西東京市の演習林

6月に入り蒸し暑い日が数日あった。そして、
いまは大雨が降り始めています。
先週、都会で見かけた6月の樹木たち。

東京の西の方に西東京市、という名前の市が
あります。え?何?と思われるかもしれませんが、
にしとうきょうしと読みます。田無市と保谷市が
合併してできました。確かに東京の西の方に
位置していることはその通りなのですが、なんとなく命名した人の
気負いが感じられておかしいです。

北口に東大農業演習林があるというので、行ってきた
のですが、森林の奥には入れず、途中まで入ることが
できました。
c0128628_228873.jpg

光が透けた新緑の美しいこと!
ハクモクレン【モクレン科 Magnolia heptapeta】
c0128628_2283394.jpg

ミツバウツギ【三つ葉空木 ミツバウツギ科 
               Staphylea bumalda】
実がふうせんのように膨らんでいて、ハート形。
c0128628_2292367.jpg

ケムリノキ【煙の木 ウルシ科 Cotinus coggygria】
最近人気があるらしく、公園などにも植えられている。
細かい花が集合しているのだが、けむりのように見える。
c0128628_2294338.jpg

クワ【桑 クワ科 Morus bombycis】
演習林の脇に植わっていたが、昔、養蚕がさかんな土地
では、よく見かけた。
c0128628_22101830.jpg

アジサイに止まったアゲハ。
アジサイ【紫陽花 ユキノシタ科 
Hydrengea macrophylla】
アジサイの葉は有毒なので、料理の盛り付けなどに
使わないようにね。ササやモミジならいいですね。

c0128628_2211064.jpg

トホシテントウ【十星天道 テントウムシ科
                 Epilachna admirabilis】
じゃないかと思うのですが、点々がいくつあるか・・・?
よくわからない。

一雨ごとに緑が濃くなっていく。まだやぶ蚊も出て
おらず、こうした何も無い演習林の中を歩くのは、
けっこう愉快でした。
by tamayam2 | 2011-06-05 22:14 | 日々のできごと | Comments(20)
Commented by aamui at 2011-06-05 22:24
マヤさんも桑の実食べた事ありますか?私は良い思い出があるのです 口を紫色にして木に登って食べていたのよ その木が家の花壇に飛んできて 3年目で今年実がなっていたの\(^ ^)/ 嬉しかったです
Commented by echalotes at 2011-06-05 22:49
わー、とっても懐かしいです。近くに住んでいたので、何回か行きました。小さいサイロもありましたよね。
桑の木、小さい頃住んでいた家の裏にも生えていて、ふた夏くらい蚕を飼った覚えがあります。
濃くなっていく緑、いいですね。
紫陽花の葉は有毒なんですね。知りませんでした。
こちらのタイサンボク、上のほうと地面に近いところに咲いてました。写真は、ボケてしまったので、また近いうちに撮ってきますね。蕾もいっぱいありました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-06-05 23:19
保谷市に友人がおりまして西東京市、知っていました。
こちらの演習林は存じておらず、次回 散歩してみたいです。
ケムリノキ、今年知った木です。
ウルシ科と聞き、こうしたモヤモヤでなんとなくかゆくなる思いです。
(麦秋に反応してアレルギーがでるのでなおさら・・・)
桑の実、群馬では「ドドメ」と言いまして子供たちが口の周りや衣服を染めて食べたものです。
桑の木が少なくなって懐かしい一枚です。
Commented by tamakipapa at 2011-06-06 00:57
梅雨独特のジトジトした雨にはまだですかね。
私はこの時期が一番苦手、というか苦痛なんですが、空梅雨だと野菜への影響も心配になるし、電力不足に続き水不足なんて事にならないとも限りませんから、、、我慢も必要です。
昆虫、植物も一雨毎に活力を増しているようですね。
Commented by tamayam2 at 2011-06-06 04:45
☆ aamuiさん、
aamuiさんが木登りして桑の実を食べている姿、なんとなく
想像できます。お転婆な少女だったのでしょ?私も奈良県
の田舎に住んでいたころ、記憶があります。昔は、おやつと
言ってもそんなものだったのですね。都会にもちょっとした
空間に、あっ、桑の木だ・・・と見つけることがあります。今は、
あまり顧みられることが少ないので、気の毒です。そう、お宅の
ベランダに飛んできたのね。きっと鳥が運んでくれたのでしょう。
Commented by tamayam2 at 2011-06-06 04:51
☆ echalotesさん、
タイザンボクが低い位置で咲いているとは、すてきですね。
香りがいいでしょ?お父上の散歩コースだったかもしれません
ね。この演習場は取り潰しの危機にあったと聞いています。
団地か何かにしちゃったら、もう自然は取り戻せませんね。
中の建物は、昭和初期に建てられたと思われるほど、古びて
捨て置かれていました。なんだか、東大はお金が無いような
印象でしたよ。でも自然はすばらしいです。桑の実、蚕・・・
懐かしい思い出につながりますね。
Commented by tamayam2 at 2011-06-06 04:59
☆ kimiko_shibata1さん、
ウルシ科とはちょっと意外ですね。なんだかおもしろい木です。
西洋にはよく庭木になっていますが、ちょっとエキゾティックです。
葉が赤っぽくてきれいでした。群馬県では、かつては桑の木は
どこでも見られたのでしょう。青々とした葉を見ると、お蚕さまに
上げたくなります・・・。このごろのDNAによる分類でしたら、別の
科に属するかもしれません。植物の分類も従来とは違うことが
あります。アジサイは、アジサイ科ではなくて、ユキノシタ科ですって。
Commented by tamayam2 at 2011-06-06 05:04
☆tamakipapaさん、
梅雨の時期は、日本特有ですね。外国人も苦手という人が
多いです。日本は四季があるのではなく、五季と言っても
よいかもしれません。西洋では、6月はバラの咲き乱れる一年
で一番よい季節。卒業式、結婚式にシーズンです。ま、瑞穂の国
の日本では、こういう梅雨があるからこそ、稲がよく育つのです
ね。今年の夏は・・・暑かったら節電ですから、大変ですね。
私は、暑さに弱いので、今からちょっと心配しています。(笑)
Commented by ueno-panda at 2011-06-06 06:10
ここ、わたしも知ってます。
うちから結構近いのです。
時々、前を通りがかります。
桑の実、見たい(まだ、見たことがない)ので、私も今度立ち入ってみたいと思います。

下記、”亀の散歩”楽しそうですね~
よろしければ、リンクを貼らせてくださいませんか?
ueno-panda
Commented by tamayam2 at 2011-06-06 08:13
☆ueno-pandaさん、
初めまして。お宅のBlogでBurgdorfという文字が目に留まり
お邪魔させていただきました。友人がそこに住んでいますので、
以前に訪ねたことがあります。ペスタロッチのこともそのとき
知りました。4年ほど前ドイツに住んでいたことがあるので、
そのとき、バーゼル、ベルンなど訪ねました。このBlogでは、
植物を中心にした身辺雑記ですが、よろしかったら、どうぞ。
ドイツのことは、リンクにある「ケルン便りその2 」に載せてあり
ます。
Commented by kanmyougama at 2011-06-06 09:33
さすがにこの季節です・・・若葉の緑がみずみずしい。
なかには懐かしいのが見られます・
クワ・・・農家でしたので戦後まもなくまで養蚕がありました。
クワの実も口にしました。
今だったらジャムになるでしょね。
皮をむいて繊維に・・・気はお風呂の薪・・・。
長閑でした。時間もゆったり流れて・・・。
郷愁でしょうか・・・・。
Commented by ikutoissyo at 2011-06-06 12:38
新緑が美しいですね。
西東京市の命名に、外野の私などは、びっくりしたり、感心したりでした。
演習林のことは初めて知りました。
自然教育園(目黒)のような感じですか。

小学校の頃、蚕をかったことがありますが、桑の実は見たことがありません。
桑の実が出てくる歌がありましたね。あ~~、思い出せません。
Commented at 2011-06-06 15:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-06-07 06:48
☆kanmyougamaさん、
昔は、家の間近に桑の木がありました。日本は、養蚕業で
栄えた国だったのですよ、その昔には。先月富岡製糸工場跡
に出かけました。日本は、富国強兵政策で絹糸をフランスに
輸出し、フランスはリヨンで緞帳や絨毯を織っていたそうです。
Commented by tamayam2 at 2011-06-07 06:55
☆ikutoissyoさん、
演習林は、自然教育園のように一般の人歓迎というところ
ではなく、ま、来たかったら、見てもよろしい、というような
素っ気無いところです。桑の実が出てくる懐かしい歌は、
赤とんぼですね。♪~山の畑の桑の実を、小籠に摘んだは、
何時の日か~♪ こういう童謡、なつかしいです。いま小学校
などで、教えないんですって?もったいないことです。日本人
の共有できる文化的財産ですのに・・・
Commented by tamayam2 at 2011-06-07 06:55
カギコメさん、
どうぞよろしくお付き合いくださいね!
Commented by ふく at 2011-06-07 11:43 x
栃木出身の母からプールの後
どどめ色の唇といわれたことがあります。
10日に退院と決まりました。
Commented by tamayam2 at 2011-06-09 00:41
☆ふくさん、
M子さん、ご退院ですね。よかったですね。
>どどめ色・・・って、私も聞いたことがある言葉です。
方言なのかしら?
桑の実を食べた後の唇もそんな色でしょうか。
くれぐれもお大事に。
Commented at 2011-06-12 15:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-06-12 20:29
かぎこめ様、
コメントありがとうございました。私も不思議なご縁を
ありがたく、幸せに感じております。今後ともどうぞよろしく。
<< 入梅時の同窓会 犬もあるけば・・・ >>