ニュージーランドの震災に思う

2月22日、知り合いから、TVでニュージーランド
の地震のことを報道しているけど、お宅の知り合いは大丈夫
か、とメールが入った。

クライトチャーチ(Christchurch)は、南島の大きい町だ。
c0128628_2033362.jpg

私は、1998年~2000年まで、仕事でNZに滞在していた。
Garden Cityと呼ばれるあの美しい、品のよい英国風の
都市が大地震に襲われるとは!

犠牲になった若者の多くが志を抱いて真面目に勉強
している学生たちであったこと・・・詳細を知るにつけ
どうして、こんなに大惨事になったのか。なぜ、あの
特定のビルがダンボールのようにつぶれてしまったのか。
c0128628_20342174.jpg

NZには、かつて1931年に大地震に襲われたことがある。
北島の東側ホークス湾沿いのネイピア(Napia)、ヘイスティング
(Hasting)が震災にあって、死者は250人にのぼった。
80年ほど前の話だが、NZ滞在中、よくこの話を聞いた。

私の住んでいた北島オークランドには、火山の作った丘や
すり鉢状の大きな穴があったりして不思議な地形の町だった。
「一日のうちに四季があると言われるほど、
天気や気温が激しく変化する。

朝、半そで出かけても、帰りは、皮のコートが離せない
ほど寒くなることもあった。
大雨の後に、ゴルフボール大の雹(ひょう)が降ったかと
思うと、急に晴れて、大きな虹が空に架かることもあった。
都会にありながら、大自然の巨大な力に支配されている
ことがよく実感できた。
c0128628_20354765.jpg

NZはオーストラリアとは違い小さい国なので、日本からの
情報が乏しく、インターネットだけが頼りだった。

まだ余震が続いているクライストチャーチに親族が駆けつけ
ても、あまり有益な情報は得られないだろう。

被害に遭った外国人は、日本人ばかりではないので、
日本人だけを特別に扱ってはくれまい。
一目でも現場を見たい気持ちはわかるが、(そういう心情
を外国人に)理解してもらえるかどうかは疑問だ。

水や食糧、衛生関係・・・現地にいる人々も、生存の危機に
さらされているのだ。
相手の国の困難な状況が想像できる冷静な判断力が必要だ
と思う。
c0128628_20362293.jpg

我がことになれば、とても日本でじっとしているなんて
耐えがたいことだろうが・・・。

こういうとき、人間は、祈ることしかできないのでは
ないだろうか。

先週Yamyam町で見た花々 上から、ツバキ、サクラソウ、
クリスマス・ローズ、マンサク
[PR]
by tamayam2 | 2011-02-27 20:39 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by nick-1 at 2011-02-27 23:50
NZにも滞在されていたんですかぁ、、、
綺麗な国とは知ってましたが、地震が多いとは知らなかったです。
実は昨夜も直下型と思われる地震がありました、今朝もまた。
震度は両方1でしたが、NZを思い出し怖いですね。
Commented by pfaelzerwein at 2011-02-28 03:39
とても行ってみたい国のトップなんです、それも南島は。しかし、ああして被害にあってしまうと歴史的建造物の再建などはしないだろうと聞きます。とても痛ましい限りです。

ある程度裕福な移民者を集めることで、それなりの生活が出来るような経済システムになっていると、こうした大被害が起こるとどうしてもその価値がやはり下がってしまうことでしょう。その自然の豊かさは、地震を含めてかわらないのですが。

それから女学生のユニホームに、町の女性たちの黒色の服装が目立ちましたね。ロンドンのシティーの現状は知りませんが、あれはトレンドなのでしょうか?
Commented by tamayam2 at 2011-02-28 08:18
☆nick-1さん、
南のきれいな島・・・どうしてもロマンティックなイメージが
つきまとい、若者の心を惹き付けていたようですが、仕事で
訪れますと、かなりしんどい国でした。
この国の言語が英語ということだけは、大きなな資産で、
アジア人向けの教育産業がさかんでした。米国より
安全と思われていて(実際はそんなことはないのですが)
英語を学びたい若者が多かったです。
Commented by tamayam2 at 2011-02-28 08:29
☆ pfaelzerweinさん、
お久さしぶりです。今日はRosen Montag?カーニヴァル
の喧騒が懐かしいです。NZは一見ロマンティックな国に
見えるのですが、実際に住んでみると夢がつぶれるような
ことも多かったですよ(笑)やはり、歴史が浅いので、しかた
がないのです。オーストラリアがくしゃみをすると、NZは
肺炎になるというくらい経済も隣国に依存していましたし、なにより
人口が少なく、労働の支え手が少ないという感じでした。日本から
裕福な退職者が移民してきても焼け石に水。実際に汗を流して
労働してくれる若者の活力が必要です。中国人は、肉体労働
を厭いませんが、日本人の若者は、ええ格好しいで、知的職業
につきたがる。農業、牧畜業などに日本の若者が出ていけば
いいのに・・・と思ってみていました。
Commented by kanmyougama at 2011-02-28 09:23
おはようございます。
10日程度の滞在でしたのでニュージランドのことを多くは知りませんが、大変なことが起きたと気をもんでいます。
ニュースを見ていますと日本人学生が入っていた建物だけが報道されていますが、民放を見ていますと街の様子がはっきりしてきました。
10日程度をクライストチャーチを中心に暮らし歩きましたので他人事に思えません。

Commented by nenemu8921 at 2011-02-28 18:24
こんにちわ。
世界が狭くなって身近になって、自然災害も切実なものになりました。
印象に残ったのはネット情報の威力を強く感じました。
それも個人レベルでの発信が大きな力を持つことに考えさせられること多かったです。
NZの地震の一報も携帯からが早かったようですし、リビアの人民の隆起もネットによる結束がパワーになっていることを考えると、すごいなと思います。
日ごろはアナログ的な日常を送っている人間ですが……。
Commented by tamayam2 at 2011-02-28 20:48
☆ kanmyougamaさん、
>クライストチャーチを中心に・・・そうでしたか。本当に
自然の美しいところですね。私もそこから長距離バスに
乗ってTakapo湖、Queens Townへ行きました。
荒涼とした大地、Milford入り江の船旅・・・ kanmyougamaさん
も南島の手付かずの自然を堪能されたことでしょう。
人口の少ない国で普段はの~んびりとKiwi スタイルでやって
いるNZの人々は、疲労困憊していることと思います。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-02-28 20:50
こんばんは
被災地の方々の無事を祈るばかりです。
私もtamayamさまにまったく同感です。
我が家は夫とはおたがい別の活動をしております関係で
今回もお互いが旅先で被災した場合を確認し合いました。
やはり静かに時を待とう・・というのが我が家の考え。

また、報道機関にも少し静かな報道を望みたいですね。
NHKまでもなにかショー的な報道ばかりでがっかりです。

Commented by tamayam2 at 2011-02-28 20:52
☆nenemu8921さん、
>印象に残ったのはネット情報の威力・・・本当にその通り
です。私のケータイはいつもカバンの中ですのに、若い人
はつねに手元においているのですね。だから、閉じ込められ
ても発信できた。すごいです。
リビアの方たちもそうですし、京大の試験漏洩事件
もケータイが・・・・
私もあなたと同様、普段はアナログ人生を歩んでいるので、
ただただ感心してしまいました。
Commented by Tamayam2 at 2011-02-28 21:40
☆kimiko_shibata1さん、
NZは小国で、NZ人はキウィ鳥のようにの~んびりした人々なのです。
今度のことは文字どうり驚天動地の出来事で、どう対応して
いいかうろうろしているのだと思います。日本と比べて非常に
効率の悪いところなのです。日本では可能なことでも、
外国ですとその国のリズムに合わせないといけないので、
犠牲者の家族は苛立つことでしょうが、仕方がないのです。
現地に行くことが必ずしもよい策ではないと、Tamayam2は
考えたのです。冷たいようですが・・・外国では日本流が
通じないので。
<< 六日の菖蒲 カナダの西玄関、ヴァンクーヴァー >>