暗渠の上の小道(ガガイモ科 その4)

豊島区の西はずれ・・・・
昔は、川が流れていたのだろう、今は暗渠(あんきょ)に
なってそこが住民の通り道になっている場所がある。

私は、毎週そこを通ってある場所に行くのだが、その道を
通るのが楽しみだ。公共の通りでありながら、住民がおの
おのが好きな植物を少しずつ持ち寄って植えていたり、
世話をしている。
本当は、違反なのかもしれないが、そこはなんとなく
阿吽の呼吸でだれも文句を言わない。私は、通りすがりに
写真を撮らせていただいているが、それもなんとなく黙認
されている。
c0128628_6385438.jpg

昨日は、大きなカラスアゲハを見た。羽化したばかりなのか、
ひょろひょろと頼りなげに飛び、日蔭にじっと留まっていて
くれたので、コンデジでも撮影できた。
この通りには、トウネズミモチ(モクセイ科)の大木や、
ナツミカン、キンカンなどの柑橘類の木が植えこみに植わっている。
トウネズミの木には、乳白色の花がいっぱいで、チョウやハチが
わんわん群れている。アオスジアゲハのお顔を撮ることができた。


c0128628_6401376.jpg


























しばらく行くと、フウセントウワタの風船のように膨らんだ実
がついている株があった。トウワタの実から種がはぜているもの
も見ることができた。
c0128628_6435362.jpg

c0128628_64543.jpg

これららは、ガガイモ科なのですね。(#^.^#)

鑑賞用に?あるいは、チョウのために?どなたかかこういう植物を
植えてくださっている。
(チョウになり代わり、心から御礼申し上げます。)

c0128628_6453960.jpg

Tamakipapaさんが見たら、また悪い気が起きそうな、
イチジクもそろそろ食べごろです。
下は、キンカンの花です。
c0128628_6464996.jpg

イチジク、ビワ、カキ、キンカン、ナツミカン、ザクロ・・・
戸建ての庭付きの家なら、こんな果樹が庭に植わっていたものですね。
このあたりは、いまは、アパートやマンションばかり立ち並ぶ一角
です。建て替えのとき、要らなくなった果樹がこの道の植え込みに
植えられたのでしょうか。

野鳥やチョウが好む果樹も多いのです。
時代の取り残されたような都会の空間ですが、こういう住宅街の
小道を定点観察するのも楽しみの一つです。
[PR]
by tamayam2 | 2011-07-06 06:49 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented by school-t3 at 2011-07-06 07:04
ずいぶん広い小道?のようですね。
オアシスだ~^^
Commented by tabikiti at 2011-07-06 10:02
チョウやハチがわ群れている場所は
人が居てもきっと気持ちの良い場所でしょうね。

私が通勤している河川敷沿いの人たちも、季節の花や木の手入れして
行きかう人々を楽しませてくれています~^^

Commented by kanmyougama at 2011-07-06 11:10
暗渠の上の小さな小道、向かい合う民家の皆さんが樹木や草花を植えて愉しむ・・・。
暗黙の了解があって迷惑にならないルールで皆で楽しむ・・・・いい雰囲気ですね。
きっと昆虫も鳥たちも安心してやってくる。
tamayam2 さん大好きな定点ですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-07-06 15:00
こんにちは
素敵な小径があるのですね。
阿吽の呼吸、暗黙の了解・・・すてきな日本の心
今の日本に必要な心なのに・・・・
少しずつ遠慮して、少しずつ手をかして・・・・

蝶の好きな植物があって蝶が集まり
昆虫によって植物は運ばれる・・・・・

トウワタがはじけましたね。風に乗って我が家へも来てくれないかしら?
Commented by namiheiii at 2011-07-07 11:46
ガガイモはよく写真に撮りましたがトウワタはまだ見たことがありません。一度見てみたいものです。
Commented by tamakipapa at 2011-07-07 16:11
私が小さい頃住んでいた日本橋浜町にも同じような光景があったと記憶してます。
今では探す方が難しくなりました。
あんなイチジク見せられて「悪い気を起こさない」人がいますかねw
Commented by ikutoissyo at 2011-07-07 19:42
人間は植物と無縁では生きられないのですね。
植物があると蝶も蜂もやってきます。
というものの、我が家へはめったにアゲハはやってきません。
アゲハが好む植物を植えなくちゃ・・・。

tamayam2さんのお住まいの近くに(推測ですが)、娘家族が住んでいます。
我が家は、多摩動物園まで徒歩20分ほどです。
昆虫館がお気に入り、tamayam2さんと同じです。
Commented by 寧夢 at 2011-07-07 22:38 x
何だかずいぶん細い葉のイチジクですね。
うちの実家のイチジクは今が食べ頃、
もう少しふっくらした葉です。
そうですね、早起きしないと鳥の餌のイチジクです・・・。

大阪の町の写り込み写真、沢山アップしました。
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 08:33
☆school-t3 さん、
へっへ、都会のオアシスです。昔のドブ川に蓋をしたの
ですから幅5mぐらいです。それが、住宅地の中をうねうね
とけっこう長く続いています。まだ終点まで行ったことが
ありませんが庶民の暮らしの裏通りを見るような、面白さ
です。(#^.^#)
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 08:38
☆tabikiti さん、
>河川敷沿いの人たちも、季節の花や木の手入れして・・・
川べり、線路沿い・・・決して良い立地条件ではないのだけど、
植物や虫が入り込む隙間があるのですね。雑草が生い茂る
空間・・・そういうところに関心があるので、立派に整備された
公園、庭園では、なんとなく居心地がわるくって・・・(笑)
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 08:49
☆kanmyougamaさん、
都会の生活は、人との付き合いが希薄だと言われますが、
こういう路地裏を歩いていますと、そうでもないなあと
感じます。お年寄りが多いせいかもしれません。
>暗黙の了解があって・・・人々は自然を観察しながら、
道行く人々もさりげなく観察しているようです。
私は、花とチョウしか観察していませんが・・・ふふふ
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 08:53
☆kimiko_shibata1 さん、
>少しずつ遠慮して、少しずつ手をかして・・・・
こういうさりげなさが大事ですね。被災者に対する
ヴォランティア活動も。最近現場に行ってこられた方から
お話を聞きましたが、援助の方法もなかなか難しいもの
だと思いました。トウワタ・・・北米には多いのですが、日本
ではあまり見かけませんね。どうしてここにあるのか不思議
です。
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 09:08
☆namiheiii さん、
アメリカには、庭先ややぶなどでよく見かけるものですが、
日本では、植物園の温室、沖縄でしかみたことがありません。
オオカバマダラの食草と言われていますが・・・東京では
見たことがありません。やhり珍しいものなのでしょう。
このごろの日本の暑さでは栽培可能だと思います。
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 09:14
☆tamakipapa さん、
ははは、このイチジクを見たとき、まっさきにtamakipapa さん
のことが頭に浮かびました。私もちょっと食べて見たかったです
よ。それをしなかったのは、まだ少し理性が残っていたからです。
日本橋浜町・・・昔は、そういう情緒があったところでしょう。
ときどき都内にもちょっとエヤーポケットのように、時代から
取り残されたような場所があります。そういう
路上ウォッチングも(密かな)私の趣味です。
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 09:30
☆ikutoissyo さん、
ウチの近所のYさんというチョウ好きなご婦人が、アゲハの
幼虫を虫かごに入れて飼っておられます。ウチの山椒の葉を
差し上げたら、このほど、めでたくチョウになったので、見せに
来られました。山椒、ミカン科の植木があるだけで、チョウは
確実にきますよ。(笑)娘さんのお宅の近所にチョウがふらふら
している家があれば、それがウチですよ。多摩動物園は大好き
なのですが、ウチからは1時間ぐらい、いつ行っても期待が
裏切られることはありません。私もできることなら、動物園
または、植物園の隣りに住みたいです。旅行に出かけるとき
には、観光地より、動植物園をまずマークしますから(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2011-07-08 09:37
☆寧夢 さん、
そういえば、記憶にあるイチジクの葉はもっと、ごわごわで
ヤツデのように大きい葉でした。栄養状態が悪いのか、こういう
種類なのか???いずれ、鳥のエサになるのでしょう。
この路地には、ホームレスのおじさんが集まってきて、新聞・雑誌
などの仕分けをしていることもあります。そういう方のオヤツに
なるのかも(笑)お嬢さんの撮影風景拝見しました。なかなか
様になっていますね。若い子の感性が写真にも表れています。
われわれ世代と違って、このごろの子供は、ケータイは当然、
デジカメもなんなく使いこなしますね。カメラは、おじさん、おばさん
のおもちゃだけではないのですよね。ふふふ
<< オオムラサキ・センター ハート型の葉 (ガガイモ科その3) >>