旅行中に聞いた震災のニュース

このたびの大震災に被災された方々に心からお見舞い
申し上げます。被災地で日夜、骨身を削って仕事を
しておられる方々に、手を合わせたい気持ちです。
c0128628_9415955.jpg

3月11日(金)の午後、私は、パリからルクセンブルグに
向かうフランス新幹線TGVの車中にいた。

突然、同行者の日本からのメールで、東北地方に大地震が
発生して大変なことになっている、と知らされた。
ルクセンブルグに到着してから、CNNやBBC放送で、
地震の規模がかつて経験したことの無いほど深刻なこと、
東京地方にも地震が発生したことを知った。

本来なら16日午前中に成田に到着する予定だったが、
ドイツのNational Flagであるルフトハンザ機は、
フランクフルトから韓国仁川(ジンセン)に立ち寄り、
そこで給油し、クルーを入れ替え、名古屋セントレア空港
に、午後到着したのである。

東京方面が原発事故によって、放射能汚染されていると
考えているようだった。
ルフトハンザは、しばらくの間、成田にクルーが上陸する
ことを避けたいようだ。

ドイツばかりでなく、フランス政府も、自国民の帰国便を
手配したと聞いた。ヨーロッパ人にとって、地震や津波の
恐怖にも増して、原発事故の恐怖が、当座の心配事のようだ。
1986年4月のチェルノブイリ原発事故の記憶がまだ生きて
いるからだ。

下の写真は、16日フランクフルト空港で買った新聞。
Atom(原子)という文字が一面に浮かび上がっている。
c0128628_9435016.jpg

Tamayam2は、14日、ドイツ・ケルンの大聖堂で
行われた特別ミサに出席した。ケルン大司教区の方々
が日本の被災者のために熱い祈りを捧げてくださった。
私もそれに答えて、感謝の言葉を申し述べた。
c0128628_9441588.jpg

ケルン大聖堂は、とても大きく、全容をカメラで捉えることは
至難のわざ。足元から見るとこんな感じ。
by tamayam2 | 2011-03-19 09:46 | たび | Comments(15)
Commented by aamui at 2011-03-19 21:32
おかえるなさいm(._.)m どうなるのでしょうか・・・・
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-03-19 23:41
異国で聞く大災害はどんなにか心細いものだったでしょう。お帰りなさい。
世界中の方が祈ってくださっています。
私たちも希望を持って見守り、それぞれの出来ることをやっていきましょう。
Commented by babakzk9271 at 2011-03-20 07:12
私と同じように海外旅行をされていたんですね
全世界が注目しているのは やはり原発事故の恐怖でしょうね
これからどうおさまるのでしょうか?
一日も早く放射能の恐怖から解放されますように
牛乳・ほうれんそうも出荷できす放棄されるそうですが
この次は何処に影響が???
Commented by tamayam2 at 2011-03-20 08:17
☆ aamuiさん、
今回ほど心配したことはありませんでした。海外のマスコミ
は24時間、Japanのことを取り上げていました。見知らぬ
人からも慰めの言葉をかけられました。ストレス対処法を
興味深く読ませていただきました。平静さが大事ですね。
Commented by tamayam2 at 2011-03-20 08:20
☆ kimiko_shibata1さん、
今度の災害では、始めはTsunamiでしたが、あとのほうでは
完全に放射能への恐怖でした。汚染地区に本当に帰るのか?
と聞かれました。でも、私の故郷ですから・・・幸も不幸も
受け入れないと。
Commented by tamayam2 at 2011-03-20 08:24
☆babakzk9271さん、
カンボジアの珍しい植物、拝見させていただきうれしかった
です。行ってみたい国です。牛乳、ほうれん草が捨てられる?
ん?農家の人は無念でしょうね。せっかく育てたのに。
北米でも東京中が被爆したように思っているようで・・・
報道の取り上げ方がちょっと偏っているみたいですね。
Commented by nenemu8921 at 2011-03-20 09:00
tamayamさん。お帰りなさい。ご無事で何より。
かなりの混乱だったでしょう。
ご自宅に帰り着くまで。
帰国された勇気に敬意を表します。幸も不幸も受け入れる!!
見守り、見届けたいですね。


Commented by ふく at 2011-03-20 10:41 x
大変でしたね。あれからめまいが収まらない95歳を介護することなどできることをしっかりと、と思いながら過ごしております。イギリスなど冷静な対応を発信しているところもあるようです。糸井重里さんのサイトから孫引きです。http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51688876.html
Commented by tamayam2 at 2011-03-20 21:32
☆ nenemu8921さん、
こういうことがあって、人と人の結びつきがさらに
深まった気がします。それと、なんでもない日常の
ありがたさ!現場で働いている人たちの職業意識。
日本のよいところを改めて感じました。
Commented by tamayam2 at 2011-03-20 21:35
☆ふくさん、
めまいが収まらない・・・大変ですね。普通の人でも
この騒ぎで体調を崩している人がいるようです。介護の日々、
日常の細やかな配慮の積み重ねですね。くれぐれも
お大事になさってください。
Commented by dojou7 at 2011-03-21 00:43
大聖堂のカット、ライン川の方から見たところでしょうか?
hotel Europaが20数年前最初のケルン滞在でした。
Commented by dojou7 at 2011-03-21 08:05
訂正、正面側ですね。
Commented by namiheiii at 2011-03-21 12:02
ケルン大聖堂のミサでの日本の被災者に対する祈り、特別な感慨がおありだったことでしょう。貴重な体験をされましたね。
異国にいる時は母国の出来事に特に敏感になるものです。
Commented by tamayam2 at 2011-03-21 18:57
☆dojou7さん、
その通り、正面側から撮りました。上の写真は、ホテルの窓
から。Domはいつもどこかしら工事をしていて真っ黒なのです。
出来るまで600年かかったと言われますが・・・掃除しても
しても、汚れが取れないようです。(^_-)-☆
Commented by tamayam2 at 2011-03-21 19:07
☆ namiheiiiさん、
空港でも見知らぬ人に、お国の災害に対して慰めの
言葉を申し上げます・・・と、帽子を取って挨拶されました。
ありがたいことですね。でも、原発事故には、神経がビリビリ
しているようでした。
<< ドイツ最古の町、トリヤー 白碗竹筷楼 >>