師走の風景

いよいよ、いよいよですねえ。
師走になりました。

このところ出かけることが多く・・・なかなか
撮影できませんが、所用のついでにいくつか。


c0128628_2317090.jpg
通称、赤プリ
クリスマスツリーの
ライトアップ。
























赤坂プリンスホテルは、1955年開業以来、赤プリの愛称で
親しまれてきましたが、来年3月に閉じるそうです。
夕刻、地下鉄赤坂見付駅付近で
c0128628_23181913.jpg

銀座四丁目の交差点

クリスマスが近づくと孫のために、絵本を買いに
でかけます。たいてい銀座四丁目角に近い「教文館」へ。

子供の書籍、一般書籍、キリスト関係の書籍、クリスマス
カードやちょっとしたギフトなどを売っています。
私が子供のころからある古い、細長いビルの9階には、
この期間ヨーロッパから輸入したクリスマス飾りの
特設売り場になっています。ドイツのヴァイナハッツ
マルクト(クリスマス・マーケット)のようです。
c0128628_23214724.jpg

マロニエ通りの角のカルティエの店は、壁一面がキラキラ
した電飾でまばゆいほどでした。マロニエの木も電線に
ぐるぐる巻きにされて・・・しばらくは安眠できそうも
なさそうね(^_-)-☆
c0128628_23222537.jpg

日本橋高島屋のショーウィンドーは、今年のテーマは、
影絵でメルヘンの世界を映し出すことのようです。

雪の夜、明かりの灯った窓辺、ツリーやプレゼントの包み・・・
クリスマスが来るたびに思い出す懐かしい風景です。
藤城清治の影絵の世界ですね。

今日、新宿南口の高島屋へ行こうとしてちょっと迷いました。
あのへんは、いつも工事をしていますが、模様替えした
新しい出口が出来ていました。新南口といい、高島屋の
2階につながっています。
c0128628_23232494.jpg

そこにおいてあった、白の透き通ったクリスマス・ツリー
は、なんだか見覚えがあるようだと思ったら、ペットボトル
の空きビンで作ったオブジェでした。
高島屋のまわりには、その他たくさんの造形物がおいて
ありましたが、すべてリサイクル品のペット
ボトルが素材として使われています。
c0128628_23234610.jpg

夜になれば通電されて妖しく輝くのでしょうか。
照明に照らされて発色するのでしょうか。

うまく作ってありました。かなりの労作ですね。
こんど夜出かけてみよう。
[PR]
by tamayam2 | 2010-12-01 23:28 | 日々のできごと | Comments(16)
Commented by 寧夢 at 2010-12-02 04:16 x
都会のクリスマスの景色をありがとうございます。
友人に送るクリスマスプレゼントを用意しつつも、
郵便局に行く時間がなく、あっという間に12月。

夜っぴて仕事に追われながら、息抜きのパソコン。
ああ、年末のせわしい季節。今一つ、頑張らなくっちゃ。
Commented by aamui at 2010-12-02 06:04
赤プリ もう還暦を過ぎているのですね あの縞模様のビルは土地感の無い私でも ああ赤坂かと何時も思いました 高島屋のウインドウも季節ごとの変化を愉しんだものでした あるがとう!
Commented by nenemu8921 at 2010-12-02 09:27
都会の夜の光景をお見せくださってありがとう。
この頃、すっかり野の人になってしまいましたから、嬉しい。
夜景を撮るには、暖かい日が続く今のうちに出かけるのがいいかも知れませんね。
なにしろ、寒がりなので。
銀座の教文館、私もお気に入りです。
この頃、ネットで買うことが多くなってしまいましたが。
遊んでばかりいないで、そろそろ浮世のあれこれ、向き合わなければ…。
tamayamさん。思い出させてくれてありがとう。年賀はがきもお歳暮もこれからです。

Commented by tabikiti at 2010-12-02 10:12
東京は世界一美しい都市なんて聞きますが、やはり美しいですね。
気忙しい時節になりますが、心は穏やかでいたいものですね^^
美しい景色を見せて頂きありがとうございます。
Commented by kanmyougama at 2010-12-02 14:20
できるだけエコでというのでしょうか・・・。
リサイクルでツリーや飾り・・・納得できます。
お孫さんへの絵本の贈り物・・・恒例ですな。

いよいよ1月(ひとつき)に成りました・・・僕にとっては今まで出一番忙しい年の瀬に成りそうです。
年内にdMも作品も届けます。
作品一覧も送って設営です・・・。
2日から10日まで・・・・の会期

お正月はそれから・・・・

tamayam2さんに感謝です。
Commented by school-t3 at 2010-12-02 15:35
あらぁ、偶然というか・・
さっきムスメを駅に送ってきたところです。
行き先は東京銀座。
今夜はこういう感じのところで久し振りの友達とおしゃべりなのね。

「教文館」、わたしも懐かしいです。
若くてお江戸にいた頃の行きつけの本屋さんでした。

それにしてもまた新宿駅は模様替え?
完全に浦島太郎です。
若い人たちに手を引いてもらわなければ東京で用は足せません。
Commented by tamayam2 at 2010-12-02 23:56
◆ 寧夢 さん、
私も仕事に追われていたときには、額にツノが
2,3本生えていたでしょうよ。12月はいつも
忙しくて年賀状も年内にかけなかったなぁ~。
寧夢さんは仕事人、妻、カーちゃん業、ちゃんと
こなしておわれる。いつも感心していますよ。
外国へ出すプレゼントが先で、そのあと、ゆっくり
国内関係は考えます。一つ一つ片付けないと次のこと
が考えられないのね。メモリーが減って来たから^^^
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 00:01
◆ aamui さん、
赤坂、日本橋・・・都心で仕事をしておられたのね。
アカプリは当時すてきでしたね。大学のころ、ダンス
パーティーで行きましたよ。ふふふ 私の青春時代です。
そのビルが無くなるのはさびしいけど、
仕方がないわね。
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 00:06
◆ nenemu8921 さん、
おお、野の人という言葉はイイナァ!私も野の人なのです
が、このところ浮世の付き合いに忙しいのです。
あなた、写真の腕がうんと上がったので、これからは、
文学研究者と写真家の両方の肩書をお書きあそばせ。
きれいな写真を見るのは、人生の楽しみの一つ。
お宅で見せていただくのを楽しみにしています。
私は、このごろ眼が悪くなったのか、ピンボケが
多いのです。でも、ま、季節モノはいいわね。
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 00:11
◆ tabikiti つあん、
百年柚子を愛用しております。地方には、親の代から
の有形・無形の財産を引き継いで地道に生きている青年
がいるんですねえ。土佐のよいものをご紹介くださって
ありがとうございました。
Commented by ふく at 2010-12-03 00:13 x
あなたのところでダンスの稽古したかな。いやあれは寮だったか。
tamayam2さんの母上に春秋に富む若者たちという言葉を教わったことが強烈な印象なの。
ある意味日本語に興味を持ち直したんです。
いまごろ感謝。
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 00:19
◆ kanmyougama さん、
東京は、まだ暖かい日もあり、晩秋の感じです。
とてもクリスマス・正月の季節とは思えません。
でも、あちこちでイルミネ-ションを見ると
青色ダイオドーを使っているけど、いいのかぁ~
と京都議定書のことなんぞ考えます。全国の電飾度は
すごい数字でしょうね。マナズルの飛来などの自然
の力のほうに関心がありますが・・・新宿南口高島屋
の試みはちょっと世間一般のライトアップ大好き
人間に警鐘を鳴らすものかもしれません。^^
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 00:25
◆ school-t3 さん、
お嬢さんは、久々に銀座でデートでしょうか。
銀座は若者も年寄りも受け入れでくれる余裕があり
ますのよ。だからノコノコと出かけちゃう。教文館の
建物は古いまんま、でもちゃんとしっかり機能して
いますよ。書籍部は愛用しています。いいクリスマス
をネ!!
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 00:30
◆ふくさん、
そうよ!ウチでダンスの稽古をしましたよ!!
確かに。母が春秋に富む若者たち・・・という言葉
を使ったというのは、事実でしょう。私も、フーン
そんな言い方をするんだナと面白く思った記憶が
ありますから。懐かしい思い出をありがとう!
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-12-03 19:48
こんばんは
都会の年末風景、やっぱりおしゃれですね!

教文館、このところご無沙汰です。孫がいないこともあって・・・
最近は本屋さんをまわっても読み切れないな~と重いようになってしまいました。
ひつようなものはネットで購入できますし・・・
なんですか、時間がなくなりました。
こうして刺激を受けますとちょっと覗きに行きたくなりました。
Commented by tamayam2 at 2010-12-03 20:23
◆ kimiko_shibata1 さん、
わがBlog友のnenemuさんがご自分のことを
野の人とおっしゃっています。私も野にいるのが
一番気分が落ち着きます。野にいると時間がいくら
あっても足りませんね。11月が終わり、とうとう
日光に行けずじまいでした。デパートに行きますと
色々なモノを売っていますが、もう・・・なぁんにも
要らないのね。人生の老い支度の時期になったんだなぁ
と思います。しかし、若い世代が控えており、アレが
欲しい、コレが欲しいと言います・・・そんな声がかれば
いそいそと出かけてしまう私めです。ほほ
<< 百年実生のユズ 香りのよしあし >>