スプリング・エフェメラル

早春の一時期、ぱっと出現して、春がたけなわになる
ころには、すっかり姿を消してしまうような、はかない
命の植物のことを、スプリング・エフェメラル(spring
ephemeral)、別のことばでは、早春植物とも呼ぶ。
c0128628_2152979.jpg

今日4日、八王子市でいくつかのそういう植物を見た。
そういう植物がわぁ~と、山の斜面を埋めていた。
c0128628_2173533.jpg

カタクリ、コミマカタバミ、キクザキイチゲ、
ミスミソウとか、スハマソウとか呼ばれる、葉が肝臓の
形に似た植物。私は、海外でAnemone Hepatica と
教えられた。
Hepaticaは、肝臓のことである。
てかりのある葉は、カタクリの葉と同様に、黒っぽい
斑が入ることもある。


c0128628_218402.jpg























とても、とても小さい植物もあるので、ひざまずいて
撮影したが、光量のコントロールがうまくいかなかった。
図鑑でしかみたことのないような山野草が急に目に飛び込んで
きたものだから、なんだか興奮して焦ってしまった(汗)
c0128628_21111783.jpg

c0128628_2192742.jpg

今日は、北風の吹く寒い日だったが、日差しはすでに相当に
強かったのだ。
c0128628_2194638.jpg

中央線の車窓から見たサクラは、もう2分咲き、
3分咲きだった。今週末あたりに満開になるかしら・・・。

夕方にまた数回、余震があった。
by tamayam2 | 2011-04-04 21:16 | 日々のできごと | Comments(18)
Commented by ふく at 2011-04-04 21:24 x
いろもかたちもいちどはみたいものばかり。
いまのきもちにそっとよりそってくれそうな早春植物ですね。
Commented by nick-1 at 2011-04-04 21:32
あぁ、もう花いっぱいですね。
これだけのキクザキイチゲって見事です。
地元ではアズマしか見ないですよ。

ミスミソウもいい色してますね。
うーん、カタクリも早く撮りたいです。
Commented by tamayam2 at 2011-04-04 21:35
☆ふくさん、
上野のグリーンクラブで、たくさんよい見本をみて名前を
覚えました。西洋人は、こんな小さい花より、バラ、しゃくやく、
ラン、などの絢爛豪華が好きです。日本人は、盆栽や盆景の
世界ですから、小さな山野草の美に惹かれるのでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2011-04-04 21:40
☆ nick-1さん、
Spring ephemeralという言葉を初めて知ったのは、
お宅のセツブンソウの記事ででした。nick-1さんのお写真で
たくさんの山野草を知りました。ありがとうございます。
3月末~4月は目が離せませんね。そろそろ信州に行きたい
です。
Commented by dojou7 at 2011-04-04 22:39 x
わたし、こういう小さい山野草系は苦手です。まず名前が覚えられないのと、ちょっとおすまし顔が^^;

畑や、町の道ばたに咲く、小さいのは大丈夫なんですけど。
Commented by nenemu8921 at 2011-04-05 09:19
こんにちわ。たくさんの元気な野草に出会えましたね。
少し元気をもらえますね。(^.^)
野の花に負けずにわれわれも元気でいたいものです。
Commented by kanmyougama at 2011-04-05 10:39
早春植物・・いい響きですね。
ぱっとはじけて飛び出してくるイメージ・・・。
畑仕事を生活の一部に入れてから季節の
変化がよくわかるのです。
雑草と人くくりの植物もみんな精一杯花もつけます。
Commented by やく at 2011-04-05 13:52 x
初めてお邪魔します。tamayam2さんの素敵な写真と言葉にくぎ付けになりました。
可憐な花が次々と咲く春。気ぜわしいですが、ウキウキしますね。
今日あたりはソメイヨシノが咲き進んでいるのではないでしょうか。
また寄せていただきます。どうぞよろしく。
Commented by tamayam2 at 2011-04-05 21:25
☆dojou7 さん、
わかります。私も以前は、ちょっと敬遠していました。なぜかと
言うとこういう植物のスポットに行きますと、立派なカメラの
おぢさん達が三脚をたててネ、「ちょっと、あんた、どいて」
なんて言われたので、すっかり嫌気がさしてしまいました。
こんなか弱い花々を追いかけまわして、希少価値がさらに
好奇心を刺激し・・・・私もそういうのはうんざりです。ここでは
そういうおぢさん達に出会わなかったので、ほっとしました。
こういう花に不意に出会ったら、dojou7 さんもきっと心惹かれる
と思いますよ。(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2011-04-05 21:35
☆ nenemu8921さん、
ヨーロッパに行っていたり、地震であれこれ心を騒がせて
いたり・・・Blogの訪問がとだえていました。まとめて拝見
したのですが、 nenemu8921さんのところはすごかった。
コメントは残せませんでしたが、あなた、もう鳥の写真家と
してデビューできますね。すばらしい写真をたくさんありがとう。
野の花、山あいの花、天変地異があろうとも、野生植物の
強さ、逞しさに感動します。私も元気をもらいましたよ。
Commented by tamayam2 at 2011-04-05 21:44
☆ kanmyougamaさん、
>畑仕事を生活の一部に入れてから・・・こういうセリフが
言えるのは、本当にうらやましいです。土に親しみ、土を
こねて人の生活を豊かにするものをお作りになる。理想的な
生き方ですね。東京は、駅は薄暗く、エスカレータが止まって
おり、人が集まる入学式、コンサートなどが中止になり・・・・
ちょっとしょげている感じです。そんな中でサクラがほころんで
きました。うれしいですね。なんだか希望がわいてきますよ。
Commented by tamayam2 at 2011-04-05 21:50
☆ やく さん、
初めまして。Blog拝見しました。私も近頃、シキミを見て
感動したものです。薬用に有用だったり、猛毒だったり・・・
とても興味深い植物です。西洋では、意外と漢方薬が
普及していて(人々に民間薬の知識があり)ちょっとした
風邪ぐらいだと西洋漢方を利用するようです。医者も簡単に
抗生物質など処方してくれないという事情もあって・・・
私自身は、サプリメントもビタミン剤も何も飲んでいないの
ですが、民間薬草などに関心があります。どうぞよろしく。
Commented by sumiko33m at 2011-04-06 07:18
おはようございます!
キクザキイチゲの群生に見入ってしまいました。
スハマソウは初めて見せて頂きました。
カタクリはこちらではこれからです
一足速くに楽しませて頂き、有難うございました。
Commented by bella8 at 2011-04-06 09:50
ホント、いい時に行かれましたね~
spring ephemeral満載!
感動なさったことでしょう。
ご一緒できなくて、残念無念!

昨日、あの帰り、いつぞやご一緒した所に行ってきました。
震災の爪あとはまだ残っていましたが、
カタクリやニリンソウは元気に咲いて出迎えてくれました。
ブログにアップしましたのでお暇なとき覗いてみてください。

また、「今日の一枚」でも、おいおいご紹介していきたいと思っています。
Commented by tamayam2 at 2011-04-06 12:11
☆ sumiko33mさん、
東京は、もうあちこちでサクラが開花しています。こんな
災害のときですから、花見はどこも自粛しているようです。
時が来れば、花がさく、当たり前のことですが、この花を
みずして逝ってしまった多くの同胞のことを思うとさびしいです。
カタクリは、まだでしょう。咲いたら見せてください。お宅の近く
には、林、森などがあるようで、早春の景色がどんな風だか、
とても興味があります。
Commented by tamayam2 at 2011-04-06 12:15
☆ bella8さん、
Blog拝見しました。カタクリの群生が見られなんて!
私も早春に咲くこういう花々、見たいと思っており
ましたが、まさか東京で見られるとは思っていません
でした。この時期目が離せませんね。植物が好きな
bella8さんと知り合えて本当にうれしいですよ。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-10 13:01
お花見によい休日ですね。風が強いかしら?
春の妖精たちが輝いていますね。
どれもあたたかい視線で写されていて心が和みます。
東京、中央線・・・八王子あたりでしょうか?
高尾の桜園へ行ったことを思い出しております。

桜を見ずして亡くなられて方、復旧にご苦労されていらっしゃる方、その方を支えるご家族・・・・
春をお届けしたいですね。
顔の見える救済システムが必要な時期かと考えています。
個人でできることは少ないのですが、組織が大きくなると動きが鈍くなりますね。
いろんな知恵をだしましょう。
Commented by tamayam2 at 2011-04-11 09:20
☆ kimiko_shibata1さん、
>桜を見ずして亡くなられた方、復旧にご苦労されて
 いらっしゃる方・・・・本当にそういう方々のことを想うと、
 今年の桜は、哀愁を帯びている感じがしますね。
次のエントリーで、不安な思いで地震国にっぽんに住む
外国人のための地震対策マニュアルを掲載しました。
先週ジロボウエンゴサクという花を見ました。延胡索と
書くらしいのですが、援護策という漢字が浮かんできて
困りました〔笑〕
<< 地を這う花々 それぞれの物語 >>