南国の樹木いろいろ

(八重山諸島旅 その4)
成人の日ですが、えらく寒い日です。
みな様、三連休をいかがお過ごしでしょうか。

八重山諸島の旅の最終回です。
いろいろためになるお話も聞いたのですが、
私の関心は、植物と昆虫に特化しており・・・
(おはじゅかしいことです。)
西表島に仲間川という川があり、河口のあたりは
真水と海水が混じっている。汽水というのでしょうか。
c0128628_1910433.jpg

こういうところを小さな船でクルーズすると、両岸が
見事なマングローヴの林、また、林。
私は、マングローヴという木があるのだと思っていた
のだが、こういう環境で生えるいくつかの木々を
総称してマングローヴと言うのだそうだ。
(今回知った新しい知識“☆”)

遠くなので、くわしく区別がつかなかったが、ヒルギ科
樹木、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ・・・など。
赤い花が認められるものもあった。

チョウもたくさん見た。
ダイサギのようなサギもいた。
植物だけでなく、エビや鳥などの成育地として最高の
ところらしいのだ。
c0128628_1912578.jpg

仲間川を少し内陸部に入ったところに上陸して、
見事な板根(ばんこん)をもつ巨木を見た。
樹齢400年とも言われる。迫力があって、思わず
拝みたくなる。

サキシマスオウノキ【先島蘇芳木 アオギリ科 Heritiera littoralis】
南太平洋の島々、インド、アフリカで見られる。
c0128628_19124599.jpg

こちらは、竹富島の波止場で見たモンパの木。
モンパノキ【紋羽の木 ムラサキ科 Argusi argentia】
ミクロネシアやアフリカに多い木 大木になって人が
その下で憩える。ちょうど花が咲いていたので撮影した。
葉が柔らかく銀色に光っている。
c0128628_1913335.jpg

この果実は、スター・フルーツ。筒切りにすると、星形に
なるので、フルーツ・ポンチなどに使われる。
スター・フルーツ【五斂子(ごれんし)カタバミ科ゴレンシ属
                Averrhoa carambola 】
c0128628_1913581.jpg

ガジュマル【溶樹 クワ科 Ficus microcarpa 】
気根が枝から下がってきて地面に根を下ろす。
老木になるとたくさんの気根がからまって岩石のようになる。
沖縄の県花。一名しめ殺しの木とも。(おお、こわ!)
[PR]
by tamayam2 | 2011-01-10 19:16 | たび | Comments(12)
Commented by nick-1 at 2011-01-10 19:55
やっぱ暖かいとこんな風景になるんですね。
マングローブの話、初めて聞きましたよ、新年から勉強になりました。
スターフルーツは食べた事がありますが、酸っぱい思い出しかないですね。
南国のフルーツにしては変わった味をしてました。
Commented by 寧夢 at 2011-01-11 05:33 x
あ、スターフルーツってこんな風になっているんだ。
お土産で一個貰って食べて? どこが美味しいのかと思ったけれど。
マングローブは日本人の海老好きに対して、
海外で海老養殖輸出のため減ってきているという植物(たち)ですね。
いつか本物を見てみたい、精霊が宿るというガジュマルも。
でっかい気根・板根に触れてみたいです。
大分・熊本よりも南に行ったことの無い(国内では!)私・・・。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-11 05:35
ガイドさんに案内していただくといいですね。
島や生物への正しい理解も深まりますね。
マングローブの話・・・・そうだったのですね。
マングローブの樹があるのかと・・・・(冷や汗)

大きな樹をみますと自然に頭が下がります。
その存在にはそんな風格があるのです。

遠い青春時代を思い出させていただいております。
Commented by echoes06 at 2011-01-11 16:54
板根がすごいですねぇ。
生物も植物も本州とは全く異なっていますね。
いつか行ってみたいと思うのでありました。
Commented by school-t3 at 2011-01-11 23:43
ちょっぴりハワイを思い出しました。

こんなところが普通の暮らしがあるんですね~
Commented by tamayam2 at 2011-01-12 11:05
☆ nick-1さん、
スターフルーツがすっぱいのは、カタバミ科ですから
シュウ酸を含んでいるのです。こんな果樹とカタバミが
親戚だなんて信じられませんね。カタバミは庭にはびこって
抜いても抜いても生えてきますが、山野草のコミヤマカタバミ
は、見つけたらすごくうれしいですね。えこひいきかしら?
Commented by tamayam2 at 2011-01-12 11:11
☆ 寧夢さん、
あちこち行っておられる寧夢さん、これから落ち着かれたら、
南国にいらしてください。ダイビング、シュノーケリングに
最適なところです。マングローヴはエコの観点から論じられ
ていますね。この旅で聞いたことなんですが、汽水に生える
樹木もやはり塩分は嫌いらしく塩分を抜くためにある葉に塩分
を貯めて、最終的には落とすらしいです。ときどき、黄色や赤い
葉が混じっていて、その葉が塩分の貯蔵庫のようです。
Commented by tamayam2 at 2011-01-12 11:13
☆ kimiko_shibata1さん、
ガイドさんのおしゃべりにうんざりすることもありますが、
このごろのガイドさんは、とても話術がお上手。
聞きほれているうちに目的地に到着してしまいますから、
こういう旅も最近は、いいなあと思っています。ふふ
Commented by tamayam2 at 2011-01-12 11:17
☆ echoes06さん、
教科書に出てくるような板根です。マングローヴの林の中では
あちこちにありました。こうして根を保護しておかないと、
台風などで倒されてしまうのかな?
Commented by tamayam2 at 2011-01-12 11:20
☆ school-t3さん、
八重山諸島の小さい島では、電気を石垣島から引いてきて
いるそうです。時々停電があって困ると言っておられました。
とくに冷蔵庫のものが・・・。停電が数日続くこともあり、そういう
時には、大ごちそうを食べるのですって。冷蔵庫のものを
すべて使って・・・。
Commented by nenemu8921 at 2011-01-16 19:14
tamayamさん。こんばんわ。
少しご無沙汰したら、すばらしい画像が次々展開されていますね。
沖縄の植物、なつかしい!!
ヒルギの種類、そうそう紅い花を見ましたね。私も。
スターフルーツもガジュマルの巨大な足元も思い出しました。(^.^)
今の時期は観光サービスも行き届いているのではないですか。
Commented by tamayam2 at 2011-01-17 09:58
☆nenemu8921さん、
きっと同じような観光Planだったのでしょう。お正月の支度を
したくな~い主婦とか、老夫婦が多いツアーでした。撮影が
好きな人もあまりおらず、植物にも特に関心がない方々でし
たが、まあ、の~んびりしていてよかったです。ヒルギの赤い
花は、ボケボケでいい写真が撮れませんでしたが、興味あり
ました。近くで見てみたかったです。
<< 東京のオシドリ 竹富島で見た虫 >>