水牛は偉い

(八重山諸島旅 その2)

八重山諸島のうち由布島(ゆぶしま)は、とても小さな島で、
西表島(いりおもてじま)の西の縁にちょこっと
くっついている無人島である。

かつては、人が住んでいたのだが、昭和44年(1969年)
の台風やマラリアの被害に遭って、島民が全員、
西表島に移住したという。
住民の一人、西表 正治さんという方がその無人島を
花の島にしようと、奥さんと二人で土を運び、植林し続けた。
その結果、現在、島全体が植物園のようになっていて、
この辺りの観光の拠点となっている。
c0128628_9225336.jpg

あちらに見えるのが、由布島。   ↑
そこへ渡るのは、何と水牛の曳く牛車。
c0128628_9231530.jpg

一台に12、3人も乗せて、牛車は、ゆっくり、ゆっくり浅瀬を
進んでいく。浅瀬は、固い砂地になっているらしく、
牛が歩きにくそうではない。が、本当に水牛に悪いような
気持ちがして、早く対岸に着かないかと思った。
そうこう思っているうちに約10分で由布島に到着。
c0128628_9233489.jpg

牛車の船頭さん(?)は、水牛の名や年齢など
面白おかしく説明しつつ、三線(さんしん)という三味線の
ような楽器を取り上げて、安里屋(あさどや)ユンタなどを
♪~サァ、ユイ、ユイ~♪~と至極のんびりと歌って
いるのだ。

本来の労働は、水牛さんが担い、人は、牛車の上で
歌を歌っているとは、ひどいものだ・・・と思いつつも
そのおじさんと水牛のやり取りを見ていると、
なかなか良い労働パートナーでもあるらしく、
なごやかな雰囲気が伝わってくる。
c0128628_923569.jpg

水牛は、暑さに弱いらしく、各頭が大きな専用パラソルを
もっていたし、水浴びできる専用池もあった。
この辺りでは、水牛は立派な働き手なのだから、
そのぐらいの待遇はしないと・・・ふふふ
by tamayam2 | 2011-01-07 09:26 | たび | Comments(13)
Commented by tabikiti at 2011-01-07 10:53
8月生まれの 丑歳でーす!

夏丑なのに水牛さんと同じく暑さに弱い~(^^ゞ
Commented by ふく at 2011-01-07 19:38 x
南の島あこがれです。
以前夫婦沖縄旅行を計画するも家人の事情で頓挫。
いつになったら行けるかな。
希望は捨てずにおきましょう。
海の中を進む牛車。
しかと目に焼き付けました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2011-01-07 19:44
こんばんは
西表島に隣接している島だったのですね。
素敵な乗りものですね。まあ、私も水牛に申し訳なくて歩きだしたい方ですが・・・
安里屋ユンタ、懐かしいです。
私は20歳の時、身分証明書(総理府発行のパスポートのようなもの)をもっての旅でした。
皆さんにたいそう親切にしていただきました。
Commented by school-t3 at 2011-01-07 22:52
この次はその植物園になったような島の様子を見せていただけるのかな?
楽しみ^^
Commented by tamayam2 at 2011-01-08 07:03
☆ tabikitiつぁん、
って言うことは、今年50歳におなりになる・・・
牛は、近くでまじまじと見たことがありませんでしたが、
やさしい目をしていました。
Commented by tamayam2 at 2011-01-08 07:08
☆ふくさん、
沖縄は、かなり都会ですが、ここは、沖縄から飛行機で
さらに1時間ほど南下しますので、とても田舎です。
ぜひ沖縄へ機会がありましたら、いらっしゃってください。
外国のような雰囲気なのに、日本語も通じるし、ごはんも
おいしいし・・・きっとお気に召しますよ。
Commented by tamayam2 at 2011-01-08 07:22
☆ kimiko_shibata1さん、
私も大学生のころ、パスポートをもって沖縄に出かけた
ことがあり、まったく外国でした。国際大通りで、米国の
化粧品など買ってうれしがっていたのです。芝居小屋の
ようなところに入ったのですが、沖縄の言葉がわからず
ちんぷんかんぷんでした。八重山諸島の言葉も
今回とても興味深く聞きました。沖縄ともまったく
別の言葉でした。
Commented by tamayam2 at 2011-01-08 07:25
☆school-t3さん、
島全体の植物園は、大変おもしろかったのですが、
チョウばかりぼんやり眺めていて・・・・ほかのところで
見た樹木や虫などご紹介しま~す。自然のすばらしさに
目をうばわれ、あと1週間ほど長くいたいと思いました。
Commented by nenemu8921 at 2011-01-16 19:27
ああ、由布島もよかったですね。
水牛も水牛を引く人も面白いのね。(^.^)
ここの植物園は私ももっとゆっくりしたいなと、思いましたよ。
少々、疲れながらも…。
こうして拝見すると、沖縄は夏は人が多いけれど、冬のほうがオフでゆっくりできそうな感じですが。
どうなのでしょう。
Commented by tamayam2 at 2011-01-16 21:21
☆ nenemu8921さん、
私ももっとゆっくり歩きたかったのですが、そこは、団体旅行の
悲しさ!夏の込み具合は知らないので、比較はできないのです
が、冬といっても、私の感覚では秋のようですし、全体的に
の~びりしていました。あまり観光ずれしていないという感じが
よかったです。(笑)
Commented by aamui at 2015-03-22 18:34
流石tamayamさん 私の聞いたことと全く同じ解説!ここを読んでなかったのが残念です 大事にしていることは伝わりました 昨日は畑さんの番組で世界の犬を見ていましたが 人間はなんて自分たちに都合よく改良していることよ(@_@)と今更ながら驚きました 肝心のことはメールにします<m(__)m>
Commented by aamui at 2015-03-22 18:35
あっつ!黒いアゲハが何羽も飛んでいましたよ tamayamさんを思い出しました
Commented by tamayam2 at 2015-03-23 10:54
♡ aamuiさん、
私どもと同じような場所を行かれたのですね。団体旅行だったので、私の好きな植物やチョウをたくさん見られなかったのは残念でしたが、それは、しかたがありません。
やはり、南の島は、自然が豊かで
美しいと感じました。
<< シモバシラ 新年 登山2011年 >>