ハンカチの木を見つけたのは誰?

東京都公園協会という団体が、面白い展示会と講演会
を企画している。題して、
「ハンカチノキを見つけたのは誰?
――プラント・ハンターの活躍と植物園――

4月1日~5月26日まで 於:日比谷公園
地下鉄車内でポスターを見て、14日、さっそく
出かけてきました。


c0128628_7154316.jpg
中国四川省で
ハンカチの木を
見つけたA.David
というカトリックの
神父様は、

また、
パンダの発見者
でもある。




19世紀、西洋ではプラント・ハンターと言われる人
たちがいて、東洋のめずらしい動植物に魅了された。
西洋の寒冷な地には見られない色、形、豊富な種類の
自然に接して、どんなに興奮したか・・・・彼らの
知的好奇心は、やがて日本人の蘭学者、本草学者たちを
刺激し、日本の生物学研究を大いに前進させた。
過去ログ:ハンカチの木はここ。

この展覧会に関心のおありの方はこちらに。
c0128628_7182445.jpg

日比谷公園を斜めに横切って、地下鉄で大手町へ。
東御苑にちょっと立ち寄ってみた。
あんれ!まぁ~、
大手門の外壁の白い漆喰がはがれているではないか!
おいたわしいや。
3月11日の地震の被害がこんなところにも。


c0128628_7195970.jpg























この日見たジュウニヒトエ。平安時代のお姫様が
お召しになった十二単、何層にも重った着物ですね。
とてもみやびな名前です。
c0128628_7204794.jpg

ジュウニヒトエ【十二単 シソ科キランソウ属 Ajuga nipponensis
石垣の割れ目に、キランソウ。ジュウニヒトエと同じ
シソ科です。4月11日のエントリーでご紹介しました。
c0128628_721429.jpg

東御苑の草地の中には、ツクシ、タチツボスミレ、
キイチゴの花が見られました。珍しく思ったのは、
カンアオイの種類でしょうか。根もとに2つ目立たない
花をつけていました。チョウの食草です。


c0128628_7214730.jpg






















カンアオイ【寒葵 ウマノスズクサ科Kooyanum var .nipponicum
ジュウニヒトエと同様に、学名にnippon が付いて
いるので、日本の固有種でしょう。この日は、二つの
固有種を東御苑で見られれて幸せでした。
c0128628_722404.jpg

お城の石垣は、磐石で江戸時代からずっとこの地
で世の中の移り変わりを眺めてきたのでしょう。
色々な種類のサクラが咲いていましたが、いつもは多い
外国人の姿はありませんでした。
by tamayam2 | 2011-04-20 07:25 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by vicolos at 2011-04-20 09:48
十二単衣かぁ、上手にネーミングしてあるなぁ、って感心しきり。
青い方は大きく見えるが、うす紫の方をみると実際の大きさはぺんぺん草の花ぐらいなのでしょうか?
昔はこんなのが野にたくさん咲いていたのかしらねぇ。なんとも羨ましい!
Commented by tabikiti at 2011-04-20 12:53
昨日葉桜の下で
咲いていた紫の花の名前が分からず 写真も撮れずにいたのですが

ジュウニヒトエ 
でした~ ('-'*)アリガト♪

おいたわしいや
懐かしいお言葉
近頃とんと聞きませぬ~^^

Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-20 19:48
キャ~、残念!この記事を拝見してから上京すればよかった!
面白い企画があったのですね!
ちょっと用事ができまして上京してきました。
新宿御苑で花見を・・・
東御苑へは体力不足で・・・・
近頃はハシゴができなくなりました。
日本固有種が見られてよかったですね。
Commented by tamayam2 at 2011-04-21 06:20
☆ vicolosさん、
日本人は、見たままを何かに形容して命名
するのが上手ですね。ジュウニヒトエとはよく観察
していますね。きれいな響き。昔から道端にあった
ものですが、最近は、あまり見かけないわね。
東御苑には、自然のままに残された緑地が一部に
ありそこが野草の宝庫です。昭和天皇のご遺志だ
と聞いていますが、そのままに、そのままに・・・・
残してくださっています。
Commented by tamayam2 at 2011-04-21 06:22
☆ tabikitiつぁん、
お城の石垣の割れ目に生えたキランソウを見て、
あっ、これは、「生まれた場所に咲く」シリーズだ!
と膝を打ちましたよ。昔風の言葉が、ゆかしく、好き
です。あなたのBlogに出てくるお国なまりの言葉も
いいですね。大切にしたいです。
Commented by tamayam2 at 2011-04-21 06:26
☆ kimiko_shibata1さん、
わたしもこのごろはハシゴができなくなりました。
どこかに行ったついでにちょっと足を伸ばすだけ
で精一杯です。春先は、眼が離せませんね、刻一刻
自然は留まってくれませんから・・・私一人で回ること
ができないけれども、Blog仲間があちこちからの情報
を伝えてくださるから・・・ありがたいことです。
Commented by namiheiii at 2011-04-22 16:21
東御苑は皇居だけあって何でもあるのですね。いくつかは拙宅の近くの林でも見つけることが出来ます。TBさせていただきました。
Commented by tamayam2 at 2011-04-23 01:17
☆ namiheiiiさん、
東京のド真ん中にこうした野草が生きられる空間がある
というのは、都民として本当に幸せなことです。あまり
管理しすぎないで・・・と思いながら歩きます。TBをいた
だきまして、ありがとうございました。和名には、ときどき
ドッキリするような命名がありますね。日本人は、昔
から言葉で空想の世界に遊ぶのがすきなんでしょう。
Commented at 2011-10-06 12:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-08 10:42
♡ HKHSSさん、
十二単は、なかなか写実的な命名だと思いますよ。
花が十二層に重なって見えるから。でも、海外で、ゲイシャ、キモノ
などの命名を見るとなんだかがっかりしますよね。ものごとを
深く知らないと、どうしてもそういう紋切型になってしまうのでしょう。
ドイツにいたとき、ハンバーグステーキは、ハンブルグ。
ソーセージは、フランクフルト・ソーセージと日本人が思って
いるらしく関連の質問を受けて苦笑してしまいましたが・・・。
そういうことをきっかけに正しい情報を伝える会話ができれば
いいですが。
<< イースターのころ 木琴の音色 >>