ホヤ (ガガイモ科 その1)

ホヤ(Hoya) と聞いたら、どんなものを想像されますか。
貝ではないが、海の中に住んでいるザクロのような生物
と答える方もおられるでしょう。

珍味と言えば、珍味なのですが、ちょっと匂いが
あり、食べるのに勇気がいる海の生物です。
私は寒い時期に、釜山と仙台で食べたことがあり
ますから、北のほうの生き物かもしれません。

じつは、今日お話しするのは、ホヤはホヤでも、
植物のホヤのほうです。
昨年12月に訪れた八重山諸島の竹富島で、
ホヤの花を見て感動しました。


c0128628_202639.jpg






















オオゴマダラ蝶が止まっているつる草にHoyaと
書いてあったので、改めて葉や花をじっくり見てみました。
「天の川」という園芸家のつけたニックネームが
示すように、まことに素晴らしい造形の花でした。
ホヤ・ムルティフロラ【ガガイモ科 Hoya multiflora】
c0128628_2026508.jpg

ガガイモ科の植物は、なぜか蝶に好まれています。
オオゴマダラもこの花にじっと止まって吸蜜していました。

この花の親類に、園芸の方面でサクラランと呼ばれて
いる花があります。サクラともランとも無関係です。


c0128628_20272965.jpg
あちこちで、
肉厚のこのツル草に
関心を持ち、写真を
撮りました。

以下の3枚は、
撮った場所も
時期も違い
ますが、
サクラランの
仲間です。










c0128628_20284780.jpg

ホヤ・カルノサ【ガガイモ科 Hoya carnosa】
別名 サクララン


c0128628_20295279.jpg

小さい花が集合して
ボールのような半球
を作ります。

花びらは、肉厚で
妖しい美しさです。
間違いなく、
昆虫、特にチョウが
ここに
引き寄せられます。











熱帯アフリカ、東南アジア、マダガスカル島などが原産地
ということです。
この他にもガガイモ科の植物は、なぜか昆虫を惹き
つける匂いがあるらしいのです。

植物と虫の親密な関係に関心がありますので、
ホヤは、私にとってマークすべき植物の一つに
なってしまいました。

今週の半ばから旅行に出かけます。帰宅しましたら、
またご訪問いたします。お元気で!

[PR]
by tamayam2 | 2011-02-06 20:34 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by ふく at 2011-02-06 22:39 x
いってらっさーい。
またチョウにあえますように。寒い方面かな。
昨日御徒町でお豆腐料理を食べました。
中学のミニ同窓会。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-02-07 08:02
おはようございます。
「植物のホヤ」初めて知りました。
いつもいい話題をありがとうございます。
鳥や昆虫を写すには食生を知ることがひとつの条件です。
植物たちは虫に来てもらいたくて身を飾るのですね。

今回はお写真に写された場所が入っていてわかりやすいですね。
整理の下手な私、参考になります。
PC操作なのですからこうして写真に入れてしまえばすっきりしますね。
気をつけて旅をされて沢山のお土産を・・・・!
Commented by aamui at 2011-02-07 19:11
さっきBSで竹富島の小野町をやっていて tamayamさんみてるかなぁと思いながら見ていました 金のさなぎもあったよ
Commented by tamayam2 at 2011-02-08 20:07
☆ふくさん、
福は内、じゃなかった、お出かけでしたか。
お豆腐料理、我々の年齢にはピッタリですね。
今度教えてください。
Commented by tamayam2 at 2011-02-08 20:11
☆ kimiko_shibata1さん、
あちこちで撮り貯めたものが揃いますと、また別の景観
です。分類というのは、すればするほど細部に入りこみ
同時に味わいも深くなるものですね。サクラランは、以前
から、ちょっと怪しいと思って調べてみたかったものでした。
野鳥も名前や夏鳥、冬鳥・・・と区別できれば味わいが
一入でしょう。
Commented by tamayam2 at 2011-02-08 20:13
☆aamuiさん、
残念!見逃した!いつも番組表をチェックしておいて
録画するのですが・・・早朝から出かけることが続いて・・・
また再放送やってくれるのを待つわ。ありがとう。
Commented by Sallie at 2011-02-15 17:10 x
はじめましてこんにちは

突然で申し訳ないです、そして、この記事とは関係ない、「ケルンだより その2」の2007年8月3日の記事についての質問で、さらに申し訳ないです。
Deutsche Postのwebサイトで記念切手が買えるとのことですが、日本から買うにはどうしたらよいのでしょうか?
今月発売されたある記念切手が気になって手に入れたいと思いましたので・・・
突然申し訳ありません
Commented by tamayam2 at 2011-02-19 06:49
☆Sallieさん、
旅行でお返事が遅れてすみません。あの記事は、2007年
4月3日ですね。ドイチェポストのアドレスを下に貼り付けましたから、
まず、会員登録し、買い物かごに入れて、クレジットカードで
決済すれば郵送してくれると思います。私は、ドイチェポストに預金
がありましたので、そこから引いてもらいました。日本の郵便局の
口座番号もOKと思います。Japan Postの後に口座番号です。
Webサイトは、ドイツ語のみなので、ドイツ語ができるならいいです
が、できなければ、できる方に手伝ってもらったほうがいいでしょう。
うまく買えるといいですね。
http://philatelie.deutschepost.de/philatelie/shop/templates/produktlisten/produktliste_neuausgaben.jhtml?id=cat2150013&navAction=jump
Commented by bantelner at 2011-02-20 05:45
tama母さま
こんばんは。^^
いつも美しい写真と植物研究を密かに楽しませていただいております。

このホヤ・カルノサという植物!
うちにあります!
夫が昔から(私よりも前から)持っている鉢でして
水を遣り忘れても枯れることなく逞しく生きています。^^;
でも、名前など知らなくて・・・

5年に一度ほど花をつけるのですが、それもヒッソリと・・・
その花の香りがとても良いのです、
その香りが漂ってきて「あ、花が咲いてるんだ!」と分かるのです。(汗)
もうちょっと頻繁に花をつけて欲しいのですが、
あまりお世話もしないくせにそれは図々しい希望ですよね。(^^;
でも、母さまのお陰で植物の名称も分かったことだし、
これから適切なお世話の仕方も調べてみたいと思います。
ありがとうございました。m(_ _)m
Commented by kanmyougama at 2011-02-20 10:47
旅行愉しんできてください。
もうお帰りだろうか・・・・。
タマサクラの花珍しいですよね・・・・いろんな種があるのですね。
僕も毎年割いてくれてブログで紹介していますが・・・・昨年はさかなかったです。
植え替えるべきか悩んでいます。
チョット追肥しようか思案中。
Commented by Sallie at 2011-02-20 14:08 x
教えていただきありがとうございます

ドイツ語は・・・まだあまり自信はありませんががんばってみます
ありがとうございました
Commented by tamayam2 at 2011-02-21 08:46
☆なつかしの bantelnerさ~ん、
まあ、この珍しい(熱帯系の)花がドイツのH市にあるとは!
驚き、桃の木です。しかもあなた様より以前からご主人が
所有しているとは。ものの本によれば、この類は、手入れは
あまり難しくなく、むしろ手を掛けすぎ、水やりのやりすぎが
いけないようですよ。古女房に対するごとく、放っておくのが
一番ですね。そう、ご主人様にお伝えください。じつは、私
同じ種類のものをEssenの友人宅で見たことがあります。
その人も香りがよいとおっしゃっていました。姿形もよいし、
香りもよし、手入れも簡単、よいことずくめです。あなたの
オルガンの記事楽しく拝見しておりますよ。よく精進なさい
ますね。
Commented by tamayam2 at 2011-02-21 08:51
☆kanmyougamaさん、
ごぶさたしておりました。サクラランの種類は、やはり
南国のもののようです。形も変わっているし、不思議な
魅力がありますね。ランと似ていて、ちょっといじめると
(手を掛けすぎないと)花つきがよくなるようです。生存を
おびやかされると、子孫を残そうと花をつけるのでしょうか。
ヒトも子供に構いすぎないほうが良いように。
Commented by tamayam2 at 2011-02-21 08:53
☆Sallie さん、
どの切手が欲しかったのでしょうか?
ドイツにはコインや切手を収集する人が、いまだに
たくさんいるようですよ。日本ではもうこんな古典的
趣味を持つ人は少ないでしょうに。。。(*^v^*)♪
<< 90歳の誕生祝い@シアトル 夢の島熱帯植物園にて >>