夢の島熱帯植物園にて

昨日、歯医者さんの帰りに時間があったので、久しぶりに
夢の島へ行ってきました。名前は、すんばらしいのですが、
何のことはない、夢の島は東京都のゴミの島です。
c0128628_12295592.jpg

そのゴミを焼却するときに発生する熱を利用した立派な
温室ができています。
初見の植物は、これ、ピンクのクス玉のような植物。
ドンベヤ・ウォリキー【アオギリ科 Dombeya walllichii】
東アフリカ、マダガスカル島原産


c0128628_12302641.jpg


花の大きさは、
15cmぐらい、
木の高さは、
2mほど。

葉は
アオギリの葉
のように大きく、
葉の陰に花が
ぶら下がって
咲いていました。









c0128628_12311570.jpg

熱帯の植物は、花も葉もドラマティックです。だれかが、
筆で、葉の上に葉っぱ模様を描いたら、こんなふうになる
んじゃないでしょうか。天然の造形はすばらしいです。
c0128628_12314498.jpg

鳥の羽のようだ、と説明書に書いてありましたが・・・。 ↑
カラテヤ・マコヤナ【クズウコン科 Calathea makoyana】
ブラジル原産、ウコンの仲間です。
c0128628_12321875.jpg

これは、温室内にある巨大なシダの幹です。 ↑
シダの枝が枯れて落ちた痕が楕円形の模様を
形作っています。
これも天然の造形の神様の作品です。

各地から豪雪、氷点下のニュースが伝わってきて
おります。早く、春が来ないかなぁ~
[PR]
by tamayam2 | 2011-02-03 12:40 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by school-t3 at 2011-02-03 13:31
ドンベヤ・ウォリキー、綺麗ですね。
鳥の羽も面白いし、巨大なしだの幹はミステリアスです。
どんなしだの葉かしら??
Commented by tamayam2 at 2011-02-03 14:33
☆school-t3さん、
ヘゴシダというのですが、草ではなく、木性です。4.5mにも
なり、頭上のゼンマイも直径20cmぐらい。NZやオーストラリア
では、よく見かけるものです。日本でしたら、南洋諸島でしょうね。
お宅の新しい電動ノコギリでスパっと切れるかも(笑)
Commented by vicolo at 2011-02-03 15:45 x
また、今日も珍しく且つ美しいものを見せていただきました。カラテヤ・マコヤナの模様は実に絵画的です。花も咲くのでしょうか?

私は野の花では、オシロイバナが好きです。毎年、わざわざ鉢植えを作ります。種も各色揃えています。

Commented by tamayam2 at 2011-02-03 16:07
☆ vicolo さん、
はい、白い花です。育てたことのある方のBlogでは、
何年か育てた後、足元に白い花が咲いた・・・ということ
です。ウコン、ショウガの仲間ですから、筒状の清楚な
花です。本当に自然界はおもしろいですね。家の近くに
住むご老人がオシロイバナを育てておられます。夕方
その辺りを通るとぷーんと白粉の匂いがします。いいものですね。
Commented by kanmyougama at 2011-02-03 16:11
カラテヤ・マコヤナ・・・葉の文様が面白いですね。
グラデーションを観ていると練り上の文様にできそうだと思ったりしました。
シダの葉の落ちた後にできる文様が面白いですね。
顔に見えたりいろいろします・・・・。
想像するのも愉快です。
Commented by ふく at 2011-02-03 19:11 x
誠に造化の妙きわまれりですね。
それにしてもよく見つけることたまやむさん。
おかげでページを開けば楽しめます。
お風邪もうすっかり?
ご用心ご用心。
Commented by アンデレ at 2011-02-03 21:28 x
いつもいつも貴女のブログの花、や昆虫の美しさに見とれています。こんな綺麗なものを御作りになった全能の神に感謝しています。それにしても貴女のご造詣の深さに感嘆するばかりです。妻も植物(野草)大好きで全国的な同好会で日本全国あちこち歩き回っていましたが昨年末から病気になりもうそれもできなくなりました。
Commented by tamayam2 at 2011-02-04 07:28
☆ kanmyougamaさん、
>練り上の文様にできそうだと・・・自然のものを観察して
それを作品のモチーフにしておられる上名窯さんなら、
きっとビッビと来る何かがおありでしょう。私も温室に来ると
造形の見事さにうっとりとして撮影しておりますから。
最近は、ゴミ処理の熱、温泉の熱を利用してこうした植物園
があちこちに造られています。草津でもありました。でも、
ハコモノはその内容と管理が大事。貴重な植物が大事に
育てられているのを見るのはうれしいことです。
Commented by tamayam2 at 2011-02-04 07:37
☆ふくさん、
この冬枯れの時期です。戸外には植物があまりないので、
温室に出かけました。楽しんで頁をめくっていただければ
うれしいですよ。私は風邪をひくと必ず喉をやられるので、
南天アメを持ちあるいています。南天は、喉にいいそうで
す。野鳥が来て赤い実を食べていますね。南天は難転!
Commented by tamayam2 at 2011-02-04 07:48
☆アンデレさん、
お寒い日が続いております。奥様はいかがですか。私も
植物を求めてあちこち出かけておりますが、いつかそういう活動
ができなくなる日が来ると思います。その日が来たら・・・他の
方のBlogを見て楽しもうと思います。眼がよければ・・・
年をとってから、PC literacyがあるか無いかはずいぶんその
人の生活の質に関わることだと思います。アンデレさんが
web上に文章や絵をUpされることによって、きっと奥さまの
世界も広がっていくことでしょう。父母の時代にはそういうこと
は考えられなかったことですが・・・今は、昔とは違う楽しみ
ができると思います。お元気で。またご訪問いたします。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-02-05 08:27
おはようございます。
暖かさをいっぱいいただきました!
色のある風景は体が柔らかくなります。
葉痕(枝痕かな?)が面白いですね。

神さまの造形、まさしくそう思います。
Commented by tamayam2 at 2011-02-05 20:15
☆ kimiko_shibata1さん、
たくさんの野鳥の写真をありがとうございます。
楽しんでおります。
冬枯れの時期です。せめて、Blogでは明るい色を・・・
そんな気持ちでUpしました。

日光の植物園は、冬季は休館でしたね。
ヨーロッパも冬には、そういう施設は、閉まっていましたが、
コンサートは冬のものでした。夏は戸外で、冬は室内で、
住み分けができています。今日は少し日差しがやわらかく
感じました。春はもうそこまで来ているの・・・かな?
Commented by aamui at 2011-02-05 22:50
夢の島熱帯植物園は好きなところです なんて綺麗な簪でしょう!見てみたいです 
Commented by tamayam2 at 2011-02-06 08:54
☆ aamuiさん、
九州方面にばら撒いた福の豆・・・どうなったかなぁ~
週日に行きましたら、入館者はまばらでした。中は
ぬくぬくで汗が出るくらいでした。ゴミの熱はありがたし。
<< ホヤ (ガガイモ科 その1) 球根べゴニアの思い出 >>