六月の終わりに

今年の6月は、3組のお客様を蓼科の別荘にご案内した。
温泉、新緑、BBQを楽しんでもらえ、楽しく過ごせた。
梅雨の天候は不安定だ。空のご機嫌をうかがい
ながら・・・祈るような気持ちだったが・・・なんとか!

それが、昨日から、東京は、急に真夏の太陽が照りつける
夏日になった。
定期的に出かけている豊島区の小道。数週間見ないうちに
夏の花々が咲き、チョウさえ舞っているではないか。
c0128628_1091013.jpg

ネムノキは少し盛りを過ぎているのか、柔らかい綿のような
花をたくさん落としていた。
ネムノキ【合歓木 マメ科 Albizia julibrissin】
c0128628_1094524.jpg

ビワ【枇杷 バラ科 Eriobotrya japonica】
バラ科というのも意外。Japonicaというのも意外。

よく見かける園芸の花、やっと名前がわかった。
c0128628_10111490.jpg

タイワンレンギョウ【台湾連翹 クマツヅラ科 Durantarepens】
モンシロチョウとハチがたくさん群れていた。
クマツヅラ科の植物は、だいがいチョウのお気に入りです。
これも、クマツヅラ科
c0128628_10114950.jpg

ランタナ【七変化 クマツヅラ科 Lantana camera L.】
チョウが大好きな花。今年初めて見たアオスジアゲハ
c0128628_101232100.jpg

ブッドレヤを植えておられる民家がある。
きっとチョウが好きな人ですよ。
ブッドレヤ【フジウツギ科 Buddleja davidii】
学名から見るとハンカチの木のダヴィド神父の発見した木
ですね。西洋でも野原や鉄道線沿いによく見かける雑木。
よく見れば、きっとチョウが群れているのです。

「ここにチョウがいますよ!」と告げているような木です。
ナミアゲハが忙しく飛び交いながら吸蜜していました。
c0128628_10141743.jpg

この花は、シモツケ。さすがに日本的ですね。
シモツケ【下野 バラ科 Spiraea japonica】
[PR]
by tamayam2 | 2011-06-29 10:15 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by ふく at 2011-06-29 10:25 x
ランタナをはじめ植えてみたい花ですが
結構な大木になるんじゃない?
鉢だと水やりがサボれないし。
よそのでがまんがまん。
Commented by tamayam2 at 2011-06-29 11:10
ランタナ、ブッドレヤ、台湾レンギョウ・・・そのほか、
ミカン科の植物、ミント類、スミレ、カタバミ・・・そういう
植物を植えれば、チョウが来ますよ。ランタナは、栽培が
簡単です。大木になる前にこまめに切ってしまえばいい
です。>よそのでがまんがまん・・・これが一番賢明かも。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-06-29 19:27
こんばんは
暑い日が続きます。
我慢ができずクーラーを使用すると腰痛がひどくなり、痛し痒し・・・・
ビワ、シモツケともにバラ科のjaponica
親しみがあります。
枇杷を収穫してコンポートに・・・とおもいましたが、
収穫したところで腰痛発症・・・始末できるかどうか

蝶のように身軽になりなさい、との啓示かも?
tamayam2さまもご自愛ください。
Commented by ueno-panda at 2011-06-29 22:52
“ブッドレヤ”というのですか、茂るようによく咲いている大きな花木(?)ですよね。最初は物珍しかったので花瓶に挿したりしていたのですが、今や、すっかり飽きました。また、“こいつ”かって感じに。名前がわかって良かったです。ありがとうございます。
Commented by tamakipapa at 2011-06-29 23:36
私が今月頭に遭遇した花の名前が「シモツケ」だと分かりました。たぶん、、、
都会で枇杷が実ってるんですね。
私の一番好きな果物です。
瑞々しさと高貴な香りが堪りません。
悪い気が起きそうですw
Commented by 寧夢 at 2011-06-30 06:52 x
職場近くに借りている駐車場に、ランタナ群生。
誰も世話をしているとは思えない、伸び放題。
でも、蝶の姿は見ないですね・・・。

温暖化のせいか実家の庭では蝶の姿が見えるのが早い?
というか、見える蝶の種類が変わってきたような気が。
Commented by ikutoissyo at 2011-06-30 08:02
そういえば、多摩動物園の昆虫館では一年中ランタナを咲かせています。
蝶の好きなお花なのですね。

合歓の花には、祖母との思い出があるのですが、なかなか見かけません。

今日も暑くなりそうです。
デパートもあまり涼しくないので、避難場所がありません。
こんな時、冷たいびわはご馳走ですね。
Commented by tamayam2 at 2011-06-30 16:18
☆kimiko_shibata1 さん、
その後腰痛はいかがですか?どこでも痛いところが
一か所あれば辛いですね。この湿気の停滞しているような
気候のせいでしょう。お大事になさってください。
そう、チョウのように身軽になりたいわね。
Commented by tamayam2 at 2011-06-30 16:29
☆ueno-panda さん、
ははは、「こいつ!」と物珍しがらなくなったのですね。
ドイツじゃ、空き地や鉄道線路沿いなどに腐るほど咲いて
います。私も始めは、花瓶にさしたりしていましたが、その内
チョウが来る木とわかってまた再認識いたしました。西洋では
チョウは貴重ですからね。世界遺産の修道院、楽しく拝見。
私は、残念ながら、行ったことはありません。ドイツ国内の
世界遺産の場所をかなり制覇したと思ったのですが。車を
運転しなかったので・・・鉄道のアクセスのよいところだけ
でした(笑)
Commented by tamayam2 at 2011-06-30 16:32
☆tamakipapaさん、
ははは>悪い気が起こりそうでしょう?ここは、天下の公道
で、持ち主はいないと思いますよ。たわわになっていました。
昔は、イチジク、ビワ、カキなどは、果物屋で売っているような
ものではなかったですよね。私もビワ大好き。あの種がもう少し
小さいとよいのだけど。
Commented by tamayam2 at 2011-06-30 16:41
☆寧夢さん、
ランタナはやたらと強いですよ。だれも世話をしなくても
空き地でたくましく伸びます。チョウの生態はいつもミステリアス。
ウチの山椒にもあまりチョウが来ません。ネズミモチには
たくさんきますが、どうしてなのかしら?
Commented by tamayam2 at 2011-06-30 16:47
☆ikutoissyo さん、
多摩動物園のチョウ館は、私の大好きなところです。
あそこに植えてある植物は、間違いなくチョウの食草ですね。
ガガイモ科とかクマツヅラ科など関心があるのは、すべて
チョウの食草だからです。ネムの木も都会ではあまり見かけ
ませんね。西表島(沖縄の近く)でたくさん見かけました。
やはり南洋の植物なのでしょう。
<< トウワタの仲間(ガガイモ科 その2) 6月の森 >>