。
身近で見てみたいものです。
Commented by tamayam2 at 2011-07-29 06:36
☆kimikoさん、
切手収集と言えば、超古典的な趣味。そんな時代ものの
話題でしたが、おたくも関心がおありのテーマだったようで、
うれしく拝見しました。私も家に来る郵便物の切手をためて
おくだけで、切手商から買ったりしたことはないのです。外国人の
知人が多いので、二代にわたるコレクションは膨大になるばかり。
始末する前に整理して、、、と思っていわば、片づけ仕事のつもり
でやっているのです。あなた様の日本のチョウの切手、私が持って
いないものもあります。ぜひBlogで見せてほしいわ。>切手上で見た
ヤマセミとウソの実物が見たくて・・・そういう好奇心が素敵ですね。
TVや本や絵で見たものの実物を確かめたいという欲望・・・現代の
生活では、失われております。すべてCopyで、なんだか見たつもり
になっています。Copyと現実は違うのに。私の切手コレクションの
楽しみは、切手に描かれたモノのことやその国の諸事情など、
シャーロックホームズさんのように調べることです。幸い、今は
コンピュータがあるので、ずいぶん検索が楽になりました。同好の
友を見つけてうれしいです。
Commented by tamayam2 at 2011-07-29 06:44
☆ikutoissyoさん、
私も2007年のころは、チョウチョというだけで、キャーと
騒いでいて、名前なんかどうでもよかったのです。だんだん
蝶にもいろいろあるんだなぁ~と名前を少しずつ覚えるように
しました。あなたが勘違いしたタテハモドキは、一度見たら
絶対わすれないほどユニークなチョウです。私の過去ログに
あります。http://tamayam2.exblog.jp/15250502
ギョロメのチョウです。蛇の目蝶もギョロメでびっくりですね。
鳥を威嚇して喰われないようにしているのですね。自然は
すべて、modern artsのモデルですよね。この夏、どんな
蝶に会えるか・・・うふふ・・・楽しみですね。
Commented by kanmyougama at 2011-08-03 08:56
PC不調でご無沙汰しました。
綺麗なな調ですね。外国では蝶と蛾を特に区別しないというのが面白いです。
蝶の切手の収集も大変そうですね。

蝶の文様の表と裏・雌と雄の違い・・・・これもまた大変・・・。

雑草菜園にもいろんな蝶がやってきますが眺めて過ごすことが多いです。ごまつくり・サツマイモ・・・いろんな野菜で集まる蝶がち合いますね・・・。
<< レンブ 井の頭線、駒場東大前界隈(2) >>