入笠山の湿原にて

長野県富士見町にある入笠山(にゅうがさやま)、
標高1995mの中腹で、絶滅危惧種のアツモリソウ
栽培されているというニュースを先月、信濃毎日新聞で読んだ。

もともとその一帯に自生していたものだが、近年絶滅に
近い状態になったのを、地元のヴォランティアの方々の
ご尽力により、実験植物園で開花に成功したという内容。

6日、ちょうど国道20号を通ったので、立ち寄ってみる
ことにした。麓からゴンドラに乗って、一気に1730mの
湿原まで登ることができる。
c0128628_440130.jpg

保護された花壇なので、金網越しに見た。
すでに盛りを過ぎたらしく枯れ始めているものもあったが、
10株ほどの釜無ホテイアツモリソウを見ることができた。
アツモリは、日本史、一の谷の戦いで落命した平敦盛の
ことである。
過去ログ: クマガイソウに出会った 2011年5月3日

ゴンドラの窓から八ヶ岳の山々が一望でき、それはそれは
すばらしい景色なのだが、私は、普段はめったに見ること
のできない高木の梢を見下ろすことができて、うれしかった。
c0128628_4411739.jpg

7月の木々の新芽、花、球果・・・珍しい光景だった。
おっ、これは、何だ!? 青いものが見える!


c0128628_4422360.jpg
ぼったりと
厚みのある
枝の
張り方、
十字架と
祭壇に
掲げ
られた
ロウソクの
ような
球果
(松ぼっくり、
雌花)















後で調べてみたら、これは、亜高山地帯に見られる、
アオモリトドマツ、別の名を、オオシラビソ
オオシラビソ【マツ科モミ属 Abies mariesii Mast】
c0128628_4441412.jpg

球果をもっと近くで見てみると、ロウのような樹液が
滲み出ているのが見える。松脂だろう。

ホテイアツモリソウの他に湿原地帯では、夏の花が咲いて
いた。
c0128628_453437.jpg

これは、アヤメ
アヤメの中にちゃかり隠れている
ヒメマダラセセリ(蝶)がご覧になれるでしょうか。
c0128628_4533156.jpg

これは、ハート型の美しい葉。
 クイズ(1)何の若葉でしょうか?
 
c0128628_4535916.jpg

また、こちらは、恐ろしいトゲトゲの若葉。
 クイズ(2)これは何でしょうか?
 解答は、moreをご覧ください。



解答(1)
 おそらく、イカリソウの若葉。
イカリソウ【錨草 メギ科 Epimedium grandiflorum 】

解答(2)
 春先に山菜として名高いタラノキの野生種です。
 食用のものは、栽培種で、トゲが無い種類が選ばれて
 いるそうです。摘み取るときに怪我をしないように。
 タラノキ【ウコギ科 Aralia elata】
by tamayam2 | 2011-07-11 04:54 | たび | Comments(19)
Commented by kanmyougama at 2011-07-11 06:46
なぞなぞ・・・タラの芽・・・は正解出来ました。。
毎年愉しみに収穫しますのね。
どこだったかゴンゴラで見かけたオオシラビソのキュウカを覆いだしました。
この数は尋常ではありませんね。
状態がすばらしくいいのでしょうね。
Commented by ふく at 2011-07-11 09:08 x
青い球果が人に見えました。
高いところから見るとこんな風なのね、
みんなジャージで中学生?などと早合点。
暑い朝ですが、みんなさわやかな色彩でした。
せせりもかわいい。
Commented by babakzk9271 at 2011-07-11 09:19
ヒメマダラセセリ見つけましたよ・・・
いると云われないと気づきません 目を凝らして捜しました。
ハートの葉柔らかそうに見えますがイカリソウの葉ですね
タラノキのトゲ凄いですね いたっい・・・
コメントありがとうございました。
Commented by ikutoissyo at 2011-07-11 13:18
なぞなぞ(1)はイカリソウですね。
我が家でも咲くのです。
(2)は??? 、早春に一度は天ぷらで食べるのに、実態を知りませんでした。
青い球果を遠足にきた生徒さんたちかと・・・。
珍しいものをありがとうございました。

姿の良いアヤメですね。
セセリさん、ホントにちゃっかり。保護色のようですね。
Commented by nenemu8921 at 2011-07-11 13:46
こんにちわ。入傘山って、よく聞くけれど、行ったことなし。
いいところなのですね。
オオシラビソはもう実がついているのですか?
尾瀬では、まだまだでした。
いつも、拝見していて、信州へ行きたくなりました(^_-)-☆
Commented by school-t3 at 2011-07-11 14:22
堪能しました。
自然は不思議がいっぱいですね^^
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-11 15:41
いろいろと楽しみを見つけての山行でしたね。
入笠山のお隣、守屋山にはもう10回以上登っているのですが、
こちらは機会のないまま・・・・
かくれんぼ上手なヒメマダラセセリがいいですね~!
アオモリトドマツ、見事な松ぼっくり軍団ですね。
Commented at 2011-07-11 23:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:04
☆kanmyougama さん、
タラの芽、てんぷらにするとおいしいですね。
お宅で栽培なさっているんでしょうか。棘がたくさん
あって、「俺に近づくな!」と言っているみたいです。
取りすぎると木が枯れてしまうそうです。大事にして
ください。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:07
☆ふくさん、
青いジャージを着ている中学生の集団、たしかに
そう見えますね(笑)この下は、マウンテンバイクの
ルートになっていて、若者が疾走しています。ゴンドラで
上に上がって、一気に下るのです。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:09
☆babakzk9271 さん、
ジャコウアゲハとウマノスズ草のご縁で・・・チョウ友です(笑)
今年は、まだジャコウアゲハに会っていません。会いたいなあ。
あのチョウは動きも緩慢ですし、なんだかとてもノーブル。
美しいですし、蝶の中の貴公子という感じですね。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:12
☆ikutoissyo さん、
お宅にイカリソウがある!?それは、いいですね!
イカリソウは、とても好きな山野草ですが、なかなか
撮影が難しいです。下を向いていて顔が見えないし、
風に揺れて焦点がうまく合わない・・・葉っぱはこんな
やさしい色と形なんですね。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:15
☆nenemu8921さん、
ここは、マウンテンバイクの滑走路もあり、若者に人気が
あるところです。だからちょっとうるさい。スポーツと登山と
植物観察をぜ~んぶ見せたいというのは欲張りですよね。
今度、機会を見つけてお誘いします。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:18
☆school-t3 さん、
植物に興味がなければ見落としてしまうかもしれません。
昔の私だったら、松ぼっくりなんか興味がなかったと思います。
夏は、暑くてイヤですが、花や虫に会えるから・・・いいわね。
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:24
☆kimiko_shibata1 さん、
日光の写真、楽しく拝見しました。私は、守屋山には行ったこと
がありません。今度行ってみましょう。この頃は、ちゃんとした
登山はできなくなり、もっぱら植物観察を兼ねたぶらぶら歩き
です。国道20号をよく通りますので、できるだけ車で高く行って
もらって、それから足を使います(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2011-07-12 05:27
☆鍵コメさん、
滞日中のお忙しいときにお目にかかれてよかったです。
よいお仕事をたくさんなさいましたね。敬服しております。
お宅のBlogにもお訪ねしますね。
Commented by vicolos at 2011-07-15 12:25
ジャージの中学生とか遠足に来た生徒たちとか、皆さんのコメントに大笑いさせてもらいました。
でも、確かに人の集まりのように見えました^^

もう少しUPになったものは、木にとまった森の妖精(小人)みたいに見えます。
いずれにしろ素敵です♪
Commented by tamakipapa at 2011-07-16 09:04
絶滅危惧種、残された数少ないもの。
人間のわがままでその姿を消していくものが多いのでしょう。
私も先日、準絶滅危惧種「アサザ」を目にする機会がありました。
が、昔は水辺に多く育っていたんでしょう。
今は人の力で守り残して行かなくてはならなくなってしまいました。
果たして間に合うのか疑問です。
Commented by kawazukiyoshi at 2011-07-16 15:48
山奥に逃げ込みたい今日の暑さです。
アブラゼミの声が、ジリジリと染みこんでくるようです。
でも
今日もスマイル
<< 御泉水と汚染水 オオムラサキ・センター >>