♪~ 春の小川はサラサラ行くよ

もう一月ほど前になるが、大宮の鉄道博物館に
行った帰りに、武蔵野線東浦和という駅に下車して
広大な見沼田んぼ の一部を歩いてみた。
c0128628_8413424.jpg

浦和周辺には、浦和のほかに北浦和、南浦和、西浦和、
東浦和・・・と浦和がつく地名が4つもあって、
まぎらわしいったらありゃしない。
(まだ他にもあるらしい。こんな工夫のない地名の
付け方はなんとかならないものかしら?)

な~んにもない普通の農村風景なのだが、なんだか
懐かしく、あらっ! ツクシ、ヨモギ!
都会ではほとんど見られなくなったこういう野草に
感動してしまった。

♪~ 春の小川はサラサラ行くよ・・・・
が思わず口から出てきてしまった。
c0128628_8422410.jpg

土手がうっすら紫色にそまっている。
あれは、ハナダイコン、またの名を諸葛菜(ショカツサイ

静かに小川が流れ、河原には、カモ、ヤマバトが
のこのこと歩いていた。

帰りは、埼玉高速鉄道に乗って、地下鉄南北線経由で
四谷へ。浦和美園という駅が南北線の終点とは知って
いたが、埼玉県が近くなった感じでうれしくなった。

先回の白い花に続いて、青い花二つも記録に残しておこう。
c0128628_8425840.jpg

タツナミソウ【立浪草 シソ科 Scutellaria indica】
c0128628_8431947.jpg

セリバヒエンソウ【芹葉飛燕草 Delphnium anthriscifolium】
by tamayam2 | 2011-04-27 08:45 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by tabikiti at 2011-04-27 10:38
♪~岸のすみれや、れんげの花に~♪
故郷の安田川を思い出しました^^
Commented by kanmyougama at 2011-04-27 16:09
1・2の画像のんびりした気分に成りますね。
水も温んで、小鮒等とって遊んだ故郷の川を思い出します。
そんな遊べる小川はなくなりました。
小川には最近幾らか魚の種類が復活しているようですが海老・コエビは見かけないようですね。
Commented by ふく at 2011-04-27 23:26 x
ひえんそうの響きが好きです。
オダマキににてるの?
葉っぱがせりなのね。
Commented by vicolos at 2011-04-28 15:20
大宮の鉄道博物館へは、オープンの年に息子を連れて行っています。実家からだったから、やはり武蔵野線を使って・・・でも途中下車のアイデアは露程も湧かなかったなぁ。
その見沼田んぼは有名なのですか?
それから武蔵浦和ってのもありましたね~。
Commented by tamayam2 at 2011-04-30 22:01
☆ tabikitiつぁん、
まあ!私が上の句を歌ったら、下の句を歌ってくださった。
ありがとうございます。こういう童謡は日本人だれでも知って
いて、本当にいいものですね。近頃では、幼稚園などで
童謡を教えないらしく、子どもとも歌える歌が少なくなりました。
Commented by tamayam2 at 2011-04-30 22:09
☆ kanmyougamaさん、
みんな川で遊んだ思い出があるのですね。
>小鮒、海老・コエビ・・・そんな生き物が住んでいる川・・・
なかなか無いでしょうね。水がきれいな流れはめったに
見ませんもの。先ごろ見た池では、水澄まし、ガマを
見ました。今度の原発事故でも思うことなのですが、水が
きれいで、飲めるということがどんなにありがたいことか、
水を汚してはいけないとつくづく思います。
Commented by tamayam2 at 2011-04-30 22:12
☆ふくさん、
はい、セリバという接頭語が付く植物は他にもあって、セリの
葉に似ているんですわ。ツバメが飛ぶ姿に似ている・・・という
連想で飛燕草。大変小さい花で、直径1.5cmほど。オダマキ
の半分ぐらいです。
Commented by tamayam2 at 2011-04-30 22:25
☆vicolosさん、
息子さんと鉄道博物館にお出でになったのね。私も息子
が幼稚園生のころ、万世橋の近くにあった旧鉄道博物館
に行ったものです。そのおかげで私自身も”鉄子”的になり
ました。見沼田んぼは、将軍吉宗時代に開発された広大な
田んぼで、今は大事な緑地として保護されているようです。
春先に歩いてみたいと思っておりました。ほんの一部をかすった
程度ですが、1万歩ぐらいは歩いたと思います。そうそう、武蔵浦和
というのもありましたね〔笑〕
Commented by 寧夢 at 2011-05-01 11:09 x
諸葛菜・・・思わず三国志に関係あるのかと調べてしまいました。
(諸葛孔明は憧れの人物の一人ですから・・・笑)
花大根という名前は知っていたのですが・・・。

さて、実家ではほうれん草が背丈近くになってきました。
最近のほうれん草は木立性?
収穫はかがまなくて楽かもしれないけれど、
その葉の大きさに大きさにびっくりしています。
(柔らかくて美味しいです)
Commented by tamayam2 at 2011-05-02 10:52
☆寧夢さん、
連休ですね。お家でゆっくり休めますね。あなた様が
諸葛孔明がお好きとは!この花は、食用にもなるらしく
諸葛孔明が栽培を推奨したとか・・・。私が海外から帰って
きたら、この花が雑草のように咲いていました。30年ほど前
ですかね。それまでは見たこともなかったのです驚きました。
東京中央線の市谷~水道橋あたりの土手が紫色に染まって
いてとても美しいです。いざとなれば食用になるのなら、あり
がたい植物かもね。ほうれん草が家でできるなんてうらやましい
です。日本人って、緑の菜っ葉がないと落ち着きませんね。
緑の菜っ葉を食べれば元気が沸いてくるようです。(*^v^*)ニコッ♪
<< シラネアオイに出会った 白い花 二つ >>