球根べゴニアの思い出

2月に入りました。
豪雪や思いがけない火山の噴火・・・
自然のすることは、まったく予想外のことだらけです。
c0128628_23325796.jpg

先月出かけた神代植物園の温室で、たくさんの
球根ベゴニアのあでやかな花を見ました。バラや
ランの豪華さと匹敵するような存在感。
色の鮮やかさ、肉厚のしっとりとした花びらの質感。
愛好家が多いと聞いていますが、なるほどと
うなずきました。
c0128628_23332871.jpg

ペルーやボリビアなどのアンデス地方が原産地だそう
です。ヨーロッパでは、ベルギーのゲント地方で
たくさん栽培されているようです。少し涼しく、カラッと
した環境を好むようです。
c0128628_23335870.jpg

ベルギーの首都、ブラッセル(フランス風に言うと、
ブリュッセル)の町の真ん中に、世界遺産になっている
グラン プラス(Grand Place)という広場があります。
2年に一度、その広場に花で敷き詰められたフラワー・
カーペットが出現します。写真は、2010年のものです。


c0128628_23344761.jpg
2004年夏、
私は隣国の
ドイツに赴任した
ばかりでしたが、
新聞で読み、
どうしても
その巨大な
カーペットが
見たくて
ブラッセルまで
出かけたのです。











ケルンから列車で2時間ほどの所でしたが、
初めて見たその花の絨毯の美しさに驚嘆
してしまいました。

絨毯のディザインは、毎年違うのですが、下絵の上に
色とりどりの生花を置いて、絨毯の模様の細部を
表現するのです。開催日は、週末をはさんで数日だけ
ですから、その生花は、枯れずに生き生きとした花色を
保っているのです。

その花が・・・私には、実物を見るまで見当がつかなかった
のですが・・・球根ベゴニアでした。
目に焼きつくほど鮮やかで、つややかな色彩。

1平方メートルに約300の花を使うそうです。
全体で75万の花。花の部分だけ切り取ります。
(オランダのチューリップの畑でも、園芸農園は、球根を
 太らせるために、花は、さっさと切り取ってしまいます。)

花びらではなくて、花序全体を使います。
ダンボールに赤、黄、白・・・のように花を詰めておき、
下絵の指示に従って、花で巨大な塗り絵を塗っていくような
作業をするのです。詳しくは、フラワー・カーペットの
HPで説明しています。写真はそのサイトが公表している
ものです。     Brussels' Flower Carpet
来年2012年の夏、北ヨーロッパに行かれる方は、ぜひフラワー・
カーペット見物を予定に入れておかれたら、どうでしょう?
パリから、ロンドンからでも2時間あれば行ける所です。

球根ベゴニア【シュウカイドウ科 Begonia tuberhybrida】
英語:tuberous begonia
[PR]
by tamayam2 | 2011-02-01 23:39 | たび | Comments(7)
Commented by dojou7 at 2011-02-01 23:54 x
2004年、秋長女を連れてケルンへ5日間。その後列車でアムステルダムへ、2日後アントワープまでは行ったんだけど。ブリュッセルまでは行けなかった。来年行ってみるか。
Commented by tamayam2 at 2011-02-02 09:39
☆dojou7さん、
そうですか!お嬢さまと一緒に鉄道旅行はよかったでしょうね。
フラワー・カーペットは、偶数年の8月です。ブラッセルは徒歩や
地下鉄で町中歩けますし、鍋一杯大盛りのムール貝スープが
有名です。日本だと真夏の太陽に花がしおれてしまうでしょうに、
この花の絨毯は、数日間は生き生きとしていますよ。西洋人は
ときに、とんでもないことを考え付くものですね。数日間の芸術
のために・・・たくさんの人々がヴォランティア活動しています。
Commented by nenemu8921 at 2011-02-02 15:39
こんにちわ。
ベゴニアがお好きだとおっしゃっていたのを覚えています。
こんなすごい原体験があれば、なるほどと思いますね。
最後の画像、どうやって撮ったの?高いビルの窓から?
すごいな!!
Commented by nenemu8921 at 2011-02-02 15:42
tamayamさんに質問があったのに、ベゴニアに見とれて忘れてしまったわ。
ブログ上でのドイツ語の表記はどうしたらいいの?
賢治がドイツ語で書いているフレイズを正確には書けなかったワ…。
Commented by vicolos at 2011-02-02 16:26
こんにちは。
だびたび失礼します。
そして、今日はリンクをいただいていきます。(いつも人様のところを経由してるのも何ですので・・・)

園芸店で売っているベコニアは気にも留めない花でしたが、ちょっと興味がわきました。
私は吉谷桂子さんのガーデニングが好きで、影響を受け、プリムラとゼラニュームが好きです。
オーリキュラという種類のプリムラの愛らしさは格別です。

そういえば、イタリアにも花(花びら)で絵を描くお祭りがあった記憶があります。ご存じですか?

Commented by tamayam2 at 2011-02-02 20:22
☆nenemu8921さん、
この写真は、Official サイトがプレス リリース用に撮影
したもので、私の撮影ではありません。きっと、この広場の
高い塔の上から撮影したのでしょう。広場を囲む由緒ある建物は
中世ギルドの建物で、それが世界遺産なのですよ。
ドイツ語の表記のことですが、母音a,o,uにウムラウトが付くもの
があります。ウムラウトが無いパソコンでは、ae,oe,ueとeを
つければウムラウトと同じです。辞書で引くときにもウムラウトは
無視してもちゃんとその言葉が出てきます。あと、エスセットという
Bの長いような特殊文字がありますが、それは、ssと入れ替えて
表記して構いません。サッカーのことはFuss ball(フースバル)。
ssはBの長いような字(エスセット)です。私のPCでもドイツ語は
表記できないので、ウムラウト、エスセットはこのルールにより
表記しています。あと、名詞のはじめの文字はすべて大文字で
書きます。大文字で始まっておれば、活用しない語なので、安心
しておれます。(笑)
Commented by tamayam2 at 2011-02-02 20:38
☆ vicolosさん、
プリムラ・オーリキュラというのをWebで見てみました。
見たこともないかわいらしい素敵な花ですね。ちょっと熊さん
の顔みたい。私は、植物が好きなのですが、園芸種はあまり
得意分野ではなくほとんど何ぁ~んにも知りません。
どっちかというと野に生えているフツーの雑草が好きなのです
が、今、冬枯れで、野草を見ることもできないので・・・古いストック
を出している・・・というわけです。こんな私ですが、よろしく
おつき合いください。
<< 夢の島熱帯植物園にて 草津温泉 >>