カナダの西玄関、ヴァンクーヴァー

昨年の冬季オリンピックで、ヴァンクーヴァーの町の
様子がテレビで紹介されていた。Tamayam2は、
30年ほど前にこの町に住んでいたことがあるので、
シアトルに行ったついでにヴァンクーヴァーにも、
立ち寄ることにした。
c0128628_0191587.jpg

一番驚いたことは、空港から下町のウォータフロント駅
までなんと、すばらしい鉄道(スカイ・トレイン)が
走っていること!レンターカーを借りずとも、主要な
場所にはほとんど公共交通で行けることがわかった。
ありがたや!
c0128628_0193513.jpg

滞在第1日目は、残念ながら雨。
市営バスで、グランヴィル・アイランドに出かけた。
c0128628_020836.jpg

グランヴィル橋の真下に公営市場があり、新鮮な野菜、
魚介類、質のよいパン、チーズなどを売っている。
その上、手工業者のクラフト・マーケットが集中して
おり、私の大好きなところだった。

ヴァンクーヴァーに滞在していたころ、家でお客様を
おもてなしするときには、ここで、牡蠣、エビ、
スモーク・サーモン等を買ったものだ。
しゃれたレストランもあり、美術工芸学校もあって、
クラフトpeopleの工房をちょっと冷やかして歩くのが
楽しい場所だった。今はさらに個性的な店が増えたようだ。

雨なので、公園などは行けない。しかたなく観光客のよく訪れる
ギャス・タウンに蒸気時計を見に行く。


c0128628_0223448.jpg
ヴァンクーヴァーの
発祥の地で
歴史的建造物を
見ながら、
北西部インディアン
ディザインの木彫や
アクセサリーなど
見て歩く。













c0128628_0235187.jpg
この非常にスリムな
建造物は、
私が滞在中も
そこにあった。

なんでも
ギネスブック公認の
「世界一幅が狭い
ビル」だそうだ。
幅が178cmとか。













このビルから東へ行ったPowell通りには、日本食料品屋が
あり、米や味噌を買ったものだ。その先の中華街では、
刺身用に丸ごとのスナッパー(鯛の一種)や鮭などを買った。

中華街の西、False Creek沿いにBC Placeという
スポーツ施設の殿堂がまとまった大きな敷地ができていた。
ヴァンクーヴァーは世界中のスポーツ愛好家を惹きつけ
てやまない所なのだろう。

翌日は、雨が上がったので、スタンレー・パークへ。
Prospect pointからラインオンズ・ゲート橋とノース・ヴァンクー
ヴァーを望む。(写真 一番上)

町全体が複雑な入り江に囲まれていて、どの地点から
も青い海と雪を戴いた山々が見える。
c0128628_026985.jpg

空港に行く前に、UBC(ブリティシュ・コロンビア大学)
の構内を半周して、人類学博物館に立ち寄った。
かつてインディアンたちが森の中に建てた巨大なトーテム・
ポール群を見て、その素朴な力強さに、やはり素晴らしい
もんだなぁ~と感じた。
by tamayam2 | 2011-02-25 00:29 | たび | Comments(12)
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-02-25 09:37
おはようございます。
カナダのおしゃれな風景、やはりお住まいになられていたからこその余裕を感じますね。
私も青森で縄文文化に接してきました。
人の素朴な力、感動しますね。
今の私たちよりも豊かな心を持っていたような気がします。
Commented by vicolo at 2011-02-25 12:51 x
私もヴァンクーヴァーを訪れたことがあります。
NY滞在の後に行ったのですが、都市なのに自然も美しく、町は清潔で、それに人々が親日的だったからいっぺんでファンになりました。
お住まいになったことがあるなんて羨ましい!
Commented by aamui at 2011-02-26 09:43
お帰りなさい(^_^) 又旅行記愉しみです 宜しくお願いいたします
Commented by namiheiii at 2011-02-26 11:07
飛行機の乗り継ぎで数回バンクーバーに行ったことがあります。中心街を歩いていたら丁度今の私の年恰好の足の悪い老人が杖をついて歩いておりましたが歩道に放置された犬の糞を踏んで危うく転倒するところを目撃しました。何処にもマナーの悪い人間はいるものですね。嫌な思い出ですが何故か忘れずに覚えています。
雰囲気をこわしてすみませんm(__)m
Commented by nick-1 at 2011-02-26 23:30
これはグットタイミングな内容ですね。
カナダを紹介した番組をBSで見たばかりです。
以前にも書いたと思いますが、ロスに居た頃バンクーバーには、二日ほど泊まりました。
もう、33年も前ですから、今はかなり変わったんですね。
ギャス・タウンの蒸気時計は覚えていますよ。
それとスタンレー公園位かな。
Commented by tamayam2 at 2011-02-27 16:56
☆ kimiko_shibata1さん、
昔はやった「津軽海峡冬景色」には、♪~北に向かう人の群れは
たれも無口で・・・というのがありました。青森は本当に遠い、
遠いところでしたのに、今では新幹線で簡単にアクセスでき
るのですね。東北のお山の写真、拝見しました。私が訪れた
ときにも岩木山など曇っていて・・・残念でした。安達太良山
とは、懐かしい響きですね。高村光太郎の世界です。
Commented by tamayam2 at 2011-02-27 17:11
☆vicoloさん、
アメリカと隣接しているのですが、British Colombia州は
やや英国的なところがあり、清潔で自然派の人々が多かった
です。私はそのころは子育ての真っ最中で、植物に特に関心
があったわけではありませんが、老後になって自然に惹かれる
ようになりました。
Commented by tamayam2 at 2011-02-27 17:13
☆ aamuiさん、
また、たび人生ですよ。ははは 今度は、妹と一緒でした。
妹は、西海岸が初めてでしたので、案内役をつとめました。
Commented by tamayam2 at 2011-02-27 17:19
☆ namiheiiiさん、
ははは、そういう思い出がある町は忘れられませんねえ。
私もベルギーのRのいう町で犬の糞を踏んずけちゃって、
その晩、パーティーに出なくちゃならないのにぃ・・・・うん、
もうイヤ・・・という経験をしました。ホテルのシャワーで
靴の底を洗って・・・。日本の犬の飼い主は本当に世界の
モデルになり得ます。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2011-02-27 17:28
☆ nick-1さん、
nick-1さんは西海岸で青春時代をすごされたのですね。
西海岸は独特の自由な雰囲気がありますね。私も若い日に
子育てしながら、アートスクールに行っていたので、若き日
に胸をときめかしたWest coast artistたちの作品に
再会してうれしかったです。トーテムポールなどには、当時
はあまり関心がなかったのですが、今見ると別の面白さを
感じます。
Commented by nenemu8921 at 2011-02-28 18:27
レイチェル・カーソンの「センスオブワンダー」がスキで、一度はメイン州を訪れたいと思っていました。
最近は体力も気力も自信がないので、tamayamさんの頁で楽しませてもらっています。(^.^)

Commented by tamayam2 at 2011-02-28 20:26
私もレイチェル・カーソンの本に影響を受けた者です。
ヴァンクーヴァーはカナダの西端で、米国のメイン州は
東端です。紅葉がすばらしいと聞いています。
いつかnenemuさんと自然探索の旅に出たいですね。
そのときまで、体力と気力を鍛えておくべし。
<< ニュージーランドの震災に思う 90歳の誕生祝い@シアトル >>