イースターのころ

あさって、4月24日はキリスト教では、復活祭です。
英語では、イースター(Easter)。

日本では、なじみが薄いでしょうが、キリスト教では、
クリスマスに次いで大事な祝日です。
普通は、3月末~4月初旬なのですが、
今年は例外的に4月後半になり、近年では最も遅い
イースターです。

西洋の移動祝日は、我々には理解しづらいものですが、
イースターは、春分の日の後の満月から数えて初めての
日曜日・・・とそんなふうに天文の法則に従って決める
のだそうです。
c0128628_0413569.jpg

先月訪問したパリ、ノートルダム大聖堂で見たバラ窓。
中世のころは、文盲も多かったのでしょう、キリストの
生涯や神の教えを教えるのに、たくさんのステンドグラス
が使われました。天井の高い、こうした伽藍の中に
身をおきますと、人生の短さ、はかなさが
じわっ~と伝わってきて、自然に頭を垂れ、手を合わせ
たくなってしまうのです。
c0128628_0421656.jpg

イースターが近づくと、町のショーウィンドーも、
復活祭一色になります。やはり、卵とウサギが
イースターの主役。ものみな無から生まれ、生命を
得て育ちゆくイメージが、イースター・エッグなの
でしょう。
きれいに彩色された卵にリボンをつけて、
ネコヤナギやレンギョウの小枝にぶら下げたりします。
c0128628_0454413.jpg

多産系のウサギもイースターには、つきものです。
ピョン、ピョン跳ねて、元気がよいことも
春の躍動感を表しているのでしょうか。
c0128628_0435023.jpg

これは、南ドイツの町でみたVilleroy & Bochという
高級陶器の専門店。やわらかい早春の色づかいと卵のある食卓。
c0128628_0441267.jpg

パリの花屋の店先で見たチューリップの花束。
わりに小ぶりなチューリップがバサッと大量に
ガラス器に生けてあったりすると、そこがパッと
華やいでいいものですね。

辛いこと、困難なことが多い日本ですが、春から
夏の移ろいの中で、自然の生命力を感じながら
過ごせるのはありがたいことです。
by tamayam2 | 2011-04-23 00:48 | たび | Comments(10)
Commented by 寧夢 at 2011-04-23 06:57 x
何度もヨーロッパに行きながら、イースターの頃を知りません。
素敵写真の数々、ありがとうございます。
とんと縁遠くなった海外旅行、巡礼、
幼い頃教会から頂いたイースターエッグ、
思い出は尽きません。

もっとも、安穏と思い出に浸ることができる日常に、
感謝しなくてはならないでしょうね。
Commented by kanmyougama at 2011-04-23 12:22
イースターがk呈された暦上の日でなくって移動しているというのを最近知りました。今年は遅いほうなのだとか。
卵もウサギの豊穣のシンボルというのも面白いと思っています。
このバラ窓息を呑むような・・・立派なものでした・・・・
協会の薄暗い雰囲気は独特ですね。
自然のあるがままの姿と欲張らない心豊かな日々でいいのです。
感謝の気持ちを持ちたい。
Commented by やく at 2011-04-23 14:13 x
いつもの年なら、日本でもイースターは話題にされるのに、今年はいろんなことがどっかにすっ飛んでしまってますね。
身内のことで手いっぱいというところでしょうか。
それでも、この美しさを目にすると、心がなごみます。
色とりどりのブーケが愛らしいですね。

Commented by アンデレ at 2011-04-23 17:55 x
ハッピーイースター。明日は復活日を迎えますね。この日ばかりはどこの教会もクリスマス聖餐式と同じように多くの信徒サンであふれます。私はクリスマスよりイースターのほうが大事だと思っています。イエスの十字架の死と復活がキリスト教の原点だと考えていますから。クリスマスはメリークリスマスと言いますがイースターはハッピーイースターですね。どんないわれがあるのですか?
またアメリカなどでは現代でも派手なおしゃれをしてのイースターパレードなどがこの日に行われているのですか?教えてください。
Commented by tamayam2 at 2011-04-24 00:30
☆ 寧夢 さん、
しばらく 寧夢 さんの声を聞かない気たしていました。
さっそくFestina Lenteを遡って拝読しました。お誕生日
おめでとうございました。東京の外国人が大阪方面へ移動
したとか・・・風のたよりに聞きますが、空気が変わったかしら。
まだまだ余震がありますが、ま、静観します。本当に
被災した方々のことを思うと、こうした旅の追憶などを
書き連ねている日常を感謝しないといけませんね。
お元気で!
Commented by tamayam2 at 2011-04-24 00:38
☆ kanmyougamaさん、
西洋を旅していて、最も困ることは、クリスマス、イースターに
たまたま出っくわしてしまったとき。店はやっていないし、レス
トランも開いていないこともある。キリスト教関連の祝日は町の
機能がストップしてしまいますから、異邦人はあわてます。
新大陸は商売熱心ですから何とかなりますが、パリやドイツの
町々では困りますね。このごろ東京では、節電のために暗くして
いる場所が多いですが、その感じはどことなく欧州風。少々の
不便、少々の薄暗さは、わるくないです。足るを知る精神、歓迎
です。
Commented by tamayam2 at 2011-04-24 00:44
☆ やく さん、
こういうイースター・エッグ、バニーを見ると、ああ、春が来た、
という感じになりますね。日本人のサクラみたいなもんでしょう。
西欧人は、若草色と黄色、色つきの卵、ウサギ、ひよこ等に
強く反応しますよ(*^.^*)ヨーロッパの冬は、長く、冷たく、
暗く・・・・おまけに雨や雪が多いし。Happy Easter!
Commented by tamayam2 at 2011-04-24 00:53
☆アンデレ さん、
いい復活祭の日をお過ごしくださいね。今度の復活祭は
遅かったので、その分Lentが長かったように感じます。
それに大震災という未曾有の天災に見舞われましたし・・・
人間のおごりを指摘されるような原発事故も・・・
東京はまだまだ余震が続いていますが、だんだん
前向きになってきています。こういうときには、祈る
しかありませんね。新大陸では、Easter Hatと言って
ご婦人方が造花をつけた帽子をかぶって教会に行く
習慣があって(女性たちのファッションが華やいで)
ああ春が来たなあと思うことがあるようです。パレードは
しないと思いますけど。なにはともあれ、Happy Easter!
Commented by aamui at 2011-04-24 07:38
何時も新鮮な写真が嬉しいです オレンジの紙の花束素敵!
Commented by tamayam2 at 2011-04-24 19:51
☆aamuiさん、
イースターのカードをありがとう!春先は、やはりきれいな
色ですね。花のディスプレイのやり方もちょっとおフランス風
でしょ?
<< 二つのノートルダム寺院 ハンカチの木を見つけたのは誰? >>