八千穂高原自然園にて

長野県佐久町と八千穂町が合併して佐久穂町ができた。
日本でも高地を走るJR小海線沿いの町だ。
佐久穂町は、シラカバが自生しているところ
のようで、シラカバの林が美しかった。
c0128628_1737028.jpg

メルヘン街道から国道141号に出る新しい道路
を走っていたら、沿道にナツツバキが植えてあった。
植林したらしく、ナツツバキがどこまでも等間隔に
続き、白い花がこぼれていた。ほとんど通行量のない
道にナツツバキの街路樹!?!
ナツツバキは、暖かい地方に合う樹木だと思うが、
亜高山地帯にわざわざ植林するとは!
奇怪な話だ。
山中に街路樹なぞ植えなくても、自然の樹木が
そのままで美しい景観をつくっているのに・・・。
c0128628_17375293.jpg

さてさて、付近にある八千穂高原自然園は、私の
自然観察の一つのポイント。7月6日の時点で、
白と紅のイチヤクソウがきれいだった。
ベニバナイチヤクソウのほうが多いが、中に、白花の
コバノイチヤクソウも見えた。この小さい花は、半寄生
植物でクヌギ林などにしか生えない貴重な花だ。
右:ベニバナイチヤクソウ【紅花一薬草 イチヤクソウ科 
                        Pyrola incarnata】
左:コバノイチヤクソウ【小葉一薬草  Pyrola alpne】
c0128628_17402471.jpg

休息した四阿で見たダイミョウセセリ【大名セセリ
                 セセリチョウ科 Daimyio tethys】
小さなチョウと馬鹿にしてはいけない。学名にDaimyio
(大名)が目に入らぬか。頭が高い、下がりおろう。
日本で発見されたチョウなのだろう。
c0128628_17414618.jpg

トリアシショウマ【鳥脚升麻 ユキノシタ科
         Astilbe thunbergii var congesta】
学名にあるアスティルベは、米国人が好む園芸植物。

蔓性の香りがよい植物は、タイムの種類らしく虫がたくさん
吸蜜していた。
c0128628_17421057.jpg

イブキジャコウソウ【伊吹麝香草 Thymus
quinquecostatus Celak.】

伊吹山は花の百名山で有名な山。
行ってみたい憧れの山。
c0128628_17423949.jpg

山芍薬(ヤマシャクヤク)も見たが、花はまだ
開いていなかった。シャクヤクが大好きな
ドイツ人の友人が見たら、このような自生のシャクヤクに
目を丸くすることだろう。
by tamayam2 | 2011-07-20 17:44 | たび | Comments(10)
Commented by babakzk9271 at 2011-07-21 07:21
おはようございます
イチヤクソウ白花を一度だけ岡山森林公園で見た事がありますが
ベニバナイチヤクソウは見た事がありませんがどこかで会いたいですね
イブキジャコクソウ咲く場所を知ってるんだけどちょっと遠くて・・・
今年も咲いてるかな?
ここで見せてもらったから 我慢がまん
Commented by sumiko33m at 2011-07-21 09:09
おはようございます!
ベニバナイチヤクソウ、私は今年初めて出会えましたよ。
白も(コバノイチヤクソウ)有るのですね。
山芍薬はまだ出会えていないのです。
山の中で、真白い花を見ると感激するでしょうね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-22 05:36
おはようございます。
ナツツバキ街道ですか!まあ、あきれますね。
蓼科山の雄大な風景には似合いませんね。

ショウマ類はいろいろあって判別が難しく(私には)・・・
アメリカ人には好かれているのですね。
イブキを冠にする花は多いですから行ってみたいですね。
山頂までバスで行けますからまだ大丈夫・・・・
北尾根がいいそうですよ。
ヤマシャクヤク、豪華な花、・・・・感動します。
Commented by echalotes at 2011-07-23 06:24
信州のシラカバ林、美しいですよね・・・
あー、tamayamさんの花の写真を見ていると
小さい植物図鑑を手に山の中を歩いたことを思い出します。
花の百名山も懐かしいな。あの本はどこへやったかな・・・
伊吹山、私も行ってみたくなりました。
ヤマシャクヤクも見てみたい!
日本でも行きたいところは、たくさんあるな~
tamayamさんの写真を見てると、いつもそう思います♪
Commented by tamakipapa at 2011-07-23 08:24
イチヤクソウ、出会ってみたいです。
今年からか、小さな花弁を開花させる植物か好きになりました。
間もなくレンゲショウマでしょうか?

今年の夏は二年連続で行った下田ではなく、山の方へ旅行に行く予定です。
自然を満喫!まではいかないと思いますが、まだ見ぬ花に出会えれば嬉しいかなぁ。
Commented by tamayam2 at 2011-07-23 10:28
☆babakzk9271さん、
イチヤクソウの仲間は、クヌギなどの落ち葉につく菌類に
寄生しているらしく環境がととのわないと生えてこない植物
です。岡山では白が多いのですね。八千穂高原では
紅花が多いようです。こういうかそけき花々を大事にしたい
ですね。やっと生きながらえている感じがします。上高地
でも見たことがあります。
Commented by tamayam2 at 2011-07-23 10:32
☆sumiko33m さん、
シャクヤクは花屋で売っている園芸種のものも、香りが
高くすばらしいものですが、野生種は、めったに見られない
もののようです。高尾山で好事家が話していました。その
時期になると見に行く人が多いって。たいてい山奥にひっそり
ですね。白い花がぱっと開くとどんなに優雅でしょうね。
私のドイツ人の友人は、ボタン・シャクヤクの類が好きで、
日本から苗を輸入して植えていますが、じつは、この野生の
シャクヤクが一番好きなのですよ。
Commented by tamayam2 at 2011-07-23 10:36
☆kimiko_shibata1さん、
鳥脚ショウマだと思い込んでいるのも、もしかしたら、違う
のかもしれません。自信なし・・・とほほ。米国人はアスティルベ
というピンクや白のふわっとしている花が好きらしく、よく庭に
植えています。ご丁寧にJapanise Astilbeなどと書いてあって
日本の植物と誤解(?)されているようです。日本ではあまり
知られていないことですが・・・。ふふ
Commented by tamayam2 at 2011-07-23 10:45
☆echalotes さん、
そちらは、えらく寒いようですね。こちらも台風のせいか
急にすずしくなって、ヨーロッパの夏のような感じですよ。
あなたの定点撮影のひめりんごの木、菜園の写真、楽しみ
に拝見しています。トマトが取れすぎてビン詰めにするなんて、
日本じゃ考えられないぜいたくなことです。日本では今放射能
汚染のことが話題になっていて、米も農作物も魚、肉も安全が
疑われています。疑心暗鬼になってはいけないけれども、どうも
不安ですよ。(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2011-07-23 10:52
☆tamakipapa さん、
そう、もう夏休みなのですね。tamakipapa さんとしては、
今年は山のほうへ家族を連れていらっしゃるのね。いいですね。
蓮華ショウマは東京近辺では、御岳山が有名です。わたしゃ、
まだ見たことはありませんが。こううい小さい花は好きなのですが、
撮影はやっかいです。花が下向きなので、地面すれすれにカメラ
を持っていって・・・なかなあ難問です。私の散歩用ズボンはいつも
膝小僧が真っ黒です。(#^.^#)
<< 井の頭線、駒場東大前界隈(1) 御泉水と汚染水 >>