それぞれの物語

東京では、まだ日に数回、余震があります。

3月11日午後2時46分・・・その時
あなたは、どこで何をしていた?

どんな方と会っても、その時、どこで、何をしていたか?
という話になります。
c0128628_2151329.jpg

それぞれのお話はそれぞれに
傾聴に値します・・10人には、10通りの物語。

今後、東日本に住む日本人が過去の話をするとき、
震災の後か、前か、震災の時、どこで何をしていたか、
というところから、話が始まるのでしょうか。

先週、見た早春の花木。新宿御苑の新宿門を入ってすぐ
のところのハクモクレンの大木は見事でした。
c0128628_21532650.jpg

モクレンと言えば、たいてい紫色です。
白いものは、ハクモクレンと言って、別の種類なんだそうです。
ハクモクレン【白木蓮 モクレン科 Magnolia denudata】

小石川の植物園で見たものは、木蓮ではなくて、コブシ
なのでしょう。花と蕾をいっぱいつけた枝の拡がり具合が、
陽光を浴びよう、浴びようと意思をもっているみたいです。
c0128628_21552832.jpg

ハクモクレンより、小ぶりな花。学名までkobusだって!
そのままコブシですね。
コブシ【辛夷/拳 モクレン科 Magnolia konus】
c0128628_2159366.jpg

こちらは、花びらも細く、手を開いたように広がっています。
シデコブシかもしれません。
シデコブシ【幣辛夷 モクレン科 Magnolia stellata】
c0128628_21564329.jpg

こちらは、ハチジョウキブシ春のシャワーのように、美しい。
ハチジョウキブシ【八丈五倍子 Stachyurus praecox】

日本の野山でよく見かけるツバキ。
一番上の写真は、赤と白のしぼりのような大輪です。物陰に
恥ずかしげに咲いていました。先週、板橋区、赤塚植物園で。

どの花にも、それぞれの美、それぞれの物語。
[PR]
by tamayam2 | 2011-04-03 22:02 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by aamui at 2011-04-03 23:10
これが物陰に咲いていたの? 奥ゆかしい美人だこと!ほんとにそれぞれにあの日の物語がありますね それでも花は咲いてくれる!
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-04-04 08:48
おはようございます。
9.11
3.11  ともに忘れられない日です。

ハクモクレン、きれいに咲いていますね。
この花は非常に厳しい中咲きます。
北関東では、寒さの戻りが必ずありますから葉が茶色に傷つき、
見事に白く輝けるときが非常に少ないのです。

コブシに似た花で「タムシバ(田虫葉)」がありますね。
ハクモクレンとは花の大きさで、
コブシとタムシバは一枚の葉で見分けます。
庭にもようやく春の花が咲きだしました。
はやくあたたかくなってほしいですね。
Commented by tamayam2 at 2011-04-04 09:17
☆ aamuiさん、
いつもあなたのBlogを読むと、豊かな気持ちになります。
そう、花を撮るとき、ちょっと美人さんを探すのですが、
ツバキは、みんな美人さんばかりで、私を撮って、私を撮って
とうるさいぐらいなの。この方は、無口でとても控えめな感じ
だったので、撮ってあげました(^^♪
Commented by tamayam2 at 2011-04-04 09:21
☆ kimiko_shibata1さん、
タムシバというのもありましたね。いろいろあってよく区別が
つきません。香りがいいですね。農村にはよく畑のそばに
植えられていて、この花の開花を農作物の種まきなどの
指標にらしいと聞きました。寒さにも耐える強い樹木なの
ですね。上州の空っ風ですか。春までには、何回か寒い日が
あるのでしょう。今日、東京は冷え込んでいます。
Commented by kanmyougama at 2011-04-04 10:49
木蓮の花もコブシの花も好きですが、
とても外気や雨風にデリケートですね。

椿も白や侘びスケがいい。
我が家は白の椿が多い。

そてぞれに出会いがあって物語りも・・・・、
そうですね。
Commented by tamayam2 at 2011-04-04 21:30
☆ kanmyougamaさん、
純白のやや分厚い花びらは、傷つくと、茶色になり
ますね。モクレンの香りが好きです。お宅の白い花々・・・
みな器のモチーフになりますね。穏やかで、平和な春が
やってきますように。
Commented at 2011-09-29 07:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-01 19:05
♡ HKHSS さん、
日本では、比較的丈夫な木で、田舎では、田圃や用水路の
脇などで立派な花をつけています。だれも手入れしていない
のに・・・。やはり日当たりが必要なのかもしれませんね。
しばらく辛抱強く待っていてください。
<< スプリング・エフェメラル 春の断想 >>